帰りたくなる、わが家にしよう。

家族のホッとする「ただいま」のために
NPO法人tadaima!は、
家族の関係を育む家事シェアと
快適な環境を作る部屋づくりを
サポートする事業を行っています。

お知らせ

2022.09.16ホームページをリニューアルしました!
2022.09.15Panasonic食洗機のお試し取材してもらいました
詳細はこちら →
2022.09.08富山県協同の家事シェアプロジェクトの撮影をしました
詳細はこちら →
2022.08.18たまごクラブで家事シェア特集してもらいました
詳細はこちら →

NPO法人tadaima!とは?

「ただいま!」って帰りたくなる家庭
=家族が協力し合い、創る、居心地のいい家庭。
そんな家庭を増やす事が

tadaima!のビジョンです。


家族のホッとする「ただいま」のために
家族の関係を育む家事シェアと、

快適な環境を作る部屋づくり
サポートするサービスを行っています

ケーススタディ

ライフステージによって変わるお部屋の悩み。
子どもの成長に合わせた部屋づくりの提案を、
これまで600件以上させて頂きました。
時期によって抱えやすい悩みと、
それを解消されたお客様からの声を
ご紹介します。


部屋は「最高の日常」を送るための装置。
家事や子育て、団らんや自分時間。
小さくても大きくても。

今の家の可能性を最大限に引き出す家具配置を
ともに考えていきます。

妊娠期〜産後期
妊娠期には、ママと赤ちゃんが過ごしやすい準備。
そして産褥期は、出産で体力を消耗したママの養生をメインに、家事シェア空間のブラッシュアップを目指します。
キーワードは「あまり動かなくても必要なものが揃う空間作り

未就学期
”はいはい”を始めたと思ったらあっと言う間に走り回って、好奇心いっぱい部屋中が遊び場な時期。
安全対策、キッズスペースやお片付け環境を整えていきます。
キーワードは「親がソワソワいらいらしない仕組みづくり」

就学期以降
だんだん悩ましくなる学習スペースと子ども部屋。子どもが自律するファーストステップです。大人の空間も子育て仕様からくつろぎ仕様へ。
キーワードは「大人も子どももやりたいことができる家」

新たなわが家のカタチができてワクワクしています。
子供達が朝自分の服を選んで着替えるようになったこと。寝る場所、遊ぶ場所、寛ぐ場所など部屋の役割が明確になって過ごしやすいこと、配置換えと新しい家具により、広く感じられることなどなど、嬉しいことは山ほどありますが、なりよりも本当に「ただいま!」と帰って来たい家になりました。
本当にありがとうございました^ ^

在宅ワーク環境づくり
今や家は、生活するだけの場所ではありません。仕事をしたり勉強したり趣味を楽しんだり。子どもだけじゃない。大人も暮らしを満喫する。
キーワードは「大人も自己実現できる環境づくり」

今回、お願いして本当に良かったと思います!生活が楽になったし、精神的にも無駄なイライラがなくなりました!そして夫婦や家族一緒にやる事で、家の中の事を一緒に乗り越えた気がして、チーム家族に近づけた気がします。男性で、父親である三木さんだからこそ、成功したんじゃないかと思っています。夫とも娘ともうまく付き合ってやって頂けました。本当に感謝しています。ありがとうございました!

自分たちでは絶対に思いつかないような家具配置にワクワク。事前に相談をしている段階では夫婦でなかなか意見がまとまらなかったり、とにかくどんな感じになるのかイメージがつかず不安もありという状態からのスタート。
そんな状態から、三木さんの想いやプラン設計の説明後に、丁寧にヒアリングをしていただきながら方向性をまとめていただくことができました😭✨
普段は余り自分の意見を言わない主人も、ノリノリで参加しており、私も最後の『お疲れ様でした❗️』の後には自然と『楽しかったー😆』と呟いてしまいました🍀

片付かない部屋を見続けていると、私は家事が出来てない、ダメ親だ。。と自己嫌悪にはまり、ストレスでしたが、それがなくなって、私自身の自己肯定感もアップし、無駄なイライラによる子どもへの怒りが減ったと思います。

洗濯物を干す場所がない!というストレスから解放されたのが一番です。ハンガー管理になり、夫も子どもたちも自分で管理が出来るようになったので、洗濯物に関する家事シェアが実現しつつあります。

TV・ラジオ・雑誌 etc

過去のTV出演や雑誌インタビュー等をまとめて掲載します。

TV・ラジオ

NHKあさイチ、シブ5時、ちちんぷいぷい、おはよう朝日です、TOKYOFMなど出演多数。

NHKあさイチ出演!
~パパの無意識と名もなき家事~
毎日放送”ちちんぷいぷい”
取材の様子
カンテレ・報道ランナーにて
家事シェアを語り尽くす!

NHKあさイチ/NHK ニュースシブ5時/テレビ朝日 東京サイト/TBS TV あさチャン
/関テレ 報道ランナー/毎日放送 ちちんぷいぷい/韓国KBS/
東京FM/J-WAVE/FM大阪/FMラジオ静岡/渋谷のラジオ/FM西東京/他多数

雑誌

オレンジページ
たまごクラブ
LDK

AERA/AERA with BABY/たまひよ/CHANTO/ソトコト/DIME/CLASSY/オレンジページ/LDK/
日経トレンディ/Familetta/日経DUAL/PRESIDENT/赤ママ/他多数

WEBメディア

家が自分らしくいられる場所であるために

「ぼくが、自分としていることを唯一許される場所」
それが、小さな頃のぼくにとっての家でした。
学校生活にうまく馴染むことができなかったぼくにとって、
家にいる時間だけは何も気にせずにリラックスしていられたのです。

温かいごはんがあって、ちょっと口うるさくて心配性の母がいる。
弟と一緒にTVのチャンネルを取り合ったり、遅く帰ってきた父を迎えたり。

学校に居場所がなかったぼくには、それが本当に嬉しいことだったのです。
自分のために用意された物がある。
たったそれだけのことでも、ぼくを受け入れてくれている場所があると感じられました。
その家への想いは、いつしか自分だけでない色んな人に向けて
居心地の良い空間をつくりたいという想いに変わりました。

住まい手にとって、居心地のよい空間

ぼくが思う住まい手にとって居心地のいい空間とは、
インテリアの良し悪しだけでなく、住まい手同士の関係性が大きく影響するもの。
家具へのアプローチだけでなく、家族の関係性へのアプローチが大切

そう考え、2011年にNPO法人tadaima!を起ち上げました。
だからこそ、ぼく達の想う「ただいま」の実現には
パパの家庭への関わり方、家族での家事シェアが欠かせないのです

ただいま!が幸せの合言葉

家に帰ってきて、家族に向かってまっさきに投げかける言葉。
それこそが、家庭の幸せバロメーターなんじゃないかと思います。

楽しく、幸せな時は元気いっぱいな「ただいま!」
疲れていたり、悲しい時は落ち込んだ「ただいま」

その声を聞くだけで、きっと帰ってきた家族の元気バロメーターが伝わります。
ひとつでも多くの家庭に、ひとつでも多くの「ただいま!」が溢れるように。
そんな想いを願って「tadaima!」はこれからも活動を続けていきます。

代表からのメッセージ

家が自分らしくいられる場所であるために

「ぼくが自分でいられることが、唯一許される場所」

それが、小さな頃のぼくにとっての家でした。
学校生活にうまく馴染むことができなかったぼくに
とって、家にいる時間だけは何も気にせずに
リラックスしていられたのです。

温かいごはんがあって、
ちょっと口うるさくて心配性の母がいる。
弟と一緒にTVのチャンネルを取り合ったり、
遅く帰ってきた父を迎えたり。

学校に居場所がなかったぼくには、
それが本当に嬉しいことだったのです。
自分のために用意された物がある。
たったそれだけのことでも、
ぼくを受け入れてくれている場所があると
感じられました。
その家への想いは、いつしか自分だけでない
色んな人に向けて居心地の良い空間をつくりたい
という想いに変わりました。

住まい手にとって、居心地のよい空間

ぼくが思う居心地のいい空間とは、
インテリアの良し悪しだけでなく、
住まい手同士の関係性が影響するもの。
インテリアという物へのアプローチだけでなく、
家族の関係性へのアプローチが大切

そう考え、
2011年にNPO法人tadaima!を起ち上げました。
だからこそ、ぼく達の想う「ただいま」の実現には
パパの家庭への関わり方、
家族での家事シェアが欠かせないのです。

ただいま!が幸せの合言葉

家に帰ってきて、
家族に向かってまっさきに投げかける言葉。
それこそが、家庭の幸せバロメーターなんじゃないかと思います。

楽しく、幸せな時は元気いっぱいな「ただいま!」
疲れていたり、悲しい時は落ち込んだ「ただいま」

その声を聞くだけで、きっと帰ってきた家族の
元気バロメーターが伝わります。
ひとつでも多くの家庭に、
ひとつでも多くの「ただいま!」が溢れるように。

そんな想いを願って「tadaima!」はこれからも
活動を続けていきます。

三木智有のプロフィール

日本で唯一の『家事シェア研究家
インテリアコーディネート歴18年
東京都在住/一児のパパ

家事シェアを広めるための講演
述べ800本以上、
インテリアコーディネーターの経験を活かした
子育て家庭のモヨウ替えを
述べ500件以上行う。
2016年内閣府「男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会」委員に選任

ーーー

大学卒業後、町田ひろ子インテリアアカデミーに通いインテリアを学ぶ。
その後、リフォーム会社に2年間の勤務を経て2006年フリーに転身。
仕事をする中で居心地のよい「家」から、居心地のよい「家庭」へと興味が広がり、
2011年、NPO法人tadaima!を起業。

連載記事

「ただいま!」と帰りたくなる家庭が増えてほしい。
その思いを実現するために。
家事シェア、部屋づくりの専門家として。また、ひとりの父親として。
講演で話すようなノウハウから、子育ての悩みまで書き続けています。


お問い合わせ

ご質問・各種お問い合わせは、
お問い合わせフォームをご利用下さいますようお願いいたします。

講演・講座の依頼については下記ページもご参照下さい。

サイトマップ

tadaima!の活動について知りたい方

tadaima!について」のページをご参照下さい。
以下のウェブメディアも参考になります。

代表の三木について知りたい方

noteに詳細なプロフィールをまとめています。
noteニュースレターで発信している内容は、以下のページにまとめてあります。よろしければご覧下さい。

モヨウ替えについて興味が出てきた方

「家事でモメない部屋づくり」という本を出版しています。
図表や写真を用いて分かりやすくノウハウをまとめていますので、よろしければご覧下さい。


ニュースレターで「帰りたくなる家」であるための「家族の関係」と「整った部屋」のつくり方を配信しています。講演級の情報を無料で読めます

モヨウ替えのコーディネートに興味がある方

家事育児をしやすくしたい。帰りたくなる家にしたい! 日常を快適にするモヨウ替えはこちらから。

お片付け仲間が欲しい方

たった3ヶ月で、片付ける習慣を身につける! そんなオンラインコミュニティがここにあります!