三木智有の記事一覧

全国に、tadaimaの講座をプレゼントしてまわる”tadaima行脚”に挑戦します!
全国のパパ・ママとおしゃべりしてまわる”tadaima行脚”に挑戦! 実はいま、いろんな人達に直接会って、家事シェアやモヨウ替えのことをしっかりと伝える機会を増やしていきたいなと思っています。 そこで、講師料は無料で、そういったパパ・ママ向けの場作りのお手伝いをしたいと考えています。 あらためて、NPO法人tadaim...
男のための楽家事メソッド。「ダン家事」で家事が楽になった!①
たまには男目線で、しっかりと家事について考えてみたい。 ぼく自身、結婚をして子どもが産まれて、家事分担についてはずいぶんと悩んだり考えたりしてきました。 そのなかで、できるだけ効果的に夫婦の関係を良好に保つ方法はないかなと試行錯誤してきたのです。 そして、「男性はここに気をつけると、夫婦で家事分担もめにくくなるんだろう...
家事分担で「家族に信頼をもたらすこと」ができるのはどういう人か?
家事を分担することが、常に家族からの信頼を蓄積させてくれるとは限りません。 せっかくの家事分担が、ただの仕事の分配に終わってしまう場合と、家族の信頼の蓄積につながる場合がじつはあります。 この記事はその違いをご紹介しながら「『わが家ってなぜ家事をシェアしたいと思っていたんだっけ』の軸」を改めて自分に問いかけてほしいと思...
オレンジページでわが家を紹介してもらいました!
オレンジページの2月17日号にて、わが家を紹介していただきました! 今回は久しぶりに、娘も登場! 撮影陣のみなさんのお気遣いのおかげで、終始ご機嫌だった娘さん。 カメラマンさんからも、すてきな絵本をいただき、インタビュー中に読んでもらうという贅沢まで。 子どもを交えての取材や撮影って、子どもの気分次第な部分もあるのでヒ...
男性が育休を「選択する」社会になるために始めたプロジェクト
子どもが産まれたら、育休を取れる。 ぼくは、それが限られた人の特別な権利なんかじゃなくて、当たり前の普通のことになっていくといいなと思っています。 もちろん女性は取るのが当たり前だけど、男性は無理しなくてもいいよね、なんてことじゃなく。「親」という新しいライフフェーズに入った、これからの両立生活のための準備期間として。...
あの一切の妥協と忖度を許さない雑誌LDKで家事シェアが特集されました!
ご存知でしょうか。雑誌なのに広告無し、忖度なし、編集部が本気で商品の良し悪しをレビューする雑誌、LDKを。 「見た目が安っぽい」「コスパが悪い」など、本気の辛口コメントとともに商品が掲載される。 もちろんダメ出しだけじゃなく「これは絶対に買い!」「本当にこの値段でいいの?」など高評価商品もたくさん紹介されている。 LD...
子育て家庭のための模様替え講座!@京都開催
先日開催された、子育て家庭のためのモヨウ替え講座。 京都での初開催を実現させてくれた「愛情が伝わる子育て」主宰の上田久美子さん、ありがとうございました! タイトルは「春には就学だ!どうする? 子どもの学習環境と家族の快適空間」ということで、子ども部屋や学習環境についてお話してきました。 小さいお子さんも一緒に参加で、途...
AERAにて”不測の事態に備える”家事シェア掲載!19年11月発売!
不測の事態。 家族の緊急事態はいつ起こるかわかりません。 入院とか、災害とかの大きなことだけでなく、風邪で2〜3日寝込むとか、それだけでも大変です。 いま発売中のAERA(19年11月号)では、この「不測の事態に備える」を特集しています。 お金、生活、制度などの情報のシェア。 そして家族の間での家事シェア。 子どものこ...
家事分担は「褒める」じゃダメ!「〇〇上手」になるとやる気になる!
パパに家事をさせるために「褒めまくる」はやめよう パパに家事をしてもらう方法として「とにかく褒めまくりましょう」とよく言われます。 褒められたら気持ちよくなるし、また褒められたくてやる気が高まると思うのでしょう。 ですが、僕自身は妻から家事を褒められたことはありません(笑) 「褒められなくてもやる人なんでしょ?」と思わ...
名もなき家事はグループ化すると、抜け漏れを防げる!
夫婦で家事タスクの認識が違うことってありませんか? たとえば掃除。 ソファや棚の下まで掃除することが「掃除」だと思っている人もいれば、「ソファや椅子までは動かさないでもいいじゃん」って思っている人もいます。 ちなみにぼくは、ソファの下までやらないと気がすまないタイプ。 他にも、「ペットボトルを片付ける」も「ラベルを剥が...