三木智有の記事一覧

【お知らせ】首都圏地域でのモヨウ替え受付終了のお知らせ
お陰さまで、ここ数ヶ月ひっきりなしにお問い合わせを頂いておりました子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルティングですが、2017年度(〜2018年3月末日)までのご予約がいっぱいになってしまいましたm(__)m ご友人をたくさんご紹介頂いた皆様。様々なWEB記事をご覧になりご興味を頂いた皆様。講座に足を運んで頂き、お申込...
家事育児の大変さの本質は「長距離性」にある!
晩ごはんを何にするかを模索していた時にふと思ったんです。 「これまで積み重ねてきた俺のレンチンの記憶が、今日のレンチンを阻害するぜ(?)」と。 これだけだとイマイチ意味が解りませんが、ようは「家事育児は長距離走なんだぜ!」ってことをシミジミと感じたわけです。 だから孤独にも感じるし、理解されてないって憤ることもある。長...
突然ですが、鳥取県智頭町への移住を決めました。
突然ですが、鳥取県智頭町への移住を決めました ほんの3ヶ月前の自分に「3ヶ月後には鳥取県への移住を決めてるぜ?」と言ったら、全く意味が理解できなかったと思う。 もしくは「家族に大変なことが何か起こったのか!?」と心配するかもしれない。 そのくらい急に、移住という大きな決断をすることに。 37歳。3歳の子持ち家庭。 人生...
話題の「うちのインティライミ」と家族ビジョンのすり合わせ
最近話題のハッシュタグ。#うちのインティライミを知ってますか? コウノトリというドラマでナオト・インティライミが演じた役が、「俺も育児手伝うよ」と言って「お前の子どもだよ」と怒られるというシーンがあったそう。 そのシーンにちなみ、わが家の自称イクメン、空回りな夫の言動を投稿するハッシュタグがこの「#うちのインティライミ...
やっぱり保育園っていいよなぁと確信した運動会!
保育園では、意外と親が関わるシーンは少ない。共働きが前提だからか、親への負担は最小限に絞られているのだと思います(園によるかもしれませんが) そんな中で少ない楽しみ行事の1つが、運動会。 親子で参加しつつ、子どもの成長を間近に見ることができるのが運動会。 年一回行われるこの運動会に参加して、子どもの成長、親の成長にとっ...
「結婚7年喧嘩なし!」きっと実現できる諦めない結婚生活。
早いものでいつの間にか結婚生活も7周年を迎えました。お陰さまで現在8年と数日を無事に過ごしています。 実は結婚前に漠然と思っていたことがあります。 それは結婚生活が長くなると(ひとりのパートナーと長く連れ添っていると)話すことがなくなったり、価値観のすれ違いが取り返しがつかないくらい広がったり、面倒で諦めることが増える...
”趣味を楽しむ”ためにしているわが家の3つの協力しあい
ここ数ヶ月、地味にトレーニングを重ね、ついに先日トレランデビュー。 最高に楽しい時間を過ごしました。 と、同時に自分自身がこうして新しい趣味にチャレンジできるのって決して”当たり前”なんかじゃないなと感じることがあったので、備忘録的に記しておきます。 家族の協力がないと趣味に全力を注げない 「趣味は、空いた時間を使って...
家事シェアで悩むなら、パラレル家事で解消しよう!
  パラレル家事ってなに!? 「うちのパパは家事もちゃんとできます」ってママとお会いする機会がとても増えました。 その一方「うちのパパには何を言ってもダメ。子どもの相手ならまだしも、家事なんて全然できません」ってママさんがいるのも確か。 ただ、どちらのママさんからも聞かれるのが「どうやったら上手に家事を夫と分...
産後のパパは育児よりも「ママのサポート」と悟った出来事
プレパパ講座を行った際に、こんなパパさんがいた。 「ぼくは、授乳以外は妻と同じかそれ以上に子育てをしたいんです!」 ついに、そんなパパさんが現れる時代になったかと感慨深く思う一方、その気概に多少の危険性を感じざるを得ませんでした。 それは「チームに4番バッターは2人いらない」と言うこと。 チーム育児に4番バッターは2人...
明るみになったフラリーマン現象!なぜパパは居場所がないのか?
フラリーマンなんて、ずっと前からいたよ 先日NHKおはよう日本の“けさのクローズアップ”で紹介されて炎上騒ぎになっているフラリーマン。 仕事が終わっても家に帰りたくなくて、フラフラしてから家に帰るサラリーマンの事を指すようです。 おはよう日本”けさのクローズアップ“フラリーマン 仕事が終わっても家に帰らない「フラリーマ...