三木智有の記事一覧

2歳になったら「さわれない環境」から「さわってみる環境」へ
ついつい「子どもの安心・安全対策」として「さわれない環境」を作りたくなりがち。 でも「さわれない環境」からは「安全」を学ぶことができない。 子どもが2歳くらいになったら「さわれない環境」から「さわってみる環境」へとシフトしていくのがいいんです! きょうの家族言 ※きょうの家族言は家族に関するひとり言みたいなものです。エ...
「代理婚活」と「うまくいく結婚」には現実と理想の乖離を感じる
AERAの「結婚うまくいく人・いかない人」特集を読んで結婚についての理想と現実の乖離を見たように感じました。 「とりあえず結婚してくれたら」「孫の顔が何としてもみたいから!」ってさせた結婚が、本人たちの幸せにどの位繋がっていくのか? きょうの家族言 ※きょうの家族言は家族に関するひとり言みたいなものです。エントリとは関...
【パパ必見】飲み会を快く送り出してもらいたいなら信頼貯金を貯めよ
パパが家事育児をすることのメリットは何か? 色々と言われますが夫婦間の「信頼貯金」が貯まる。これ以上のメリットはないんじゃないかと思うのです。 夫婦間の信頼貯金とは何か? どうやったら溜まって、どうやったらなくなっていってしまうのか。 もう絶対、パパ必見です! きょうの家族言 ※きょうの家族言は家族に関するひとり言みた...
禁煙運動から感じる「社会から何かを排他するプロセス」
社会はいま、分煙化じゃなくて禁煙化に向かっていると感じます。 この禁煙化への動きが、社会から何かを排除する時の流れと言うか、そういうものを眺めているような気持ちになります。 きょうの家族言 先日、妻からもらった夜のひとりフリータイム。 子どもが生まれてから夜にフリーで好きなことができる時間なんて、 ほとんどなかった(予...
【保存版】夫はわりと家事メン!なのになぜか抱えるジレンマの秘密。
自他共認める、結構家事育児に協力的なパパ!なはずなのに。 なぜだろう。「後少し、手伝ってくれたら」「もう少し気を利かせてくれたら」というジレンマ。これって、周りから見たら贅沢な悩みなのかな? いえいえ!そのジレンマの原因は家事育児には負担と不満と言う2種類の負荷があるからなんです。 きょうの家族言 ※きょうの家族言は家...
【メディア情報】日経トレンディ2017.4月号に掲載!
日経トレンディの2017年4月号にでっかく掲載されました! 内容は、夫婦が本音で話せる魔法のシートの取材。 三木家の家事シェア事情も掲載されています。 この号はスピード仕事術。家庭術と合わせてぜひご覧ください!
「ママのニーズに応える」=「ママ想いの素敵パパ」はとんだ勘違い!
パパに「家事は何のためにやりますか?」って聞くと「ママが少しでも楽になるため」と応える人はわりと多い。特にパパ講座に来るパパさんなんかは。 とても立派な解答ですが、僕はそう思ったことは(産後の時期以外)一度もありません(妻よスマン)。 じゃ、何のために家事をするのか? きょうの家族言 ※きょうの家族言は家族に関するひと...
男性の家事育児時間向上の本質はなんだ?
男性の家事時間向上って、「男性の家事時間が短いから」上げるのかな? いやいや、同じように女性の「家事時間減少」も必要なんじゃないか? きょうの家族言 娘さんと遊んでいると「うわー!上手だねー!」と褒められることがある。 ソファから大げさに転がり落ちるとか、歯磨きをするとか。 当たり前である。こちとら36年も生きてるんだ...
パパ家事を諦めない!家事を家族事にするたった2つの簡単ルール
夫が家事できない!その悩みの原因と、家事を家族事にするためのたった2つのルール。 実は簡単に家事シェアなんてできちゃうんだ!! 夫への期待を諦めないで! きょうの家族言 娘さんと一緒にお風呂に入ると、おままごとが始まる。 お風呂のお湯をすくっては、小さな器にいれる。 それを「はい!どーぞ!」と差し出してくれるのだ。 た...
【メディア掲載】たまごクラブ&ひよこクラブ3月号で家事シェアアドバイス!
たまごクラブ・ひよこクラブ3月号の家事育児シェア特集にて、NPO法人tadaima!代表の三木がインタビュー&監修を行いました! 内閣府と作成した「夫婦が本音で話せる魔法のシート・〇〇家作戦会議」がたまひよ版となって付録されています。 こちらも、たまごクラブは妊娠中のパパ・ママ向けに。 ひよこクラブでは産後のパ...