家事を通じて、親子の「ありがとう」を生み出すプロジェクト
家事を通じて、親子の「ありがとう」を生み出すプロジェクト

「できた!」と「ありがとう!」が飛び交う毎日を。

KIDS家事PROJECT! は親子で共に家事を学ぶワークショップです。
子どもになかなか家事を教えている時間も、余裕もない。
自分の教えていることが本当に正しいのか、自信がない。
そんな親の抱えている不安を、楽しみに変えるプロジェクトとして、3つのつくるに取り組んでいます。

プログラムをつくる プログラムをつくる

はじめての包丁、安全に教えるに、
親はどう体を使えばいいんだろう?
手をどうやって支えてあげたらいいんだろう?
家事は子ども達が1回学ぶだけで、
できるようになるものではありません。
だからこそ、親のサポートの方法、
声がけの方法、心構えを伝えたいと考えています。
各家事のプロフェッショナルと一緒に、
小さい子が家事を学ぶ方法を
プログラム化しています。

ツールをつくる
ツールをつくる

子ども達がお掃除や洗い物を楽しく学ぶにはどうしたらいいんだろう?
汚れの違いや拭き方の違いを、絵で見て学べるお掃除カードをつくったり。
子どもが家事を学ぶと、どんな大人に成長していくのかな?
そんな素朴な疑問に応えるKIDS家事PROJECT! ブックレットをつくったり。
大人も子どもも楽しみながら学べるためのツール開発をしています。

場をつくる
場をつくる

つくったプログラムやツールを実際に体験できる場(イベント)をつくっています。
子育て団体、企業との連携により、より色々な親子に家事の楽しさと大切さを伝えていきます。

イベント紹介

これまでにこんなことやってきました! これまでにこんなことやってきました!

掃除も楽しむ!
古民家でごはんづくり講座

東京都町田市にある古民家を借りて、子ども達みんなでお掃除とおにぎり、お味噌汁づくりを楽しみました。子ども達がごはんをつくっている間、親御さん達はパパ・ママの家事協力についてを語り合うワークを行いました。

後片付けまでが仕事!
子ども味噌職人講座

発酵の先生から味噌のつくり方を教わりました。 毎日食べるお味噌汁。そのお味噌を自分たちで作れたら、もっともっと お味噌汁が好きになる。みんな真剣に、こねたり、叩いたり。半年後のお味噌完成がとっても楽しみです!

洗い物までしっかり学ぼう!
春のお弁当講座

お弁当をつくるだけでなく、拭く・洗うまで学ぶお弁当作り講座。 はじめてフライパンに火をかける体験をしたり、卵を割ったり。みんな、卵焼きつくれるようになったかな?

代表メッセージ 代表メッセージ

子ども達に家事を教えている、その9割はお母さんです。
しかし、忙しい毎日の中で家事を習慣化させることは一筋縄ではいきません。
「自分でやってしまったほうが早い!」
「こんなに散らかすんだったら、もうお手伝いさせていられない」
余裕がなくなるほどに、そんな気持ちになることもあります。
しかも「お手伝いよりも大切な勉強や活動が他にもいっぱいあるんだから!」と思ってしまえば、
より一層家事 から子ども達は遠のいて行ってしまいます。
しかし家事から学べること、得られることはとても多いと思うのです。

家事を学ぶことは「感謝する心」「生きていく力」になどの魅力を身につける機会でもあります。
だからこそ、ぼくは今はお母さんたちが9割行っている家事教育を少しだけでも担える場を作りたいと思いました。

お母さんたちが日々の子どもの成長で感じる喜びを共有し合い、
どう教えればいいのか迷う家事を教える術を研究し、ワークショップやツールを通して伝えたいと考えています。 願わくば、そこにお父さんも巻き込んで行けたらと言う、野望もあります。

KIDS家事PROJECT!は、子ども達に家事を”教える”
その大変さをシェアし合えるパートナーでありたいと思っています。
また、子ども達が家庭内で楽しく家事を取り組み、「できた!」と「ありがとう!」が
より多くのご家庭で飛びかう毎日のきっかけづくりとなりたいと思っています。