家事って誰の仕事? 家事って誰の仕事?

Let’s housework 家事シェアのススメ Let’s housework 家事シェアのススメ

「男性は仕事、女性は家庭」という考え方は、育児中の今の世代と、その親世代では大きな違いがでてきました。
こういった意識変化があるにも関わらず、実際の家事育児の分担はいっこうに進んでいないのが現実です。
先進諸国と比べても、日本の男性の家事参加時間は圧倒的に少ないことがわかります。
こういった話しをすると、どうしてもパパの家事時間を増やすことに目が行きがち。
しかし、問題の本質はパパの家事時間を増やすことではなくて、ママを家事のプレッシャーから解放することなのです。
パパの家事参加を増やす理由は、それによって家族みんなが心地よく暮らせるためなのです。

We are tadaima! NPO法人tadaima!では We are tadaima! NPO法人tadaima!では

家事シェアと聞くと、お互いの家事の分担率が平等かどうかに目が行きがちです。
しかしそうではなく、面倒くさいこと・嫌なことを押し付けあったり、
日々のがんばりの主張がいつまでも平行線をたどるような分担ではなくて、家事が家族事になっていること。
そんな家事のとらえかたを「家事シェア」と呼んでいます。

これら事業を通じて心地よい家庭の”ただいま!”を増やしていきます。 これら事業を通じて心地よい家庭の”ただいま!”を増やしていきます。
家事って誰の仕事? 家事って誰の仕事?

ママは家事育児だけじゃない、社会に出たり、地域の活動に参加したりを家族の協力のもと楽しむことができます。
パパは仕事だけじゃない、家の中に自分の生きがいを見つけ、家族との絆をさらに深めることができます。
女性社員の気持ちや事情がわかったり、効率的に仕事に取り組むためのモチベーションが高まるパパもいます。
家事をシェアすることは、面倒くさい手間が増えることじゃないんです。
深い信頼を家族で築き、家族に大きな転機がある時、協力し合うことが必要な時、自分自身が大きく跳躍したい時に。
より一層自由になれるということです。

さぁ、家事シェアを一緒に始めましょう!