全国に、tadaimaの講座をプレゼントしてまわる”tadaima行脚”に挑戦します!

全国に、tadaimaの講座をプレゼントしてまわる”tadaima行脚”に挑戦します!

全国のパパ・ママとおしゃべりしてまわる”tadaima行脚”に挑戦!

実はいま、いろんな人達に直接会って、家事シェアやモヨウ替えのことをしっかりと伝える機会を増やしていきたいなと思っています。

そこで、講師料は無料で、そういったパパ・ママ向けの場作りのお手伝いをしたいと考えています。

あらためて、NPO法人tadaima!のビジョンに立ち返ってみると、やっぱり「ただいま!」って帰りたくなる家庭を増やしていきたい!という想いに戻ってくる。
毎年いろんなところに、お招きいただいて、家事シェアやモヨウ替えの講座を行っています。
そこでしか出会えない人たちもいるし、一つ一つを大切に一生懸命やってはいますが、ほとんどの方とは一回こっきりのお付き合いで終わってしまいます。
でもそれだけではなくて、参加される方たちともっとちゃんと対話をしていきたいなと思うようになりました。

たとえば家事シェアの悩みなど、結論だけを言えば「夫婦の対話の問題」だと思うのですが、「どう対話するの?」「なにを対話するの?」「とは言え、わが家の場合はどうしたらいいかわからない」という声もよく聞きます。堅苦しい場ではなく、ワイワイしながら時にグチや”あるある”なんかも交えながら、わが家をもっと心地よくしていこうと思える機会を増やしていきたいなと思ったのです。

なぜ講師料無料でやるの?

地域にはいろんな活動をしているいろんな団体やサークルがあります。
中には、たまには外から講師を呼びたいんだけど、なかなか予算がむつかしいということもあると思うのです。
ぼくもこれまで、なんどもそういった話を聞いてきました。
だけど、そうした活動を地域で行っているママ団体にいるママこそが、家事シェアで困っていたりします。
地域のパパ団体で活動しているパパこそが、パパももっと家庭をたのしんで行こうぜって伝えるためのノウハウを必要としていたりします。

そういった人たちと、ちゃんと触れ合って、ちゃんと伝えるための活動をしたいと思いました。
ぼくは別に著名な講師でもなんでもありませんが、家事シェアやモヨウ替えのことなど、ぼくだから話せることだってあると思っています。
それを、いろんな形で社会にシェアして行くことがNPO法人tadaima!の活動のひとつ。
そのひとつとして、深い対話の場をつくるということに挑戦したいと考えています。

いくつか無料でお伺いする条件はあるのですが、基本的には5人以上集めていただいたら伺います!

まずは10箇所。行脚していきたいと思います!

団体やサークルの主催の方や、ママパパ友を集めて開催したいという方、どんな方でも構いません。
ちょっと興味ある、と思ったらぜひメッセージ下さいm(_ _)m

tadaima行脚、開催概要

■ まずは10箇所開催までとします。
今後、追加で行う可能性もありますが、まずは10箇所開催までで一区切りにしたいと思います。

■ 講師料は無料です
交通実費のみ、ご負担お願いします。
※ 助成事業、委託事業などご予算がとれる場合は恐れ入りますが通常の講師ご依頼としてお申し出くださいませ!

■ 参加費は実質500円でお願いします。無料にはしないで下さい。
今回の行脚は、tadaimaと、主催される方と、参加される方、みんなでつくっていくものにしたいと考えています。
無料で開催すると残念なことに「無料だから興味もそんなにないけど参加しました」という人が紛れ込んでしまいます。できるだけ、前向きで前のめりな場をつくれたほうが、何よりも参加しているみなさんのためになると思うのです。
なので、参加費は実質500円、頂戴する形で実施をお願いします。
※その後の交流会などの費用は状況に応じて別途参加費に盛り込んで下さい。
いただいた参加費は、主催団体の経費としてご活用ください。(会場費等)

■ 参加者5人〜10人を目指します!
小さな団体や、ボランタリーな活動をしているところにとっては、結構大変な目標値かもしれません。
ですがこの講座をきっかけに、主催団体の活動の輪が少しでも広まってくれたらいいなと思っています。微力ながらぼくも一生懸命告知させていただきます!

■ 講座1時間+交流会1時間を基本的なセットとします
講座の内容は相談しながら決めていきます。
※交流会は一人ひとりとちゃんとお話したいのでMAX10名までとさせていただきます。

お問い合わせはこちらからお願いします!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)