突然ですが、鳥取県智頭町への移住を決めました。

突然ですが、鳥取県智頭町への移住を決めました。

突然ですが、鳥取県智頭町への移住を決めました

ほんの3ヶ月前の自分に「3ヶ月後には鳥取県への移住を決めてるぜ?」と言ったら、全く意味が理解できなかったと思う。
もしくは「家族に大変なことが何か起こったのか!?」と心配するかもしれない。

そのくらい急に、移住という大きな決断をすることに。

37歳。3歳の子持ち家庭。
人生100年時代における新しいチャレンジとして、なぜ移住の決断をしたのか、仕事(NPO法人tadaima!)をどうするのかなどを整理してみます。

普段からお世話になっているたくさんの方々へは近況報告として。そして移住に限らず子どもがいる家庭で大きな新しいチャレンジをしたいけどできないと思っている方々へ、 わりと思い切って今あるものを投げ出しても行けるんじゃね?って(まだ移住していませんが笑)事を伝えられたらと思います。

なんでいきなり移住することにしたのか?

夏休みの帰省直前からの3ヶ月間。ざくっと以下のような流れで移住の決断までいたりました。

①キッカケ→森のようちえんが実家の近くにあるらしいと知る
②不安→移住が現実味を帯び始めて、仕事とか生活とか不安になる
③決断→ 移住を決断
④不安<期待→いつの間にか不安を期待が上回っている

①キッカケ→森のようちえんが実家の近くにあるらしいと知る

子どもが産まれる前から、夫婦ともにサドベリースクールに興味がありました。サドベリースクールとは、授業もカリキュラムもないフリースクール。
ここでは長くなるので、詳細は省きますがつまりは「自主性」「自発性」を極端なほどに大切にしている学校です。

サドベリーには魅力を感じつつも、東京で通わせるのは場所や授業料などから考えてあまりわが家では現実的ではなかった。

それが、どうやら鳥取の智頭町にあるらしいぞ、と言う情報を妻が見つけてきました。
そして智頭町でサドベリーを起ち上げた人は、もともと森のようちえんを智頭に起ち上げた人らしいぞ、との情報も得ました。

この段階で、移住するとかしないとかではなく、8月に帰省するんだから見学に行ってみよう!(鳥取の実家の隣町)と。だって、この機会を逃すと後一年は見学にすら行けないんだから。

②不安→移住が現実味を帯び始めて、仕事とか生活とか不安になる

同時に、同じく実家の隣町にある八頭町と言う所で、コワーキングのco-baがオープンするらしいぞとの情報も得ました。
実は夫婦共にco-baとは色々と関わりがあり、(tadaimaのロゴマークも実はco-baオープン前に代表のマー君につくってもらったデザインだったりするのです)一気に親近感が高まりました。
また、co-baをハブに東京ー鳥取間での仕事を生み出すこともできるんじゃないの?とモヤモヤ。

8月帰省の1週間で必要な情報があらかた揃ってしまった

帰省時はまず森のようちえんの見学。
その際に入園するなら来年4月か、再来年4月じゃないと難しいと言われました。

森のようちえんは、森が園舎のようちえん。つまり、一日中森の中で過ごします。雨の日も風の日も、雪の日だって!!
慣れてない子にはまぁ、過酷だと思うのです。
それに、4歳入園もできるけど3歳の最初からみんなと一緒のほうが環境へも馴染みやすいんじゃないかと。

つまり、移住するなら来年2018年4月入園に向けて。もしくは再来年2019年4月。

でも、もともと興味があったのはサドベリースクール。サドベリーは小学校1年生の年齢から入学になるから森のようちえんに入園させなくてもいい。かと思ったけど、サドベリーってやっぱりかなり特殊な環境です。娘さんはもちろん、僕達も少し様子を見てから入学を考えたほうが現実的だと判断しました。
そのための前段として、森のようちえんはぜひとも入園したいと思ったのです。

結局「サドベリーっていいよね」って憧れを実現しようと逆算すると「半年後(来年4月入園)移住」か「再来年移住」の2択しか実は選択肢ってなかった。

家まで見つかった!

智頭古民家
森のようちえんの園長先生と話しをしていた際に、役場の古民家バンクを紹介して下さいました。その時まで全く家を見るつもりはなかったのですが、せっかくだし古民家ってどんなで、いくらくらいするのかなと役場へGO!

そしたら、出会った。
水回りを完全リフォーム済みの素敵な古民家。

喜びと不安が一気に押し寄せた瞬間でした。

ヘタに(!?)ピースがハマり始めた事で、移住が少しだけ現実味を帯び始めたのが8月。
それと同時に不安もめちゃめちゃ高まりました。

③決断のキッカケは花粉症問題の解消!?

そんなこんなで森のようちえんへ行くか行かないかで言えば、行きたい方に60%位傾いていた気持ち。それが萎える瞬間がありました。
それは、花粉症。

妻が花粉症のため町の93%が杉林の智頭への引っ越しは自殺行為じゃないかと不安になっていた。
所が、都心部にいるよりも全然楽という情報をGET!

不思議なもので、不安がたくさんあるときは「できない理由」を無意識に探しているように思います。
そしてその「できない理由」を一つずつ潰していった結果、いつの間にか大きな決断にいたっているように思います。

④不安<期待→いつの間にか不安を期待が上回っていた

「いつ行くか」この選択肢は、不安がなくなって来た段階であまり考慮する必要はなくなりました。期間を先延ばしにするメリットは「気持ちの整理」と「移住先でも仕事ができるように根回しする」しかありません。

この2ヶ月間で気持ちの整理はもうできています。
後は仕事のための根回しや準備。だけど、1年もかけてやらなきゃいけないことなんて結局浮かびませんでした。
残りの数ヶ月でできる事で充分だし、1年かけたらむしろ新しいプロジェクトへの参加などで移住できなくなっているかもしれない。

ここで気がついたのは「先延ばしは、ただのイイワケ」だったということ。

人生100年。今のキャリアは子育てと新しい生き方開拓

子育ては、人生におけるキャリアの一部だと思っています。
そしてそれは、一時的な期間でもある。子育ての終わりが人生や生きがいの終わりではなくて、そこからまた新しい人生がはじまる。

そう思った時、子育て中の今、子育てを通して自分の人生の幅をもっと広げられたら最高じゃないかと思うようになりました。

森のようちえんやサドベリースクールは、良くも悪くも親のコミットが求められるはず。レールのない教育の中では、いちばん身近な親自身がどれだけ人生や勉強、仕事を楽しめているかを見せたり、子どもや家族と語り合ったりするかは子どもにとっても大きな影響があると思うのです。

とは言え楽しんでいる姿を子どもに見せたい、と言うよりは楽しめている状態で子育てをしたい、が本音かもしれません。ま、娘さんには娘さんの人生があるわけだし。

さいごに

想定外の出来事が起こった時。
「なんだかんだ、結果的にこうなってよかったね!」といつも言い合っている超楽観的夫婦。もはや移住失敗しても、そもそも「失敗ってなんだっけ?」って笑っていそうな気すらします。

 

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)