プロにわざわざ聞く理由~超初心者のトレランシューズ選びから~

プロにわざわざ聞く理由~超初心者のトレランシューズ選びから~

トレラン用のシューズを購入

前からやりたかったトレランをこの夏に思い立って始める事に。この2ヶ月ほどで走る習慣も取り戻し、大会にもエントリーし、いよいよちゃんと道具を揃えることに。

とは言え超素人なので、プロにシューズを選んでもらおうと思い、トレラン専門店へ。

商品の説明をされるもわからん!

素敵なマッチョ店員さんが、そんな素人の僕にシューズの説明をしてくれます。靴のしなり、踵の厚さ、プレートがどこに入っているかなど。

しかし、こちとら素人なので柔らかいからなんなのか、踵が上がってるからなんなのか、さっぱりわからない!そこで突っ込んで聞いてみると、ランシューズに履きなれてるとしなりの少ないタイプは違和感があるかもとか、ソールが硬い方が何か踏んだ時にダメージが少ないとか。

でも、どれも一長一短。最終的に「どんなのが好みっすかね?」と笑顔で聞かれるも、さっぱりわからん。

比較要素がないと判断軸にならない

これらの説明の多くは、すでにトレラン経験がわりとあって、二足目のシューズが欲しいなんて場合には役に立つ。今のシューズと比べて、自分の好みや体験に基づいて判断できる。しかし!はじめてトレランシューズを買う場合は比較できるシューズも経験もない(ランニングをガッチリやってた人ならランシューズとなら比較可能かも。僕はただ安いってだけで買ったシューズでずっと走っていたのであまりにも参考にならず)そんな状態(ソールのしなりが柔らかい方がいいのか、硬い方がいいのかもわからない)だから、結局デザインの好みと価格くらいしか判断軸にならない。

そしてデザインの好みと価格だけなら、わざわざ店員さんに話しを聞くまでもない!

つまり商品の説明が聞きたいんじゃなくて、どれが自分に合うのかを知りたいのである。それを一緒に考えてくれたり、僕にはない経験と知識から判断軸を教えてもらいたいわけである。

人にアドバイスする時はみんな同じ

モヨウ替えのコンサルでも、きっと同じ事が言える!と思わずわが身を振り返りました(苦笑)片付けの方法や考え方なんてもはや目新しいものなんてなくて。だいたい、物が多い(物を減らさなきゃダメ)か整頓ができていないか(使いやすく動線を整えなきゃダメ)のどちらか、もしくは両方。片付けが苦手な人だってそんな事はわかってる。でもあえて聞いてくるのは「いまのわが家はこんな感じです。私たちにできる事は何ですか?」を知りたいから。だから、自分が持っている知識を一生懸命伝えていたってダメ。その人の判断軸になることを提案しないといけない。知識の豊富さじゃなくて、その知識とお客さんの状況や課題を繋ぐ力が必要なんだと思う。

さいごに

シューズは結局、足のサイズも測ってもらいあれこれ履き比べて決めました。判断の軸となったのは、

◼️靴の重さ、硬さ→300gを基準に軽い物はタイム重視。270~310g位がオールラウンド用。重くて丈夫な物は長距離や悪路に向いている。との事なので、オールラウンドモデルから選ぶ事に。

◼️ドロップ寸の高さ(ヒールの高さ)→ヒールが高いほどクッション性がよい。はじめてのトレランレースで陣馬山とかなら走りやすさと安全面(安心面)から8mmくらいがいいんじゃないかとの事。

◼️フィット感→ロードランと違ってズレやすいので横方向のフィット感が大事。プラス下る時に爪先が当たってしまうので先っぽは1.5センチくらい大きめのサイズを選ぶ。

その上で、予算とデザインで決める。重いから何なのか、軽いから何なのか。そこまで説明してもらえたら選びやすくなるのになぁと思う。


Posted from tadaima!.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)