男は大変!夫婦の不公平感をなくしたいなら

男は大変!夫婦の不公平感をなくしたいなら

男は逃げ場がなくて大変。むしろ、男性の方が今の世の中では不公平な立場なんじゃないのか?しかも、それを言うと一気に炎上しそうだし。。。

パパ講座に参加した、あるパパさんからの切実な質問でした。

こう言った言葉が出ること自体、このパパさんがオーナーシップを持って家庭に関わろうとしている証なのだとは思います。(そうでなければ、悩みすらしないだろうから。)

この悩みの問題は、パパ自身が不公平感を感じているということ。

不公平感はなぜ産まれる?

独身の友人や、仕事一辺倒なパパ達と話していてよく感じるのが視野(価値観)の狭さ。仕事=稼ぐこと、生活=趣味or睡眠、だけしかない。

LifeShiftで言うところの無形資産の重要性にイマイチピンと来ていない様子。有形資産はもちろん大切だけど、家族や夫婦の関係、地域との繋がり、家事や育児が将来の自分にもたらす価値。仕事とは直接関係のなさそうな無形資産は「余裕があればね」って扱いをされがち。

ところが、幸か不幸か子育てをひとつのキッカケに地域や家族(親族)との関係に重点を置かざるを得ない人達は、その重要性が身にしみてわかる。

そこで、価値観のすれ違いや不公平感は生まれる。

有形資産の構築こそが、何よりも大変で重要だ!と思っているパパ。

有形、無形共に大切!と思っているママ。

このままでは、すれ違うばかり。

パパだって大変!

ママの大変さって、わりとよく目にします。でもパパの大変さってあまり表に出てこない。価値観が違ううちはお互いの主張はいつまでも平行線なんだと思います。

そういった意味で、パパは子どもが生まれたら価値観のシフトチェンジが必要。

夫婦の価値観が同じ方向を向いていないと、なかなか歩み寄りや理解ってできない。

さいごに

ぼく自身、まだまだ価値観のシフトチェンジの途中にいます。無形資産の構築ってどちらかというと苦手だったし、軽んじがちでした。でも新しい趣味にチャレンジしたり、勉強を始めたり、今後の働き方や暮らし方を見直し始めたり、少しずつリ・クリエーション(自己の再創造)に向けて動き出しました。

こういった話しを夫婦でできるって、それだけでも楽しかったりします。

そう思うと、極論かもしれないけど「家事シェアしたり、家庭を鑑みる余裕もない程仕事が大変なんだよ!」って事なら、いつでもキャリアチェンジできるだけの無形資産構築に向けて、いますぐ動き始めた方がいい。

そして、そういったチャレンジや新しい生き方の話しを夫婦でたくさんしたら「男は大変!」なんて思わなくなるんじゃないかな。

Posted from tadaima!.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)