【レポート】0-1歳育児グッズの在庫管理を考える→そのメリットとは…?(5/31 子育て家庭のモヨウ替え講座)

【レポート】0-1歳育児グッズの在庫管理を考える→そのメリットとは…?(5/31 子育て家庭のモヨウ替え講座)

5/31(水)東京都北区の子育てサロン「ほっこり〜の」にて
『子育て家庭のモヨウ替え講座』を開催しました。
今回のテーマはこちら。
IMG_0252
最初にとある家庭のとある事例をお話しし、
こんな図を見てもらいました。

IMG_0254
お部屋づくりピラミッドです。これ、下にある問題を
上にあるものでなんとかしようとしても
たいがいうまくいかないんですね。

モノの量を見直さないまま収納のしくみを考えようとしたら
無限に場所が必要になってしまう…
収納のしくみができていないものを「ここが置き場所なの!」と
運用(習慣)でカバーしようとしても家族が守れない…
などなど。

自宅の今の問題は、部屋づくりのどの部分なのか…?
がんばろうとしている部分が実際の問題とずれてはいないか…?
そんなことをまず考えてもらいました。

そして1.5時間、自分たちのしたい暮らしに合わせて
お部屋を柔軟に変化させていく具体的な方法をお伝えしました。
IMG_0253

  • どういうモノがある?
  • 使用頻度によってどう収納されているといい?
  • スペースが限られる中、ストックの収納場所はどこにどうやって作ればいい?

モノが少ない「子どもが0-1歳のうちに」
「お世話グッズを中心としたモノ」の
「特にストックの管理方法」から始めておくとあとが楽です!

0-1歳だと、正直なところまだモノはそれほど多くないはずなんです。
お世話グッズこそ日々増えていくけれど、
おもちゃなんてまだまだ小さなカゴひとつあれば収まります。

でも、これから先、加速度的にモノは増えていきます。
IMG_0247
成長とともに少しずつ減っていくお世話グッズの代わりに
おもちゃはこの先7歳くらいまで増え続け、
さらに小学校入学をきっかけに学用品が増え、
その後は子ども自身の趣味のモノも増えていきます。
もう大人ふたりのときには戻れない…。
(今回は上のお子さんもいらっしゃる方が多く
そのあたりひしひしと実感されているようでした)

当日はみなさん0歳児ご同伴でのご参加でしたが
赤ちゃんたちも終始リラックスした様子でホッとしました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

_______________

tadaima!は東京都北区・ほっこり〜のにて
定期的にモヨウ替え講座を実施しています。
次回開催日は近日中に公開の予定です。

講座情報はメルマガでお知らせしています!
↓↓配信ご希望の方は画像をクリック↓↓

IMG_0266

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)