「子どもの行動=親のしつけ」?持っていたい2つの勇気。

「子どもの行動=親のしつけ」?持っていたい2つの勇気。

子どもの成長と共に複雑化してくる課題。と言うと大げさですが子ども同士のイザコザに親としてどう介入したらいいのか悩んでいたのです。ヘタレな僕の対応と、的確な妻からのアドバイス。一連の出来事から心に決めた持っていたい2つの勇気について。

きょうの家族言

※きょうの家族言は家族に関するひとり言みたいなものです。エントリとは関係ありません(*´ω`*)

ご飯を食べる時にいつも乾杯をするのですが、最近では娘さんが、
「おすわれー(おつかれー)」と言いながら乾杯をして来ます。
君も今日一日、色々とあったんだね。

ヘタレな対応と妻からのアドバイス

保育園に少し暴れん坊な子がいる。
別に暴力を振るうとかではなく、いたって明るく元気に、みんなと仲良くしたいだけ。
なんだけど、わりといつも力加減を間違ってしまうみたい。
時々いたずらっ子の顔になって小さい子にぶつかって行ったりも。(子どもって歳が1つ違うと超サイヤ人とクリリンくらい力の差がある)

なので、よく誰かを泣かせてしまったりして先生や親御さんに注意されています。

保育園は集団生活なので、色んな子がいて、子ども同士でケンカしたり主張しあったり、色々ある。

だから、それ自体は「社会ってそんなもんだよね」と思うのです。

でも、そんな現場に居合わせてしまった時にいったい自分がどう対応すればいいのかわからずにヘタレな対応をし続けていました。

子ども同士のイザコザ。親の介入はどうする?

目の前で自分の子が泣かされてしまった。
近くにはその子の親御さんもいる状況で、泣かせてしまった子になんと言えばいいのか。
ベスト(困らない)なのは、その子の親がすぐに気が付いて、そこら辺のやり取りを引き取ってくれること。

でも、親だってずーっと子どもだけを見ているわけじゃないから、すぐには気が付かない時だってある。

代わりに僕がその子を叱るのも違う気がするし。
親御さんを呼んで「お宅の子がー!」ってほどじゃない。

その結果、なんとなくうちの子だけを心配して、相手の子にはボソボソと「気をつけてね」くらい言って、うやむやになってしまっていました。
本当にヘタレです。

妻からのアドバイス

そんな事でモヤモヤとしていたことを妻に相談してみた所、
「小さい子には優しくしてあげてね」
と、ソフトに注意を促しているとのこと。

なるほど!「小さい子」という客観的視点と「優しくしてあげる」という相手の行動を否定するのではなくするべきアクションを提示してあげるのか!
と非常に納得したのです。

子どもの行動=親のしつけ?

子どもの行動なんて、何回か注意されたくらいじゃ簡単には変わりません。
叱られても、注意されてもついついやっちゃうことってあるわけです。

でも、それが繰り返し続いた時に「親はちゃんと注意しているんだろうか?」「親の注意の仕方が悪いんじゃないだろうか?」などと安易に思ってしまいがち。

実は親だって「何回言っても聞いてくれない」と悩んでいるのかもしれません。

親の注意ひとつで解決することもあれば、少し時間をかけて子どもと向き合いながら解決していかなくてはいけないこともある。

小さな子どもに対して不満や苛立ちをぶつけるわけには行かないから、なんとなく親の方に目線が向いてしまうけど。
優しく注意を促すって言うのも、きっと大切な関わり方なんだろうな。

世間の目と、子どもの問題は別

「 子どもの行動=親のしつけ」って見られてしまう。
これに対しては、もう覚悟を持つしかないんだろうと思いました。
ただ、世間にそう見られてしまうことに対して覚悟を持つことと、子どもの行動の全てが親の責任であると自責することは全然違う。

問題と向き合う勇気と、受け入れる勇気

子育てをしていれば、いつどんなことで自分が悩んだり、子どもに悩まされたりするかは解りません。
そんな時に、自責ばかりせずに問題と向き合う勇気と、無責任にならないように問題を受け入れる勇気を持っていたい(と、がんばって自分に言い聞かせてみる)です。

さいごに

これまでは「成長・生存」が子育ての課題でした。
でもコミュニケーションがどんどん取れるようになってくると、そこに「人間関係」がプラスされてくる。
それは親(自分)対わが子、親(自分)対親(お友達)、わが子対お友達、親(自分)対お友達、だったりします。

これからも色々と悩んだり、考えたりしながら子育てを楽しむんだろうなと思います。

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)