【レポート】連携型子育て「チームわが家」で育む両立力&家族力 を考えるフォーラム

【レポート】連携型子育て「チームわが家」で育む両立力&家族力 を考えるフォーラム

先日は三木がこちらのイベントに登壇しました。

『連携型子育て「チームわが家」で育む両立力&家族力 を考えるフォーラム』
■2017/4/21(金) 18:30~20:30
■東京都港区・六本木ヒルズ会議室
■主催:NPO法人コヂカラ・ニッポン&NPO法人ファザーリング・ジャパン

「Team wagaya」(チームわが家)とは?

夫婦のどちらか一人だけ、または夫婦二人だけで子育てをするのではなく、民間サービス及び行政サービス、家電、テクノロジー、じいじ&ばあば、地域のパパ友&ママ友等、家族が持っているリソース(資源)と連携した子育てのこと。

問題提起

まずは「育児は仕事の役に立つ」浜屋祐子氏から、掲題の件が体験談でなくデータで証明されたことについて簡単な解説がありました。
試行錯誤しながら日々子育てと仕事に向き合う当事者にとってこの話題は大変心強いものだったかと思います。
ただ一方で、こんな声も上がってきたと。

「では、実際に仕事と家事育児をどう回していけばよいのか?」

前半:リレートーク

この問題提起に対してこのフォーラムでは
◾️家族内家族サポーター
◾️家族外家族サポーター
◾️先生
◾️テクノロジー
◾️民間・行政サポーター
「チームわが家」構成員を上記の5つと位置付け、パネラー7名が各自の活動でどの部分をどう担っているのか、また実際のわが家をどう回しているのか、リレートークで語りました。

三木からはモヨウ替えコンサルティング事業について、当事者感の薄い夫を巻き込んで夫婦の取り組みにするための仕掛けや、それによって得られる家庭内での効果についてお話ししました。
IMG_0204IMG_0205 (モデレーター&パネラー:写真左から)
◾︎林田香織氏(モデレーター)(NPO法人コヂカラ・ニッポン/FJ理事)
◾︎浜屋祐子氏(リサーチャー/『育児は仕事の役に立つ』著者)
◾︎三木智有 (家事シェア研究家/NPO法人tadaima!代表理事)
◾︎城梨沙氏(株式会社エスキャリア・ライフエージェンシー代表取締役)
◾︎高橋奈緒子氏(船橋ワーキングマザーの会 事務局代表)
◾︎篠田梓氏(会社員/マルオペ実践中のママ代表)
◾︎山本裕介氏(グーグル合同会社 ブランドマーケティングマネージャー Women Will プロジェクトリード)
◾︎川島高之氏(NPO法人コヂカラ・ニッポン代表/FJ理事)

後半:ディスカッションタイム

「夫は家事育児を手伝ってくれないのに外部サービスを家に入れるのは反対する。どうすればいいのか?」
「親が家事を手放すことは子どもにとってどんな影響があるのか(よくないのではないか…?)」
「こうしたやり方はそれなりの収入がある人だけができることだったりするのでは…?」

…こういった質問に対して7名のパネラーが回答しました。出たキーワードの一部を簡単にご紹介します。

チームわが家「夫の巻き込み方」
  • 夫側が実利、メリットを感じられるようにする。
  • ごはんが美味しい、妻の機嫌がいい、も夫のメリット
  • 夫自身に有用感をどう持たせるか考える
  • 知らないからうまく協力できないだけ、という事情もある
  • 夫に「自分も家族の一員である実感」を持たせる
  • どこに抵抗を感じているのかが夫婦でずれている場合もある
  • 自分自身にも古風な価値観はある…できるだけ抵抗感の少ないやり方を考える
チームわが家と「子ども」
  • 他者を通じて気づくわが子の成長がある
  • 地域のいろいろな家や暮らし、大人を知ることで子どもが多様性を学んでいる
  • これは家庭内ダイバシティ!
  • 「ヘルプシーキング志向(助けてもらうのはいいことだ、という考え方)」でタスクを手放せたからこそ、子どもにお手伝いを教える心の余裕もできた
  • 始めるにはいつでもOK、その年齢なりに子どもは学ぶもの
  • シニア世代が今の子育てを知って理解を深める機会にもなる
チームわが家とお金
  • 外部サービスや家電購入にかかるお金は投資と考える
  • 子どもが6歳になるまではこれで行くとわが家では決めた

金曜夜開催という、共働き子育て世帯には参加ハードルの高いイベント。
もろもろの予定を調整して情報を取りに来てもなお
「それはわが家だと難しいのでは…」という葛藤が漏れる会場。
参加された方々の試行錯誤の手詰まり感を肌で感じました。

『どういうやり方にもメリットとデメリットがあることを理解する』
『どこかで覚悟を決めて、選ぶ』
『簡単に始められる自分たちなりのベイビーステップを見つける』

個人的にはこの3つがカギだと感じた次第です。

IMG_0208こちらも早速手に入れました!

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)