【パパ必見】飲み会を快く送り出してもらいたいなら信頼貯金を貯めよ

【パパ必見】飲み会を快く送り出してもらいたいなら信頼貯金を貯めよ

パパが家事育児をすることのメリットは何か?
色々と言われますが夫婦間の「信頼貯金」が貯まる。これ以上のメリットはないんじゃないかと思うのです。
夫婦間の信頼貯金とは何か?
どうやったら溜まって、どうやったらなくなっていってしまうのか。
もう絶対、パパ必見です!

きょうの家族言

※きょうの家族言は家族に関するひとり言みたいなものです。エントリとは関係ありません(*´ω`*)

昨夜は、2年前にお世話になっていたNPO法人二枚目の名刺サポートメンバーと飲み会。
プロジェクト時につくっていた子どもお手伝い白書の完成にともなって、完成お披露目会をメンバーにしました。
夜の外出も快く送り出してくれる妻。
感謝しかありません。

飲み会を快く送り出してもらいたいなら「信頼貯金」をためよ!

家事育児をパパがすることのメリットについて、聞かれることも多いです。
「メリットとか、目先のこと気にしてないでやるんだよ」と言いたい気持ちをグッとこらえて、 家事育児をする場合としない場合で何が違うのかを考えました。

例えば急な友達との飲み会に行きたい時。

「あぁ、飲み会に行くの?いつもあなたはいいねぇ。飲み会に行きたい時に行けて。仕事?仕事って言えばなんでも許されると思ってる。。。」

と言われる(思われる)か。

「飲み会で遅くなるの?今日はわたし一人でも大丈夫だから、たまにはゆっくり羽を伸ばしてきてね!」
と気持ちよく送り出してもらえるか。

「うちの妻も後者みたいに優しい妻だったらよかったのになぁ」なんて隣の芝生の青さに悲しい涙を流しているパパ。

妻の性格の問題なんかじゃなくて、これこそが信頼貯金の問題なのです!

夫婦間の「信頼貯金」とは?

人と人との関係において、目には見えないけど「信頼」というのはとても重要だと思うのです。
それは夫婦、家族間だって同じ。
そして、この信頼は貯めたり、使ったり、まるでお金のようにお互いの中で増えたり減ったりします。

この信頼貯金がたっぷりあると、お互いを信じて頼り合える関係になる。
でも、信頼貯金が失われていくと、相手を信じることも頼ることもできなくなる。
そんなイメージ。

どんな時に信頼貯金を使ってるのか?

上記のように飲み会に行きたい。休日に友人たちと遊びに行きたい。そんなことは、結婚していたって子どもがいたって誰しもあります。
日常生活の中で起こる様々なお願い事。
それをお願いする時に、これまで蓄積してきた信頼貯金を少しずつ使うことになるのです。

たっぷり信頼貯金が溜まっていれば、例えば飲み会に行く時、
「いつも頑張ってくれてるから、今日くらいはゆっくり羽を伸ばしてきてね」
と気持ちよく送り出してもらえる。

でも信頼貯金が全くない、もしくは借金状態だと絶えることなき嫌味を聞く羽目になるでしょう。

どうやったら信頼貯金は溜まるのか?

信頼貯金は目に見えないパロメーターですが、貯蓄するためには目に見えるアクションが必要です。
そう、一番いいのが家事育児。
ポイントは「目に見える」というところです。

例えば、こっそりトイレ掃除をしても信頼貯金は残念ながら貯まりません。
こっそりトイレ掃除をしていたことが知られた時に、はじめて貯まるのです。

そしてこの信頼貯金。
貯蓄には時間がかかります。日々の小さな積み重ねを繰り返すことで少しずつ溜まっていくのです。
でも、残念なことになくなる時は、わりと簡単になくなります。
その辺もお金と一緒ですね。

家族であるってだけで、無尽蔵に借金はできない

ついつい家族だと言うだけで甘えてしまいがち。
でも、家族だって言うだけで信頼貯金をいくらでも使えるわけでも、借金できるわけでもないのです。

最初は「羽を伸ばしてきてね!」なんて言っていた妻も、2週、3週と飲み会が続けば「また行くの?いいよねー、あなたは」となってしまいます。

さいごに

パパが家事育児をすることのメリット。
それは夫婦の信頼貯金が溜まっていくこと。パパ自身が家庭内で家族から信頼されると言うことに他なりません。

それでは、今日も素敵な家族日和を。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)