禁煙運動から感じる「社会から何かを排他するプロセス」

禁煙運動から感じる「社会から何かを排他するプロセス」

社会はいま、分煙化じゃなくて禁煙化に向かっていると感じます。
この禁煙化への動きが、社会から何かを排除する時の流れと言うか、そういうものを眺めているような気持ちになります。

きょうの家族言

先日、妻からもらった夜のひとりフリータイム。
子どもが生まれてから夜にフリーで好きなことができる時間なんて、 ほとんどなかった(予定を事前に入れれば遊んだり、仕事したり、飲みに行ったりはしていましたが)のでワクワクしていました。
でも、仕事が終わってひとりになってみると、やりたい事もない。
スーパー銭湯でも行こうかと思っていたけど、ちょっと面倒くさい。

じゃぁせめて、食事くらい、と思ってステーキを食べる。(最高に美味しかった!)
で、カフェで本でも読んで帰ろうかと思ったけど、
「いま帰れば、娘さんに会えるな〜」
とか思ったら、ホームシックになりソッコーで家路につく。

家が好きなのはいいけど、いいのか、これで?

「余計なもの」を暮らしに持ち込まなくてよかった

何かと話題(?)の受動喫煙防止の厚労省原案。
最近では当たり前のように、「禁煙」「分煙」の社会になりました。
僕も6〜7年前までは1日1箱くらいは吸う、喫煙者でした。

大した理由もなかったのですが、結婚前に突然禁煙。
それまでも何度か試みては失敗していたのですが、この時はわりとスムーズに禁煙に成功してしまいました。

その時はまだ、こんなに社会的に禁煙運動が盛んになるとは思っていなかったので、振り返ってみると禁煙できていてよかったと思います。

いまじゃ、どのお店でも「禁煙」が当たり前。
ちょっとコーヒー飲みたいと思っても、当時は禁煙のカフェには入れませんでした(コーヒーとタバコはセットじゃないとダメだったんです苦笑)

禁煙して健康になったとか、食事が美味しくなったとかは特に実感ありませんが、子どもが生まれてみると「余計なもの(←ニオイとか、一服のたびに肩身の狭い思いをするとか)を抱え込まなくてよかった」と思います。

喫煙は悪なのか!?

とは言え、いまの「絶対禁煙!!!」と言う流れはすごいなぁと思います。
特に飲食店内での禁煙。
争点だったのは、小さなスナックとかバーなどまで禁煙規制をかけると客離れするということ。

どこもかしこも禁煙になるんだったら、「禁煙が元で客離れする」という飲食店側の主張が本当に正しいかはわからないけど。
そこの裁量はお店側に委ねる、ではダメだったんでしょうか。
(ちなみに、30平方メートル以下の小規模な酒類提供の店は規制対象外)

これだけ分煙、禁煙がすでに広まっているのだから非喫煙者が「喫煙可だけど、どうしてもあそこでご飯が食べたい!だからお店を禁煙にしてもらわないと困る!」ということもないんじゃないかなと思います。

そういった意味ではタクシーの全面禁煙は顧客側に選択の余地が少ないので(しかも喫煙車内って吸わない人にとっては結構耐え難いくらい臭い)良いことだなと。

規制するほど、マナーは悪くなる?

規制がどんどん進んでも、そう簡単に禁煙はできません。(これは喫煙者にしかわからない)
でも吸える場所がなくなっていく。
「ちょっと一服」と思っても5分、10分先じゃないと喫煙できる場所がない。もしくはどこにあるのかすらわからない。
そうすると、どこかの物陰でコッソリ吸ったり、夜間だったら堂々と歩きタバコをしていたり。

ゴミ箱が町からなくなると、ポイ捨てが増えるように。(増えるのか?)
喫煙できる場所が町からなくなると、どこかでコッソリ吸う人が増えそう。

さいごに

吸える場所がなくなることで、禁煙する人が増えればいいけど。
吸う人も、吸わない人も心地よく暮らせる街づくり。でいいんじゃないかと僕なんかは思ったりします。

いま巻き起こっている禁煙運動が、何かを排他する、その社会変容の過程を眺めているような気持ちになる時があるのです。
タバコは排除すべきで、〇〇はよくて、〇〇はダメでって。
一旦社会から「ダメ!」を突きつけられた時、どうやってその「ダメ」が排他されていくのか。

この現象が、タバコでとどまっているといいなと思います。

今日も素敵な家族日和を。

 

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)