無印店員さんにかけてもらったたった一言に感激

無印店員さんにかけてもらったたった一言に感激

先日無印良品のベッドを買った際、こちらのミスに対して店員さんがかけてくれた一言がとても嬉しかったです。ぼくもお客様を直接相手にする仕事。さりげない声がけを大切にしたいと考えさせられました。

きょうの家族言

はらロール
昨日は家族で国分寺CELEOへお買い物に。
10時開店だと思って、向かったら開店は10時30分。
少し時間があるね、とタリーズに向かったら満席。
そこでふと目について入ったの「はらロールカフェ」。
はらロールと言えば当然ロールケーキ。

全然予定になかったカフェタイムだったけど、ロールケーキは美味しいし、お店もゆったりと空いてたし(開店直後だったためラッキーだった)ソファも広くて快適だったし。

こういった予定外なタイミングで素敵なものと出会うと、とても得した気持ちになります。

脚の高さが違う!?

無印ベッド
昨日国分寺に言ったのは、無印良品に用事があったから。
先日のわが家のモヨウ替えで 新たに無印の脚付きマットレスを購入。
しかし、脚の高さを間違って買ってしまったのです。

もともとあったベッドに横付けするので、足の高さは同じでないといけません。
所が、設置してもらったベッドの脚が高い!

不愉快な段差ができてしまいました。

なぜ脚の高さを間違えたのか?

思い返せば購入時。
もともとネットで購入予定だったベッドの下見に無印へ。
でも、送料無料だったし、家に帰ってわざわざネットで買う理由もない。
そこで急遽その場で購入することに。

しかし、脚の高さがわからない。
脚は12センチ、20センチ、26センチの3種類があります。

「出荷前まででしたら、脚の高さも代えられるのでいつでもご連絡下さいね」

と店員さんは優しく対応してくれました。

しかし、すっかりそのことを忘れたままベッド到着の日。

高さが合わない!

その日購入した脚は26センチ。でも使っていたベッドの脚は20センチでした。

 

脚だけでも購入できる!

脚だけで購入できないものかと調べてみると、脚だけちゃんと売っていました。
12センチ、20センチは2,000円。
26センチは2,500円。

無印店員さんにかけてもらった一言

こちらが間違えたのだからしかたがない、脚だけ購入しよう、と思ったのですが。

「買ったばっかりだし、交換してもらえないかな?」

とふと思い、電話。

「間違って、26センチの脚にしてしまったのですが、20センチに代えてもらえないでしょうか?元々持っていた脚付きマットレスに横付けしたら、高くなってしまって」

「それはお困りですね!ゆっくり眠れるようにすぐお取り返しますね!」

と(泣)

間違えて買ってしまって、それを交換したいという勝手な申し出なのに「ゆっくり眠れるように」って声までかけてもらえたのが、なんとも嬉しかったです。
こちらとしては、ホッとしたし、また無印を利用しようと思わせてくれました。

その日は 残念ながら在庫はなく、取り寄せをしてくれることに。
なんと差額の500円も返金してくれました。

 さいごに

サイズの連絡をすっかり忘れてしまったことは大反省ですが、店員さんの丁寧な対応に感激しました。
たった一言でも、相手を気遣う言葉があると嬉しいものです。
最近、相手側のミスで起ったことに対して、部署が違う、それはできない、うちは悪くない、とたらい回しにされて結局自分で対応せざるを得ない、と言う出来事があったので、特にほっこりとした気持ちになりました。

おかげで、今はピッタリ段差もない状態で快適に使えています。

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)