「時間が自分の物でなくなる感覚」を共有できないと地獄のストレス

「時間が自分の物でなくなる感覚」を共有できないと地獄のストレス

「時間が自分の物でなくなる感覚」って子育て中の共働き夫婦においては非常に大切な気持ちです。
この感覚がないまま過ごしていると、パートナーに多大なストレスをかけることになる。
WomenWill×WORKOのイベントでは、テクノロジーの活用がそのストレスを軽減してくれることを知りました。

きょうの家族言

いよいよ年末。
12月は娘さんの風邪から、僕自身の体調不良とずっとバタバタ落ち着かない年末でした。
今日は何とか駆け込みで大掃除も終えて、ようやく来年に向けて気持ちもすっきりです。
ずいぶんひとり遊びもできるようになってきた娘さんはパズルしたりアンパンマン見たり。親は本を読んだり手帳を振り返ったり。
そんなゆっくりとした昼下がりも楽しむことができました。

Google WomenWIll×WORKO イベント

先日の12月16日。
Google本社内で、Women WIll×WORKOのイベントがありました。
テクノロジーと働き方改革についての講演や、男性の意識改革についての講演、そしてWORKOから朝日新聞社の浜田敬子氏・ファザーリング・ジャパンの林田香織氏、そして僕の3人でのトークセッション。

働くことと、家庭を営むことって、実はもうシームレスに繋がっているんだってことをまざまざと確信させられる二時間でした。

イベントの中ではたくさんの面白く興味深い話しを聞くことができましたが、特に今回はGoogle Women Willで行われたスケジューラーと夫婦のコミュニケーションについての調査結果についてお伝えします。

家事シェアとテクノロジーの繋がり

「共働き夫婦のストレスは夫婦コミュニケーション」
共働き夫婦は、家族のことで色々とストレスを抱えています。
女性のストレスNo1は家事の分担について。そして、男性のストレスNo1は夫婦間でのコミュニケーション。
NewImage
夫婦間でのコミュニケーションは女性も高スコアで、家事分担・育児分担についで第3位。
つまり、男女ともに共通して抱えているストレスは夫婦間のコミュニケーションということになります。(Women WIl調査参照)

このコミュニケーションについてのストレスって、共働きになると本当に多い。
ただでさえ話しをする時間がない上に、お互い疲れ切ってるから最低限の業務連絡しか行われなかったりする。
本当はもっとサポートしあわなくちゃいけない会話があるはずなのに、とてもそんな余裕はないし、面倒くさい。

この業務連絡の中で、もっとも面倒くさくて、しかも意外と夫婦間でフェアじゃないのがスケジュール調整。

女性が抱える家事不満の原因は「自分ばかり」が家事育児を担っている・時間の調整をしなくてはいけない、などアンフェアな負担を強いられていると感じること。

「本当はわたしにも予定があるんだけど、それを夫に言い出しにくい」
「わたしが時短勤務だから、予定を調整しないと仕方がない」
「俺が仕事を休んだり、調整して帰るなんて考えられない」
「俺の仕事は、そんな簡単に休める仕事じゃない」

なんて、無意識にお互いが思っていることこそ、何よりのストレスになります。

このストレスを軽減してくれるのがスケジューラーの共有。

NewImage

同調査の中で、「夫婦間でスケジューラーを利用すると「夫婦間のコミュニケーション」が改善され、男女ともに生活満足度が向上し、幸福度も高まる傾向に」との結果が出ています。

スケジュール共有の威力たるやハンパなし。

時間が自分の物ではなくなる感覚

わが家もスケジュールは完全に共有しています。
プライベートの家族カレンダーから、仕事の予定、プライベートの予定まで。
土日などに仕事のアポイントなどを入れる際には、相手の予定も確認して入れます。
例えばわが家では、夫婦共に土日に講演などが入ることもあります。
先に相手にスケジュールが入っていれば、土曜保育を検討したり、別日を候補にしたり。

でも、11月は僕がミスしてダブルブッキングしてしまったりもしました。
やっぱりそうなると、不穏な空気になったりもします。

結婚をして、子どもができると(特に子どもが小さいうちは)これまでは「自分の時間」だったスケジュールが一気に「家族の時間」に変わります。
時間が自分の物でなくなるのです。

この「時間が自分の物ではない」という感覚が夫婦でシェアされていないと、その感覚を持っている方は途方にくれます。

そしてそれは、口で言ってもそう簡単には伝わらない。

だからこそ、スケジューラーの共有はこんなにも効果的なんですよね。

さいごに

スケジューラーを利用することで幸福度まで高まるのは、それをしないことのストレスがいかに凄いかを表しているかのようです。
「夫婦がフェアである」と言うのは、別に家事を5:5でやっている関係のことではなくて。
こうした情報のシェアや調整の意識シェアがうまくいっているかどうか、なんですよね。

今回のイベントではそのことを、とても強く感じました。

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)