子どもとゲームの関わり方。1日◯時間がベストかを調べた結果

子どもとゲームの関わり方。1日◯時間がベストかを調べた結果

懐かしのファミコンがわが家にやってきました。
それをきっかけに、娘さんがスマホ大好きでいつもYouTubeを見たがることについて、学力の経済学という本を参考に、影響を考えてみました。

きょうの家族事

昨夜、わが家にファミコンがやってきました。
ファミコンがブームになっていた時、僕は小学生。
当時ファミコンをやりすぎて、取り上げられて以来、わが家からゲーム機がいっさいなくなったことを思い出します(泣)
でも、その当時ハマっていた色んなソフトを楽しんだり、ファミコンならではの動きの悪さにもどかしさを覚えたり。
ゲームっていいもんだなって思いました。

子どもとゲームの関わり

僕自身すっかり忘れていたんですが、子どもの頃わが家ではゲーム禁止になりました。
それ以来ゲームにほとんど触れることなく大人になった。
スーファミは買ってもらったけどハマることはなかったし、プレステもDSもほとんどやったことない。

当時の親たちは(今もか?)ゲームをやりすぎると子どもがバカになるって無条件に信じていたように思います。
でも、ゲームをやらなくても(僕は)別に賢くはなりませんでした(残念。。。)

ぼく自身が親になって、改めて考えるようになったのがスマホとの関わらせ方。

「ゲームばっかりやって、他のことに興味を持たなくなったらどうしよう?」
「スマホ見すぎて目が悪くなりそう」(これは本当になりそう。。。)
「ゲームばかりやってるとアタマが悪くなるの?」

娘さんがスマホのYOUTUBE動画を、食い入るように夢中になって見ている姿を見れば、まことしやかにささやかれる、そんな噂も本当かも?って思いそうになる。

ゲームが子どもに悪影響を及ぼすのか?

学力の経済学という本に、「テレビやゲームは子どもに悪影響を及ぼすのか」と言う考察があります。

この本の中ではゲームの暴力性が子どもの暴力性に影響するのか?と言うこともいくつかの研究結果から導き出してくれています。
特に好きな言葉は、

ゲームの中で暴力的な行為が行われていたとしても、それを学校や隣近所でやってやろうと考えるほど、子どもは愚かではないのです。

そりゃ、そうだよなって思う。

テレビやゲームと学習時間の関係

テレビやゲームを制限しても、学習時間はほとんど増えない。と言う研究結果が出ています。男の子で1.86分。女の子で2.70分しか、ゲームを制限したことで増える学習時間はありません。

しかし、無制限に見せてもいいわけでもない。
テレビやゲームの時間が長すぎると、子どもの発達や学習への悪影響が飛躍的に上がるとのこと。
これは、1日2時間を超えると、その悪影響が一気に高まるようです。
そして、1日1時間程度であれば、全く見ない子どもと変わらないとのこと。

つまり1日1時間程度がちょうどいいんですね。

さいごに

ゲームやスマホに限らず、子どもは夢中になったらいつまででもそれをやっています。
それって素晴らしいことだよなって、子どもを見るといつも思う。
そうやって心の底から、それに集中できるって、大人になるとずいぶん少なくなるから。
それがたまたまスマホでも、ある程度は楽しくやらせてあげたいなって思う。
反面、ぼくが子どもがスマホばかり見ていて何がそんなに心配になるのか。
それはもう少し考えてみようとも思います。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)