いよいよ男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会がスタート!発表資料公開します。

いよいよ男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会がスタート!発表資料公開します。

いよいよ男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会がスタート!
国が男性の働き方だけでなく、暮らし方についての議論に本腰を入れ始めました。
当会議での発表内容をまとめました。

きょうの家族言

家に帰ってきたら娘さんが「おかえりー」と言ってくれました。
これまでは「おあえいー」みたいな感じだったので、突然の滑舌の良さに驚きます。
今日は絶好調でしゃべりたおした娘さん。
小さな変化だけど、日々確実に言葉を発音できるようになっている。
もうすぐ、いろんな事を一緒に話せるようになるんだと思うと、とても楽しみです。

第一回 男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会

今日は、内閣府で行われた男性の暮らし方・意識の変革に関する専門調査会でした。
これまで内閣府の「夫婦が本音で話せる魔法のシート 〇〇家作戦会議」の制作に携わらせて頂いたことから、
この専門会議の委員に選任して頂きました。

第50回男女共同参画会議にて、この専門調査会の設置が決まり、今日がその第一回目の会議でした。
すでに行われている働き方改革と表裏一体となるテーマ。
この専門調査会での議論が、今後の重点方針を決めるための参考になります。

男性の家庭参加には”有用感”が大切

今日の会議では、ぼくもプレゼンをさせて頂きました。
その時のスライドはこちら。

男性の家庭参加革命 次世代育成の必要性

tadaimaの活動事例や、これまでの活動の中から見えてきた男性が家事育児参加するための課題について。
そして、家庭参加を促すための提案をしました。

tadaimaでは、男性の家事育児時間を向上させること、ではなくて家事育児不満をいかに解消していくか、ということをテーマに活動してきました。
不満、という視点で見てみると解消のために最も効果的なのは夫婦のコミュニケーション促進
01 専門調査会プレゼン資料

ただ、このコミュニケーションが難しい。
「家事育児の話しをしましょう 」なんて言ったって、全然素敵な会話が生まれる気がしません。

でも、もう少し個別具体なテーマがあれば、夫婦の会話は行われます。
それは、子どもの受験・引越し・転職など家族に起こる色々な変化の時。

ぼく達tadaimaでは、その具体的なテーマとしてモヨウ替えの話しを持ち込みます。

01 専門調査会プレゼン資料

そうやって、家族の中にコミュニケーションのキッカケを生み出すネタになっています。
子育てしやすいお部屋をつくろう、と言うことをテーマに家事の在り方や夫婦の在り方まで、
コミュニケーションが行われていきます。

ただ、この席にパパを巻き込むのが難しい。
そこでぼく達は夫婦割と言う制度を設けることで、パパたちに同じ席についてもらう理由を作っています。
実際、モヨウ替えの話しが進んでいくと、パパのスペースも含めた話しになっていくのでパパが同席するというのは、
コンサルを進める上でも大いに助かるのです。

こうして夫婦で一緒に参加をしてもらうことで、パパにも役割が与えられ、共同作業を通して自分もできるんだという自負が芽生え
家のことに自分も携わっていくんだという自覚が生まれるのです。
01 専門調査会プレゼン資料
もちろん、全てがこのように上手く循環するわけではありませんが。
普段は行われなかったようなコミュニケーションが夫婦の間で行われ、思っていたこと、考えていたことがドンドン言語化されていきます。

次世代育成も重要!

男性の家庭参加のためには何が必要なのか。
もちろん、男性の働き方を改善することや、家庭に関わる時間を増やすことは言わずもがな。

それと同時に、次世代育成を行って行かなくてはいけないのではないかと思います。
事例として、わが家も受け入れ家庭をさせて頂いたmanmaを紹介させて頂きました。

また、学生の育成だけでなく、子ども達が男女関係なく家事に携わる機会を増やさなくてはいけないと考え、行っている、
KIDS家事PROJECTの紹介も合わせて行いました。

目先の対策だけでなく、10年後20年後を見据えた対策を草の根的に行う事が、本当は必要なんじゃないかと考えています。

さいごに!

今日は初のこういった場での発表でした。
ぼくはNPOの実務者として、マクロな視点ではなくとてもとてもミクロな視点での話しをあえてさせて頂きました。
こういった場では、もしかしたら実際の夫婦と接しながら得たリアルな声を伝える、ということも大切なんじゃないかと思ったからです(マクロな視点が苦手ってのも。。。)
年度内、数回の会議の中でぼく達が普段感じていることや、実際の声を伝えて行けたらと思います。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)