「残業100時間で過労死は情けない」!?寝る間もないほど働いて一人前神話

「残業100時間で過労死は情けない」!?寝る間もないほど働いて一人前神話

寝る間もないほど働いて一人前神話。
先日起きた、大変心苦しい出来事に対して、いまだそんな価値観でコメントを残す方もいます。
これじゃ、パパが子育てするためには残業をなくすことが大切なんだ、なんて伝わらないんだろうなって思います。

きょうの家族言

お風呂で頭をシャワーで流す時。
一生懸命目を閉じて、それでも怖くて泣いてしまう娘さん。
シャワーが終わった後、一生懸命顔を拭きながら「だいじょうぶー」と言います。
全然大丈夫そうには見えません。

パパが子育てするために

きょうはとうきょう子育てすいっちの取材でした。
子育てについて語れるほどの経験も特にありませんが、普段の自分の経験や、家事シェアについてなどを楽しくお話しさせて頂きました。

話しをしながら、改めて思ったのですがパパが家事や育児に携わろうと思ったら残業をしないで家に帰ってくる事が最低条件になるのです。
そして、いまだ残業大国な日本での労働時間への価値観を両極端に示す記事を2つ思い出しました。

残業しないで成果出すってすげー大変なんだぜ!

残業は禁止「5時ピタ退社」の会社社長が「お疲れ様」を言わない理由

この記事に関してのツイートで多かったのが

と言うような「残業をしない方が仕事は大変だ」
と記事の内容に賛同する意見。
ぼくはフリーランスのように自由に時間を調整しながら働いていますが、それでも娘さんが生まれてしばらく。
とにかく大変だったのが、仕事できる時間が短くなったことでした。
1〜2ヶ月の間は、結構真剣に悩みました。

夜の時間を自由に使えることとか、晩ごはんのこととか考えないで好きなだけ仕事できるってのは、ある意味恵まれています。(別にそんなに長い時間仕事したいわけじゃないけど)
保育園のお迎えがあったり、家族で過ごす時間を大切にしようと思えば自ずと夕方は5時〜6時に仕事を切り上げなくちゃいけなくなる。

朝9時に出社して『今から夜11時までか』と思うから、ダラダラ働くことになる。

この感覚って、14〜15時くらいに如実に感じます。
子どもが生まれる前は、14〜15時ってまだまだ”半分”くらいな気分でした。
でも今は、”もう仕事時間がほとんど終わってしまう!”という焦りを感じる時間帯になっています。

プロだったら残業してでも仕事の成果だせよな!

電通女性社員自殺「残業100時間で過労死は情けない」のか? 教授の投稿が炎上 大学は処分へ

残業が積み重なり、自殺という結果に至ってしまった女性のニュース。
この痛ましい出来事に対して武蔵野大学の長谷川秀夫教授が「残業時間が100時間を超えたくらいで、過労死するのは情けない」とコメントをして、大批判を受けました。

この、「たかが100時間程度で」というような考え方。
年配の男性に多い「寝る間もないほど働いて一人前神話」の代表的感覚だと思います。
今回は自殺という最悪の結果になってしまいましたが、そうでない場合でも先輩社員などは平気でこの神話を振りかざすように思います。

「俺が新人の頃は、毎日終電帰りだった(終電帰りになっちゃうくらい仕事できなかったんだ〜)」
「遅くまで仕事してる俺ってエライよね(真夜中にあえてのメール送信で、残業アピール)」

周りの本音はカッコの中なのですが、本人は至って真剣に陶酔してしまっている。
こうやって、相手を「情けない」と言いながら本当は「俺ってすごい」って言いたい願望は、若いうちは男女問わず結構あるのかなとも思います。(残念ながら自分にも思い当たるふしが多々あります)

このように、残業しないことが大変だし、すごいことなんだ!という価値観もあれば。
100時間程度の残業なんか常識だぜ!ってスポ根魂むき出しな価値観もある。

さいごに!

価値観がどうであれ。
パパも子育てを楽しもうと思えば、残業で毎晩終電帰りってわけにはいきません。
たまの休日だって疲れ切ってしまって、ずっと寝ているようでは、子どものパワーにはかなわない。

真剣に残業を減らすチャレンジを、パパも会社もしていかないといけませんね。

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)