パパ必見!子連れテーマパークを笑顔だけで過ごす3つのコツ

パパ必見!子連れテーマパークを笑顔だけで過ごす3つのコツ
子連れでお出かけするとイライラしがち。
せっかくのお出かけを台無しにするイライラの原因と、わが家で実践している効果抜群な解決策をご紹介します!

きょうの家族言

必死の思いで購入したストレートネック用の枕を娘さんが気に入ったようです。
「わたしの枕だ!」と言って聞きません。
ちなみに、妻の枕がぼくの枕で、もともと娘さんが使っていた枕は変わらず娘さんの枕のよう。
でも、ぼくもごねました。この枕だけは譲れない。
そしたら一緒に枕を使うことを許可して頂けました。
「しょうがないなぁ」って顔しながら枕の空いているスペースを叩きながら、こっちに来てもいいよと示してくれます。
まるで、付き合いたてのカップルのようだ。。。

アンパンマンミュージアムへ!

今日は午後からみなとみらいのアンパンマンミュージアムへ!
娘さんを車に乗せて、はじめての遠出。
新しく家族になったタントのお陰で、グズることもなく快適にドライブができました。
ミュージアムはなかなか混んでいたし、必死の形相で子どもの写真を撮ろうとする親御さんたちの鬼気迫る姿で溢れると言う不思議な空感でした。
そんなミュージアムは、とにかく小さい子ども達がアチコチ騒ぎまくり、興奮しまくり、親たちは小動物を追いかけるハンターのように子どもを補足するのに精一杯。
当然、イライラしたりグッタリしたりする親御さんもたくさん。
中には子どもを叱りつけるママの横で知らんぷりしているパパもいたり、なかなかのカオスです。
子連れで遊びに行くと、思い通りにならないことばかりです。
ですが、わが家はイライラしたりケンカしたり、ピリピリしたりすることは全く無い。
別に家族仲がいいからイライラしないわけではなく、イライラする要素を最大限排除するように気をつけています。
なので、子連れで遊びに行く時、笑顔だけで過ごすためにわが家でやっている3つのコツを!
毎回イライラするシーンがあるご家族はぜひご参考に。

朝一出発はマスト!

今日は午後出でしたが、改めて確信しました。朝一出発がマストだと。
どこに行くにしても、開場30分後までには到着するように出かけます。
子育て家庭は家を出るのが何かと遅くなりがち。
だからみんなテーマパークやショッピングモールなど、到着の時間が少し遅くなります。
車の駐車場待ちなんてことにもならないし、朝一の空いている時間だと施設内の遊具も自由に使えます。
やっぱり並ぶことこそが、全てのイライラの原因だったりするんです。

ランチは11時〜11時30分までに席を確保する!

とにかく、なんでも早めのアクションがイラツキを軽減してくれます。
どこに行ってもとにかく混むのはランチタイム。ちょっと早めにしようと思って12時前に来たってもう遅いです。
フードコートでも、レストランでも、入るなら圧倒的に早めに。
11時30分は結構ギリギリで、下手するとちょっと席待ちしたり、ラストひと席だったりする。
なので11時過ぎが狙い目。
確実に席確保できます。
早めのランチにするためにも、朝一出発が大切です。万が一11時前後に到着してしまったら先にランチにしてしまうといいでしょう。
12時過ぎになって、続々と家族が現れフードコートで席難民になっていたり、延々とレストランの外で順番待ちをしているのを見ると「早く来て本当によかった!」って心から思います。
特にフードコートでの人気店は、席が取れてもそこから買うまでにさらに列に並ぶことに。
11時過ぎならほとんど並ぶこともなく食べることだってできますよ。

期待し過ぎない!(諦めは早めに)

当初の予定にしがみつくと、上手く行かなかった時にイライラします。
例えば、出発がちょっと遅れて駐車場に入るための列が凄いことになっていた。並んでみたけど施設に入るまでに30分以上かかりそう。
そんな時は、わが家では諦めて近隣駐車場を探すか、別の場所に行くかします。
ランチもそう。お目当てのレストランがめちゃくちゃ並んでてなかなか入れなさそう。
見たいと思っていたショーが混んでて入れなさそう。
ミュージアムや施設を全部まわりきってないけど、子どもがぐずりだした。
そんなイレギュラー時は、さっさと諦めます。
この決断が早いほどイライラがなくなる。
そして、代わりに入った所を楽しむようにする。
お目当てのレストランじゃなかったけど、隣のレストランはすぐに入れたし美味しかったね。
ショーは見られなかったけど、その分外の乗り物に乗れたね。
施設全部回れなかったけど、その分美味しいランチ食べられたね。など。
無理して並ぶよりも、違った選択肢へ早く決断してしまった方が「この選択で本当によかった!」って思うことが多い。

さいごに!

こうして洗い出してみるといかに並ばないか、を常に意識しているようです。
並ぶことや次のアクションへ移すための決断が遅れることこそが、せっかくのお出かけをイライラさせてしまう。
ちなみに、わが家は帰るのも早めです。14〜15時には施設を出ちゃう。
もちろん渋滞を避けるため。そして疲れすぎを避けるため。
お出かけの最後を楽しく笑顔で迎えるためには、「イライラしない、ケンカしない」は絶対条件。
そのもとになることを徹底的に排除することで、少しお目当てから外れたって満足度は高い。
この記事を読んだパパが、家族でのお出かけを笑顔にするリーダーシップを発揮できますように!
ーーーーーー
【KIDS家事PROJECT!とは】
子ども達に「家事って楽しい!」と知ってもらい、親御さんが家庭で子どもに家事をやらせることの「面倒くさい」を軽減する講座を開催しています。
家事を身につける上で何より大切な、
■あぶないの感覚
■きれいの感覚
■ありがとうの感覚
を身につけることをテーマにプログラム開発を行っています。
■8/25(木)10:00~/みらい館大明(豊島区)
■Facebookアカウントをお持ちの方は「シェア割」利用可能
(Peatix)

kidskaji201608.peatix.com

 

 (Facebookイベントページ)

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)