イヤイヤ期な娘さんとのつきあい方

f:id:tadaima_miki:20160725225230j:plain

きょうの家族言

最近の娘さんのブームは「どーぞー」。
何でもかんでも持ってきては、「どーぞー」。
せっかく片付けても「どーぞー」。
 
いままでは自分の意思を示す言葉。そして物を指す言葉がほとんどだったけど
ここに来て社会性を感じさせる言葉を覚えはじめました。
 
社会性を得たことで、相手とのコミュニケーションの幅がずいぶんと広がったように感じます。
 
 
 

イヤイヤ期な娘さんとのつきあい方

いつの間にかイヤイヤ期の入り口をするりとくぐった娘さん。
絶賛イヤイヤ中の毎日です。
 
「着替えようか?」「イヤ」
「お風呂行こうか?」「イヤ!」
「アッチ行こうよ」「イヤ!!」
 
わが家で何よりも大変なのは、娘さんが大好きなアンパンマンを見ている時。
アンパンマンを見たいとおねだりな娘さん。
そこで、動画を見せてあげると「イヤ!」。
「違うのがいいの?」「うん」
 
で、違う動画を見せると「イヤ!」
「どれがいいか、自分で決めて」「これ!」
 
で、その動画を見せると「イヤ!」
 
 
 
そんな中、conobieでこんな記事を見つけました。
 
でも忘れてはいけないのは、

子どものイヤイヤは、決して親を否定している訳ではないということです。
 
何をやっても全部イヤだと言われて、まるで自分の存在を否定されているように感じるかもしれない。
 
でも子どもも、その内側でがんばっているのです。
 

 

 

子どもも頑張ってる

時間や気持ちに余裕がなくなってくると、正直イライラしてきます。
疲れている時なんかは、あ〜もう好きにして〜って放置してしまったり。
 
でも、イヤイヤしている様子をジッと見ていると、娘さんの頑張りがちゃんと伝わってくる。
ようやく覚えたコミュニケーションツールである「イヤ!」を使って、何とか自分の意思を伝えようとしている。
でも「イヤ」しか言えないから、その先を伝えることができないし、上手にすることもできない。
 
大人だって、思っていることがうまく伝えられない時、何もかも投げ出したくもなったりします。
 
 
そんな時、自分だったらどうして欲しいか?
勝手に答えを出されたり、それっぽい正論をまくし立てられたってムカつくだけです。
だったら、せめて共感して欲しい。
 
上手く伝えられない。
でも、その伝えられない辛さに共感してもらえたら、少しは気が楽になる。
 
だから、せめてそのイヤイヤに共感するようにしています。
ぼくにできるのは、せいぜいそんなもんだから。
 
しかも、「父ちゃんももうアンパンマン見たくないんだよ〜」って一緒に嘆きます。
ふたりでワンワンやってるうちに、お互い楽しくなってくる(こともある)。
 
 
 

さいごに!

気をつけているのは、彼女の頑張りが感じられるなら、上から押さえつけるようにしないこと。
力づくでどうにかしてしまえば、思い通りにはなるかもしれない。
でも、それじゃ彼女が伝えたい事はいつまでも伝わらない。
 
生まれた当初からのわが家の方針「観察する」は、イヤイヤ期にも有効なように感じています。
 
でも、何よりも自分たちに気持ちの余裕を持つようにすること。
それがなくなってしまったら、観察なんてとてもじゃないけどできないから。
 
 
 
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)