あさりの砂抜きがたった15分でできる時短ワザ!

きょうの家族言
たまに手の込んだ料理をつくりたくなります。
平日は仕事が終わって、つくって、娘さんに食べさせて、と毎日ばたばたするのでゆっくり料理に手間をかけてる余裕もない。
そんな風に、ありものアレンジでつくる日が続くとつくる楽しさを味わいたくなる。
 
そこで今夜は有頭海老を使ったシーフードカレーにすることに!
撮りためていた男子ごはんを見たら、エビの殻から出汁を取って簡単に作れるシーフードカレーをやっていたので、それを作りました。
 
海老とあさりの出汁がよく出て、本当に美味しかった。
いま、有頭海老が安いのでオススメです。
 
もし、シーフードカレーをつくってみたくなったら、コチラをご参考にどうぞ。
 
 
 
あさりの50度洗い
シーフードカレーをつくるときに、海老だけでなくてあさりも使いました。
あさりって、砂抜きしないといけないので事前の準備が必要で面倒くさい食材のひとつ。
 
塩水をつくって、新聞紙とかで暗くして一晩浸けておけばしっかり砂を出してくれる。
でも、「砂抜きしておくの忘れたー!」って時って結構困ります。
 
 
そんな時に簡単に、しかもたったの15分で砂抜きができて、身もふっくら美味しくなる方法があります。
それが、あさりの50度洗い。
 
 
 
やり方は簡単。
45度〜50度のお湯をバットなどにはります。
そのお湯の中で、あさりを軽くこすり洗いしたら、後は15分お湯に浸けておくだけ。
塩水だと数時間かかる砂抜きが、たったの15分でしっかり砂を吐き出してくれます。
 
このお湯は塩水でない、普通の水で大丈夫。
 
5分位浸けていると結構お湯が濁ってきます。
そして、ペロンとあさりが顔を出します。あっという間に顔を出すのでちょっとビックリです。
 
 
50度洗いのポイント!
お湯の温度がポイントです。
低すぎると砂抜きできないし、60度を超えるとあさりが砂を吐き出す前に茹だってしまいます。
 
50度を測るのに水温計を使ってもいいですが、持っていない場合は給湯器を50度に設定してしまえば楽ちんです。
 
 
 
じゃりじゃりしないあさりを食べましょう!!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)