わが家にキャラ物がやってきた!!

f:id:tadaima_miki:20160612230038j:plain


きょうの家族言

娘さんが食べられるものが日々変わっています。
ちょっと前まで肉はべーって出してたのに、この一週間位で突然ハンバーグが大好物に。
ミートソースやキーマカレーだって、器用に肉だけ出してたのに、今日はキーマカレーをお代わりして食べてた。
晩ごはんをつくる身としては本当に嬉しいし、ありがたい。
 
1歳でも食べられる星の王子さまとか、超甘口カレー。
ぼくとしてはもうちょっと辛い&スパイシーな方が好みです。
かと言って、娘さんの分と大人の分で分けてつくるのも面倒だし、妻も甘口が好きだったりもします。
 
そこで、今日は生七味を買ってみました。
いままで辛いものが苦手だったのですが、ここ最近大好きになった辛いもの。
ちょい足しして食べるのにすっかりハマっています。
 
 
わが家にキャラ物がやってきた!
いつか来るって、わかっていました。
まず最初にやってきたのはそらじろうの茶碗。絵本やぬいぐるみなど。
その後、すっかりそらじろうに飽きた娘さんが次にハマったのがアンパンマン。
 
まずは動画。YouTubeやHuluでアンパンマンの色んな歌やアニメを見まくっています。
家に帰るなり「あんぱんまん!」とご所望されるので、毎日流れてる。
ごはん中のアンパンマンを禁止した時は、本当にこれでいいのか迷いました。
 
その後も娘さんのアンパンマン熱は冷めることもなく、オモチャ、巾着袋と次々アンパンマングッズが増えます。
そしていよいよTシャツがやってきました。
 
 
遅いか早いかの問題だし、アンパンマンなのかプリキュアなのかの違いなのかもしれない。
どの子育て家庭を見ても、ほぼ必ずキャラ物はあるし、それを喜ぶ子ども達の姿もあります。
 
 
結局、親のエゴだし、つきあい方の問題
娘さんが生まれる前、キャラ物で溢れちゃわないようにしたいと思っていました。
その気持が少し揺らいだのが、そらじろうにハマった時。
TVを見て、はじめて大興奮して、指差して楽しそうにしている姿。
そんな姿を見た時、「もっと喜んでる顔を見たい!」って思いました。それは妻も同じで、だからこそ「そらじろうの茶碗を買いたい!」と言われたんです。
実際に娘さんが楽しそうに喜んでいる姿を見たら、もう歯止めがきかない。
そらじろうを録画したり、ぬいぐるみを買ったり。
 
 
キャラ物って、大人の視点からすると決して素敵な物ではありません。(好みの問題ですが)
だけど子どもから見たら、本当に魅力的な物なんですよね。
ぼくが好きじゃないからって、娘さんが大好きなそれから遠ざけるのは親のエゴかもしれない。
 
例えば「キャラ物グッズよりも、こっちの知育玩具の方が娘さんのためになるはず!」とか「キャラ物の服より、こっちの方が可愛い!」とか。
お金を出すのは親なんだから、親のエゴでも全然いいと思うんだけど、エゴだなって事は認識しておこうと思うわけです。
 
キャラ物が家に入ってこないようにするのが、ぼくのエゴだとしたなら、それを全面的に拒絶するよりも上手に付き合って行くほうがお互いにとっていいように思います。
 
何よりも、娘さんが大好きなアンパンマンのオモチャで遊んでいる姿や、Tシャツを大喜びしながら着ている姿は全てを許してしまえます。
 
 
なんでキャラ物に囲まれるのが嫌なのか?
色味が強かったり、インテリアに合わなかったりと理由はありますが、嫌なのはそれが家の中で大きなインパクトを占める事です。
娘さんが遊んでいる時に出ていたって、全然気にならない。
例えばカレンダーやポスターなど壁面をキャラ物で飾り付けるのは、娘さんにもご遠慮いただこうと思います。
オモチャや絵本、洋服などは使わない時にはちゃんとしまうことで、家の中がキャラ物色に染まることもありません。
もし、キャラ物が嫌なんだったら、ぼくができるのは娘さんからキャラ物を遠ざけることではなく、それと上手に付き合って行ける収納をつくりあげることなのかもしれません。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 メディア情報
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

「人事実務」2016年6月号(No.1161)/産労総合研究所
https://goo.gl/Zeqttg
(Facebookページ)

特集「副業を考える」の中で、tadaima!昨年の取り組み
NPO法人二枚目の名刺によるサポートプロジェクト」。
について述べられています。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 イベント情報
 お近くで開催の講座にぜひご参加ください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
*6/9(木) 10:00-12:00
女性セミナー 仕事と家事を両立させるには?
*6/18(土) 10:00-12:00
東京都小平市・中央公民館
女性セミナー 家族で考えるおうちのこと
小平市中央公民館主催。2回目の18(土)はご夫婦での参加OKです!
 
*6/15(水) 10:00-12:00
東京都北区・子育てサロン ほっこり~の
【残席2】『自宅間取り図で考える!子育て家庭の模様替え講座』
子育て家庭のお部屋のお悩み、解決のヒントをレクチャーします。
定員6名(お子さま同伴OK)、受講料:ほっこり~の特別価格1,000円
詳細・申込:http://goo.gl/MlmzA0
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)