家事できない系男子は結婚に向いてるだと!?

f:id:tadaima_miki:20160609225059j:plain


きょうの家族言

夫婦のどちらかが忙しくなってくると、もうひとりも疲れてくる。
それは片方に家事育児の負担がかたよるから。
と言う話しを妻としました。
いま、わが家では妻の出張が続いたりして忙しい。
あんまり自分では意識していなかったけど、だんだんぼく自身が疲れて来ているようです。
 
ずーっと続くとかなり自覚するくらい疲れちゃうんだろうなと思います。
これを毎日ひとりでこなしているお母さん達には本当に脱帽です。
 
 
 
実は穴場!?家事できない系男子は結婚に向いてる?
いやいや!この記事を見た時にはかなりビックリしました。
 
 
これ、「結婚」をゴールに見据えているんじゃないかな?結婚してからの生活の方が圧倒的に長いってことを全く考えていないように思います。
 
・ありがたみを感じてくれる
そりゃ、ありがたいです。でも、独身時代に彼女が家に来てやってくれる家事と、結婚後(特に子どもが生まれてから)生活のために行う家事って全然別感覚。
しかも24時間、365日この繰り返し。
自分が家事できないのに、その大変さを理解し、感謝し続けるなんてできるわけがない。
たとえ感謝をしてくれたとしても、やっている方とやってもらっている方には、その意識やタスクの重さに必ずギャップが生まれます。
得てしてやってもらっている方が「そこまで大変なことだなんて思ってもみなかった」感覚になりがち。
結婚はできても、何を手伝わしても邪魔くさい上に上辺の感謝しか伝わってこない関係を50年、続けられるのかな。
 
 
・尊敬してくれる
長続きする夫婦がお互いに尊敬する気持ちを持っているのは、とても納得がいく。
だけど自分にはできない家事育児を一手に担ってくれることに関して、夫が妻に対してどのくらい尊敬をしているか?
「尊敬」「感謝」はもちろんしていると思う。
 
だけど、自分が「やらない」って立場が当たり前になると、その家事に対しては尊敬よりも「当たり前」の感覚が強くなる。
 
自分の母親に対して毎日家事してくれることへの尊敬って、どんな時に意識するでしょうか。
例えば一人暮らしを始めた時。
「こんなに大変なことをいつも母さんはしてくれていたんだな」って感じることで「尊敬」「感謝」が芽生えたりします。
例えば自分が結婚して子どもが生まれた時。
「自分が子どもだった時も、こうやって大騒ぎしては戸惑わせてたんだろうな」と感じることで同じく尊敬や感謝の気持ちが芽生えます。
 
何かきっかけがないと「当たり前」って思ってしまいがちなんじゃないでしょうか。
尊敬してくれて、それをちゃんと示してくれるのは(多くの場合)やってくれた家事がイレギュラーだからです。
それが日常になったとき、自分ではその大変さがわかりもしないのに、果たして尊敬までし続けてもらえるでしょうか。
 
 
 
・いい意味で依存してくれる
もう、ここらへんは意味がよくわからないです。
 

彼氏の家で家事をこなしていくと、ますます家事できない系男子に拍車がかかってしまうのでは、と思いませんか。

 
ちょっと家に行かないだけで部屋はめちゃくちゃ。また、コンビニ弁当の生活に戻っている…。そしてまた、散らかった部屋を片付けてあげて、ご飯を作ってあげると「もうお前なしじゃ生きていけない」と、ダメ人間になっていく彼氏。いざ彼女が自宅に戻ろうとすると、寂しさが募る彼氏。

 

 
 
これ、どこらへんが「いい意味」での依存なんだろうか?
ただただ、ダメ男になっているだけじゃないか!
 
 
家事できない男子が全部ダメ、とまではいいません。
けど結婚をしたら「家事も育児も全部100%わたしが引き受けます。夫や子どもをそうやって支えていくことこそが自分の生きがいなんです」って程腹をくくるか、それが無理なら「家事育児は一緒に助け合う関係を築く」ことを考えたほうがいい。
 
「もう、家事ができることなんて求めません。とりあえず結婚さえできればなんでもいいっす」って最初っから諦め過ぎてやしませんか。
たまたま好きになった人が家事が苦手だったとしても、一緒に何十年も生きていくなら助け合える関係を築くことを考えないといけないと思います。
その全てが家事だとは思わないけど、家事分担ができていないことがその後の結婚生活を結構しんどくしてしまうこともあるって、ちゃんと知っておくべきだと思います。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 メディア情報
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

「人事実務」2016年6月号(No.1161)/産労総合研究所
https://goo.gl/Zeqttg
(Facebookページ)

特集「副業を考える」の中で、tadaima!昨年の取り組み
NPO法人二枚目の名刺によるサポートプロジェクト」。
について述べられています。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 イベント情報
 お近くで開催の講座にぜひご参加ください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
*6/9(木) 10:00-12:00
女性セミナー 仕事と家事を両立させるには?
*6/18(土) 10:00-12:00
東京都小平市・中央公民館
女性セミナー 家族で考えるおうちのこと
小平市中央公民館主催。2回目の18(土)はご夫婦での参加OKです!
 
*6/15(水) 10:00-12:00
東京都北区・子育てサロン ほっこり~の
【残席2】『自宅間取り図で考える!子育て家庭の模様替え講座』
子育て家庭のお部屋のお悩み、解決のヒントをレクチャーします。
定員6名(お子さま同伴OK)、受講料:ほっこり~の特別価格1,000円
詳細・申込:http://goo.gl/MlmzA0
 
 
 
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)