1歳半からはじめる、わが家の家事教育

f:id:tadaima_miki:20160606220446p:plain


きょうの家族言

色んな所に登ったり下りたりするのが楽しくて仕方がない娘さん。
階段も登るし、公園のベンチも登る。
先日、家のダイニングベンチによじ登って遊んでいた娘さん。
ちょっと目を離したすきに足を滑らせてテーブルに激突。
口の中を切って、血がダラダラ。
 
口の中ってちっちゃな傷でも結構血が出るもんです。
いつか怪我するんだろうな〜と思っていたけど、さっそくの流血。
親としての度胸が試されるようです。
 
 
 
家事をやる姿を見せること
子どもはなんでも親のやることを見て、真似て覚えます。
台拭きをしていたら、娘さんも一緒に台拭きをします。どうやら保育園でも同じように拭いたり、なんかあったら色んな所を拭いたりしているみたい。
娘さんがごはんを食べた後、家中がごはん粒だらけになる。
そのごはん粒を拾って捨てたりしている姿を見て、娘さんもゴミを拾ったら「ぽい!」と言いながらゴミ箱に捨てようとする。
オムツも自分でオムツのゴミ箱に捨てます。
 
家でやることだけじゃなく、保育園できっとそうしているのだと思うのですが、靴を脱いだら靴下を脱いで靴の中にしまいます。
 
「お片づけしよう!」と言うとオモチャをオモチャ箱にしまう。
寝る前には(たまにだけど)オモチャを自分で片付けてベッドのそばで待ってたりもする。
 
 
もちろん、掃除やお片づけだけでなく、先日抱っこをしていたら娘さんが「はぁ〜」とため息。
ぼくが無意識でついていたため息を真似していました。
 
 
いまは、親のモノマネをするのが面白い時期だし、これからしばらくはお手伝いをするのも面白い年頃だと思う。
そしてお手伝いするのが嫌になって、親に色々口出しされるのも嫌な時期が来る。
だから、娘さんが色々と片付けや掃除の真似事をするのを「可愛いね〜」で済ましちゃうこともできます。
 
けど、お片づけにしても、掃除機をかけるにしても、ぼくは結構真剣に教えます。
どこまで理解しているかわからないし、遊んでいる感じなんだと思うけどできるだけたくさんの事をやらせてあげたいし、教えてあげたい。
「こうやって拭くんだよ〜。それ、全然拭けてないよ〜」とか。
「お片づけしてから寝るとスッキリするね〜」とか。
「ここにポイして!」とか。

1歳半なりに、一生懸命聞いて、考えているみたいです。
ま、全然無視されることの方が多いんだけど。。。

 
洗濯を見せてあげなくちゃ!!
そんなことを思っていた矢先、わが家では洗濯をほとんど全自動で終わらせてしまうことに気が付きました。
娘さんがいる所で洗濯物を干すことってほとんどない。
乾燥機があれば便利だし、ふわふわに仕上がるし、全然問題なんだけど洗濯を干すって家事が世の中にあるんだってことをちゃんと見せてあげたい。
 
だからって乾燥機を使わなくなるわけじゃないけど、お休みの日とか、たまには娘さんと一緒に洗濯物を干してみようと思います。
 
 
 
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)