言わなくても家事するようになって!そんなあなたへ少し厳しい指導!

f:id:tadaima_miki:20160521225045j:plain


きょうの家族言

娘さんは夜ベッドの上でしばらく大はしゃぎしていたかと思うと、突然眠ります。
静かになったなーと思うと寝ているって具合です。
 
今夜は「寝たかなー」と思ったらむにゃむにゃ言いながら移動、を繰り返していました。
そして、無理やりぼくに絡んでくる。
足を顔に絡めたり、脇腹当たりに頭を突っ込んできたり。
むにゃむにゃ言いながら、やたらと絡んではぶつかってくる娘さん。
 
ベッド、広いんだからもうちょっと離れて眠っていいんだぜ。
 
 
家事マネジメントにはリーダーが必要
家事シェアでむつかしい、そして理想とされるのが「言わなれなくてもパパっと家事する関係を築く」ってこと。
多くのママさん達は結構ここで悩んでいます。
ママさん、と言うか家事を主体的に行っている方、ですね。
 
この「言われなくてもパパっと家事する」ようにするための方法は2段階のステップがあります。
 
 
まずファーストステップ。
それが家事マネジメントをすること。
 
リーダーは家事を主体的に行っている人です。
仕事でもそうですがマネジャーは「自分がやった方が早いから」と言って全部の仕事を自分でやってしまっては失格。
家事だって同じ。
 
仕事を細分化させて、ふれるところをドンドンふって行かなくてはいけません。
家事マネジャーの任務遂行のためのポイントは3つ。
 
その1>自分が家事マネジャーであることをしっかりと認識すべし!
「対等であるべき!」とか「なんで自分ばっかり」とか「自分のこと位、自分でやってよ」なんてことを思っている場合じゃありません。
なぜ、あなたが家事マネジャーなのか?
答えは明確です。
家事の主を担っている=その家の家事のルールを決めている
からです。
女性だから、とか家事が得意だから、ではありません。
理由はどうあれ、あなたが家事のルールを結果的に決めているんです。
 
 
その2>家事をルーチン化すべし!
わが家の家事ルールを決めているあなたの家事ルールが、しょっちゅうブレてしまうようではダメです。
ルールがブレることと、臨機応変であることは全く同じではないことを理解しましょう。
 
例えば、晩ごはんの時間。お風呂の時間。寝る時間や起きる時間。
お迎え後〜眠るまでの間のフロー。
 
テンプレートを差し出すように、説明できますか?
 
よく聞くのは「子どもの様子に合わせる。すぐ寝てくれる時もあれば、寝てくれない時もあるし」「ごはんは食べたり食べなかったり。仕事の都合で変わります」「お風呂は寝るまでに、TVとか見て適当に入ります」なんてケース。
前提として、家事をシェアしたい。と考えているのであればこの状態は絶対にダメ。
仕事でも、上司の気分や都合でやることがチョコチョコ変わってしまっては、仕事を言われる前にこなす、なんてなかなかできない。
ましてや、上司の顔色ばかり伺うようになったりもする。
 
家事だって同じ。
夫の帰りが日によって違おうと、なんだろうと極力同じフローを繰り返します。
 
例えばわが家だったら、
 
・18時→保育園お迎え
・18時20分〜→娘さんごはん
・〜19時30分→大人ごはん
・19時45分〜20時15分→娘さんお風呂
・20時30分〜21時→寝かしつけ
 
 
ざっとこんな流れです。
守れない時もあるし、外食の時だってある。
でも寝かしつけの時間が大きくズレこむことは絶対にない。
夫婦揃っている夜も、どちらかしかいない夜も、このフローはほぼ同じです。(土日の日中のお昼寝、ごはんの時間なんかもほぼルーチン化されています)
 
 
だから、言われなくても何時頃に家がどういう状態なのか、想像ができます。
例えば帰りが20時前後になったら。
なるべく急いで帰って娘さんをお風呂から受け取って着替えさせるようにします。
20時30分を超えるようなら、そーっと家に入ります。
 
ルーチン化がしっかりとされていれば、その通りに行かない時でも対応がしやすい。家族へも伝えやすい。
だから家事のルーチン化は絶対にするべきです。
 
 
その3>家事の優先事項を決めるべし!
何もかも大切、は結局何もかも中途半端になってしまいます。
ルーチン化させるためにも重要な事ですが、「ここだけはちゃんと守ろう!」と言う部分を夫婦ですり合わせる必要があります。
わが家で言えば「娘さんの寝かしつけの時間」こそが最優先事項です。
そのためであれば、晩ごはんがお弁当であってもいいし、他のことを省いても良い。
とにかく、寝かしつけの時間が大幅に遅くなることだけはさけます。
これは、家族で旅行に行っても同じ。
20時30分〜21時の間に寝かせるようにしています。
 
子どもが大きくなってきたら、この時間は変わると思いますがいつもの寝る時間を習慣化させることは重要なことです。
 
優先順位が決まっていることで、臨機応変な対応がしやすくなる。
優先事項が決まっていないとそれは臨機応変な対応ではなく「適当」な対応になってしまうのです。
 
 
 
 
次回はパートナーと「言われなくてもパパっと家事する関係」を築くためのセカンドステップです。

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
   メディア情報
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
北海道新聞 「カジダン 妻が喜ぶやり方は」
 
「夫がいつもと違う場所に物をしまうとどっと疲れる」
という妻のコメントがなんとも悲しく…。
紙面の一部をご紹介しています。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 イベント情報
 お近くで開催の講座にぜひご参加ください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
*6/9(木) 10:00-12:00
女性セミナー 仕事と家事を両立させるには?
*6/18(土) 10:00-12:00
東京都小平市・中央公民館
女性セミナー 家族で考えるおうちのこと
小平市中央公民館主催。2回目の18(土)はご夫婦での参加OKです!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)