出産予定日ひと月前のモヨウ替え【モニター実施レポート】

出産予定日ひと月前のモヨウ替え【モニター実施レポート】

本日はまもなく産休に入るタイミングでのご訪問でした。今回の目的は2つ。

ひとつ。
『出産後約1ヶ月ママとベビーがしっかり休養するための産褥部屋作り』。

もうひとつ。
『産褥期明け、ママが積極的に動き出すための模様替え計画』。

tadaima!作成のお部屋作りプランをたたき台に、
ご夫妻にがっつりご希望の擦り合わせをしてもらったのち
整理収納作業をお手伝いさせていただきました。

tadaima!メンバーがディスカッションに入らせていただくことで、
もともと仲の良いご夫妻も、より模様替えの具体的な問題点について
擦り合わせができたようです。

後日ブログにまとめる予定ですが、まずは簡単に概要をご報告!

*****

【1:産褥部屋計画】
ただ休む部屋を確保するだけでは足りないんです。

◼︎ママは家事を担う家族やサービスの方の気配、上の子の様子を感じつつ落ち着いて過ごせるか。
◼︎泊まりがけでヘルプにくる家族の休む場所は。快適に過ごす過ごしてもらうためには。
◼︎他の家族の生活動線がママの居場所とぶつからないか。

…などなど、配慮すべき点はたくさんあります。

今日は、いったんしまうことにした遊具を分解したり、クローゼット内の整理を行いました。

【2:産褥期明けの模様替え計画】
ここがなにより大事。出産後にはそんな時間も余裕も体力もないのですから。。
産褥部屋の和室を「上の子の自立を育むキッズスペース」に模様替えすることになりました。

◼︎子どもの衣類は今後たたまずハンガー掛けにしたい
◼︎畳が傷まないようにカーペット敷きにしたい
◼︎子どもが出し入れしやすいように収納の扉を外したいが中が丸見えになるのは嫌

…などなど、ご希望とイメージがたくさん出てまいりました。

ここから出産までの間、何度かやり取りしながらイメージを固めていきます。
次回、8月のご訪問にてゴロッとお部屋が生まれ変わる予定です。

モニターご家族さま、ありがとうございました。
6月のご出産を無事迎えられますこと、祈っております☆
20160515%e7%af%a0%e7%94%b0%e9%82%b8-1➡産褥期明けのモヨウ替えはどうなった?つづきはこちら!

―――――――――――――――
未就学児のいるご家庭に強い
tadaima!の「子育て家庭のモヨウ替え」

そのエッセンスをお伝えし個別のお悩みにアドバイスも行う講座
近日開催予定はこちら

ご自宅に伺い、ご家族が感じている問題の整理と
家事育児動線改善の提案を行う無料カウンセリング
お申込みはこちら

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)