夫がいつもと違う場所に物をしまうとどっと疲れる。北海道新聞取材受けました!

f:id:tadaima_miki:20160511233715j:plain


きょうの家族言

きょうは妻の誕生日。
と、言うことでわが家恒例のステーキディナーです。
でも、年をとったのかサーロインをたっぷり食べると胃もたれが。。。
ステーキは赤身がいいですな。
 
 
北海道新聞で、家事シェアのコツについて取材受けました!
5月8日の北海道新聞で、家事に積極的な男性についての記事があります。
その中で、家事シェアについて取材を受けました。
 
 
夫がいつもと違う場所に物をしまうとどっと疲れる。。。
記事の中で女性がインタビューにそう答えています。
これって、まぁ本音なんだろうなと思います。
また、「休日にトイレを念入りに掃除するとか、窓ガラスを拭くとか、普段しないことをして欲しい」
など。
 
結局どこかのタイミングで(それは結婚した時からかもしれない)相手と家事シェアすることを諦めてしまったんだろうと感じます。
求めていることが「お手伝い」だし、恐らくそれ以上の関わりを期待もしていない。
以前は期待していたけど、期待値まで届かなかったのかもしれません。
 
 
家事をシェアすると、全部が自分の理想通りにはやっぱり行かなくなってくる。
ひとつのことができるようになると、次のプロセスが気になったりするものだからです。
例えば、夫が食器を洗うようになる。そうすると、今度は洗い方が気になる。そのうち水の使い方や洗剤の量まで気になってくる。
これは妻が夫に対してだけじゃない。
夫が妻に対して思うこともあります。
 
そして、そんな細かなことを気にしだすとキリがない。
 
それでも、家事をシェアすることで「一緒に家のことをやっているんだ」という連帯感や、「パートナーに家事育児を委ねられる」という信頼感が芽生える。
その連帯感、信頼感はちょっと洗剤の量が多かったり、食器をしまう場所が間違っていたりする相違の何倍も価値がある。
 
 
最初はお互いに気になることや、違っていることがある。
それだって、そのうち「わが家のやり方」になっていくんだと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベント紹介!!
子育て家庭の模様替え講座が開催♪
自宅の間取り図を持って、一緒に家のゾーニングを考えるワークショップです。
子育て家庭のモヨウ替えを一緒に考える人気講座です♪

peatix.com


――――――――――――――――
自宅間取り図で考える!子育て家庭の模様替え☆
――――――――――――――――

【開催日】2016年5月21日(土)10:00-12:00

【場 所】In the Rough
JR中央線西荻窪駅より徒歩8分のシェアスペース

【定 員】6組
・講座は赤ちゃん~小学校低学年程度のお子様がいる家庭をベースとした内容です
・ご夫婦、単身、いずれのご参加でも結構です
・お子様同伴可能ですが、託児サービスはございません
※3名以上のお子様同伴希望の方は予めご相談ください

【参加費】1組2,000円
※交流会参加ご希望の方は軽食代+500円頂戴いたします。

【持ち物】
・ご自宅間取り図のコピー2部
・筆記具(鉛筆か、消せるボールペンがお勧めです)

【プログラム】
*おうちのお悩みあるある、その原因と解決方法
*模様替えを成功させるためのポイント
*間取り図を使って考える自宅の模様替え計画
*tadaima!メンバーによる個別アドバイス

********************************************
プログラム提供:NPO法人tadaima
********************************************
www.facebook.com/npotadaima
http://npotadaima.com/
代表:三木智有
事務局:藤井 忍

家事をもっと夫婦で、家族でシェアして家族ごとにしよう
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたい家
そんな家であふれた社会にしよう。
そういった思いで現在以下の事業を運営しています。

■パパ向け:家事シェアについての講演講座
■ご夫婦向け:家事模様替えコンサルティング
■親子向け:家事教育体験プログラム
――――――――――――――――
みなさまのお申込み、お待ちしております★

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)