目指すのはたかが産前のパフォーマンス?オリラジあっちゃんの言葉を受けて。

f:id:tadaima_miki:20160509221143j:plain


きょうの家族言

今朝は娘さんを受信させて登園許可をもらってから、保育園へ。
いつもより遅く入った保育園では、みんなオヤツの時間。
先生に連れられて自分の席に着くと、牛乳をゴクゴク飲みながら自分の分のオヤツを食べ始めます。
 
ものすごく当たり前のことなんだろうけど、自分の娘が保育園のお友達と一緒に過ごしていたり、
オヤツを平然と食べていたりするのを見た時、得も言われぬ感動をしました。
 
何なんだろうなぁ。この感動は。
取り立てて感動するようなシーンでもなかったんだけど。
自分の知らない娘の空間や時間がココにはあるんだって、頭ではわかっていたけど実感したというか。
そんな大切な時間をのぞき見しちゃったような気持ちになったのかもしれません。
 
 
目指すのはたかが産前のパフォーマンスだったっけ?
日経DUALでオリエンタルラジオのあっちゃん事、中田敦彦さんがコラムを書いています。

コラムの内容は、まさにタイトル通りで働いてしっかり稼ぐことも、ちゃんと休んで家事育児をすることも、両方目指すんだ!ってことが書いてあります。
実は「両方目指す!」って男性としては言いづらい。
 
「バリバリ働いてるんだから、家事育児やってる時間ないっす!」
なんて昭和系オラオラパパはもちろん、
「家事育児に注力する時期だから、仕事は調整してほどほどで大丈夫っす!」
なんてイマドキイクメンパパだって、
「どっちか」に注力するとどちらかは諦めざるを得ないって、頭のどこかで思っていたりする。
 
僕自身、仕事については
「子どもが生まれる前のパフォーマンス(ボーダーライン)にもどすのに必死!」
みたいに思っていました。
でも「子どもが生まれる前の自分ってそんなにハイパフォーマーだったの?」って素朴な疑問に対して、
「いや、お前が思ってるほど大したパフォーマーじゃなかったぜ!?」って脳内ツッコミが炸裂します。
 
 
だったら、そもそも目指すポイントが「子どもが生まれる前の自分が出していたパフォーマンス」なんて小さすぎて恥ずかしい。
 
「子どもが生まれる前はもっと遅くまで仕事できてたのに」
「土日だって関係なく働けていたのに」
 
って言い訳は、つまり過去の自分の方が凄かった、って言ってるようなもんです。
オリラジじゃないけど、武勇伝語って悦に入ってるようなもんだった。
 
 
「不眠不休で働いて評価される、その位置でいいんですか?」
「休みをきちんと取り、家族と過ごす。そのうえであなたのポジションを侵さないレベルのパフォーマンスを、仕事の時間にすればいいだけでしょう?」と。打席を減らして打率を維持せよ、と言われているわけですね。
 *1

 

 
まさに、打席を減らして打率を維持せよ。です。
なんなら打率は上げるくらいのつもりが必要。
 
この両方目指すを真剣に取り組むことが、これからのパパに求められることだし、ぼく自身が目指したいこと。
時間をメチャクチャに24時間使いきるんじゃなくて、「働きすぎなくても、しっかりした成果を出す」に真剣に向き合うことです。
 
 
家事育児の時間、家族との時間と言う大きな時間的約束が、ぼくの管理の及ばぬ所に入ってきました。
その、ある意味での制約があるからこそ産前のパフォーマンスなんてもんじゃない、量に頼らない質の出し方に向き合えるんじゃないかと思います。
 
限られた時間の中で成果を上げるってやっぱり難しい(時間があったって難しいのに( ;∀;))。
だけど、どうせなら時間をかけないで圧倒的な成果を出すってことを目指した方が、自分にとっても家族にとっても楽しいことなんじゃないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベント紹介!!
子育て家庭の模様替え講座が開催♪
自宅の間取り図を持って、一緒に家のゾーニングを考えるワークショップです。
子育て家庭のモヨウ替えを一緒に考える人気講座です♪

peatix.com


――――――――――――――――
自宅間取り図で考える!子育て家庭の模様替え☆
――――――――――――――――

【開催日】2016年5月21日(土)10:00-12:00

【場 所】In the Rough
JR中央線西荻窪駅より徒歩8分のシェアスペース

【定 員】6組
・講座は赤ちゃん~小学校低学年程度のお子様がいる家庭をベースとした内容です
・ご夫婦、単身、いずれのご参加でも結構です
・お子様同伴可能ですが、託児サービスはございません
※3名以上のお子様同伴希望の方は予めご相談ください

【参加費】1組2,000円
※交流会参加ご希望の方は軽食代+500円頂戴いたします。

【持ち物】
・ご自宅間取り図のコピー2部
・筆記具(鉛筆か、消せるボールペンがお勧めです)

【プログラム】
*おうちのお悩みあるある、その原因と解決方法
*模様替えを成功させるためのポイント
*間取り図を使って考える自宅の模様替え計画
*tadaima!メンバーによる個別アドバイス

********************************************
プログラム提供:NPO法人tadaima
********************************************
www.facebook.com/npotadaima
http://npotadaima.com/
代表:三木智有
事務局:藤井 忍

家事をもっと夫婦で、家族でシェアして家族ごとにしよう
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたい家
そんな家であふれた社会にしよう。
そういった思いで現在以下の事業を運営しています。

■パパ向け:家事シェアについての講演講座
■ご夫婦向け:家事模様替えコンサルティング
■親子向け:家事教育体験プログラム
――――――――――――――――
みなさまのお申込み、お待ちしております★

*1:日経DUAL 「よく稼ぎ、よく休む」これぞよき夫

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)