父親ならではのスペシャリティなんていらない!?

f:id:tadaima_miki:20160502224100j:plain


きょうの家族言

ごはんを食べながら、アッチコッチに投げまくる娘さん。
保育園の先生に妻が「保育園でも食べ物投げますか?」と聞いてみたところ、
「投げたりはしないですね〜」と笑顔の解答。
家ではあんなに大はしゃぎしては、ぶん投げるくせに!!!
まぁ、じっくり付き合っていきますわ。。。
 
 
お父さんの役割って遊ぶことか!?
「父親って、土日くらいしか子どもと接することができないから、
その時に楽しく子どもと接せられるように、たくさん遊びを知っているといいと思います」
 
なんてことを先日聞きました。
確かに平日仕事で忙しかったりすると、土日しか子どもたちと接することはできないかもしれません。
 
そんな時にお母さんが知らない面白い遊びを、お父さんがたくさん知っていたら子どもからの株は急上昇です。
たくさん子どもたちと楽しそうに遊んでくれていれば、妻からの評価だってうなぎのぼりかもしれない。
 
それは、間違っていないと思う。
その時は「なるほどなぁ」なんて思って聞いていましたが、なんだか少し違和感がある。
 
その違和感は「お父さんだから特別な遊びを知っている必要があるのか?」と言うこと。
「普段から早く帰るようにして、子どもと接していたり、家事していれば特別な遊びなんか知らなくたって
家族間のコミュニケーションは充分とれるんじゃないか」と言う正論は一旦置いて考えたいと思います。
 
 
この「特別(楽しい)遊びを知っていること」が評価されるのはお父さんの役割が
「子どもと楽しく遊んでくれること」に特化している場合じゃないかと思いました。
 
もちろん、特別な遊びや楽しい遊びを知っていることは父親だろうと母親だろうと素敵なことだと思います。
だけど優先順位としてそれが最優先になってしまったら、それは違うんじゃないかと思うのです。
あくまでも日々の関わりがある、その上でさらに面白い遊びがあるって言うのが大切。
だからこそ、お父さんはその特別な遊びだけにならないように気をつけないと行けないんです。
 
 
父親の役割として「キャッチボール」をはじめとする「スポーツ系」に偏ってしまうのは、
母親が苦手だったりできないことを一生懸命探してた結果なんじゃないかと思います。
でも、別に母親と同じことだっていいんじゃないかな。
料理だってそう。「パパのごはんはいっつも豪華!」みたいなことだけが、本当に大切なんだろうか?
 
 
たぶん、土日くらいしか関わる時間がないし、母親と同じことをやっていても家族から喜んでもらえないって思ってしまうのかなぁと感じるんです。
だから短時間で高評価を得られるような「父親ならではのスペシャリティ」を求めるようになるのかと。
 
 
「父親ならではのスペシャリティ」なんかなくたって、妻がやっていることを一緒にやったりサポートしたりすることだけでも
充分に父親の役割を果たしていることになると思います。

イベント紹介!!
子育て家庭の模様替え講座が開催♪
自宅の間取り図を持って、一緒に家のゾーニングを考えるワークショップです。
子育て家庭のモヨウ替えを一緒に考える人気講座です♪

peatix.com

――――――――――――――――
自宅間取り図で考える!子育て家庭の模様替え☆
――――――――――――――――

【開催日】2016年5月21日(土)10:00-12:00

【場 所】In the Rough
JR中央線西荻窪駅より徒歩8分のシェアスペース

【定 員】6組
・講座は赤ちゃん~小学校低学年程度のお子様がいる家庭をベースとした内容です
・ご夫婦、単身、いずれのご参加でも結構です
・お子様同伴可能ですが、託児サービスはございません
※3名以上のお子様同伴希望の方は予めご相談ください

【参加費】1組2,000円
※交流会参加ご希望の方は軽食代+500円頂戴いたします。

【持ち物】
・ご自宅間取り図のコピー2部
・筆記具(鉛筆か、消せるボールペンがお勧めです)

【プログラム】
*おうちのお悩みあるある、その原因と解決方法
*模様替えを成功させるためのポイント
*間取り図を使って考える自宅の模様替え計画
*tadaima!メンバーによる個別アドバイス

********************************************
プログラム提供:NPO法人tadaima
********************************************
www.facebook.com/npotadaima
http://npotadaima.com/
代表:三木智有
事務局:藤井 忍

家事をもっと夫婦で、家族でシェアして家族ごとにしよう
10年後、20年後も「ただいま!」って帰りたい家
そんな家であふれた社会にしよう。
そういった思いで現在以下の事業を運営しています。

■パパ向け:家事シェアについての講演講座
■ご夫婦向け:家事模様替えコンサルティング
■親子向け:家事教育体験プログラム
――――――――――――――――
みなさまのお申込み、お待ちしております★

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)