趣味が合わない夫婦。お互いの時間を尊重し合うことの大切さ。

f:id:tadaima_miki:20160328234649j:plain

妻が最近ハマっているNEWS(ジャニーズ)。
うちの車にもアルバムが最近録音されました。
アイドルには全く興味がなかった僕ですが、TVなどを一緒に見たりするうちにNEWSの4人の事に結構詳しくなりました。
そして、ここ何日間か車でずーっと移動しながら、NEWSのアルバムを聞いていたら。
なんと4人の声を聞き分けることができるようになりました。
そして、今目の前で妻はNEWSのライブに持っていくウチワをセッセと作っています。
全く趣味があわない夫婦ですが、お互いの趣味を否定することなく、仲良くやっています。
むしろこの趣味が全く合わないってのが、仲良くやれているわが家なりの秘訣なのではないかとすら思います。

趣味が合わない夫婦

趣味の世界って微妙で、大好きな事を否定されると誰しもムカッとしてしまったりします。
なのに、自分に理解のできない趣味や世界観を相手が持っていると、なぜか否定してしまいがち。
興味のない人から見ればたとえ無駄に思えるような物にしたって、本人にとっては宝物だったりします。
僕自身、以前は親しい人のマニアックな趣味に対して否定的な気持ちを抱いていたこともありました。
だけどそれって、自分にはない夢中になれる物を持っていることへの憧れや嫉妬の裏返しだったように思います。
自分にだって、それくらい夢中になれる物が欲しい。
だけど夢中になる物って、見つけようと思ってすぐに見つかるような物でもない。
だからそれに出会った人が羨ましかったんだと思います。
対して妻は、僕から見ると色んなことに興味を持って、それを好きになっているように見えます。
最近ハマっているNEWSもそのひとつ。

聞き流されても気にしない

そんな趣味が全く合わないわが家。
だけど、妻は僕が興味を持とうと持つまいと色々と話しをしています。
僕はそれを聞いていたり、聞き流していたり。
何しろ、基本的には興味がないのだから聞き流し率が上がってしまってもしかたありません。
でも、妻は僕に対して趣味の世界を強要しようとは一切しません。
夜にひとりでライブに行ったり、趣味の友達と一緒に遊びに行ったりして楽しんでいます。

適度に干渉しない距離感が大切

いろんな事を一緒にやりたいってご夫婦もいると思います。
全く別々で構わないんだってご夫婦だっているかもしれない。
この趣味を通じたお互いの関係の距離感って、夫婦の関係が現れているなぁと思います。
うちではお互いが、お互いの好きなことをなるべく楽しく話そうとしています。
それで相手が興味を持つかどうかは別にしても、楽しく話しをすることで、お互いの知らない世界を少し知ることができる。
ぼくはお陰でジャニーズ事情に少しだけ詳しくなりました。
NEWSの歌声だって聞き分けられます。
そうやって、お互いが仕事でも育児でもない。
自分にとって楽しみとなる何かを持っていて、それに時間をちゃんと使えることってすごく大切。

そんなお互いそれぞれの時間を、これからも尊重し合っていきたいと思います。

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)