妻の「どうするの?」は恐怖だ!?

f:id:tadaima_miki:20160323224234j:plain


きょうの家族言

ご飯を食べた後は、娘さんが一緒に雑巾がけをしてくれます。
机は届かないから、ストッケを拭いたり、床を拭いたり。
でも、ぼくが使っている台拭きを使いたがる。他の布巾を渡しても絶対に納得しません。
むつかしいお年ごろですね。
 
 
 
妻の「どうするの?」は恐怖だ

mama.bibeaute.com

夫の過労について書かれた上記の記事。
最初にこんなコメントが載っています。

「前提問題として、過労の夫に仕事を辞めさせたいのか、続けてほしいのかを夫任せにしている妻が多いです。夫婦2人の問題であるのに、妻に『どうするの?』と聞かれた夫はたまったものではありません」

仕事をどうするのかって言うのは、夫にとって大きな問題。
辞めたくても、社会的・家庭的・個人的な壁が立ちふさがってなかなか辞めることができない。
それこそ、心身をすり減らしながら働いている人も多い。
 
フェイスブックなんかを見たり、社会的に価値ある働き方をしたい!と心に決めて頑張っている人たちを見ていると(表向きは)とても充実しているように見えます。
たぶん、僕も外から見たらそう見えるんだと思います。(別にそうではないと言いたいのではなく、外から見える姿と自分で知り描く姿には誰しもギャップがあるよなと思うんです)
 
いずれにせよ、自分で納得をしながら充実して働いている人達は「仕事を辞めたい!」なんて、思っていないかもしれません。
でも、きっとそうして仕事の内容自体にやりがいを感じながら働いている人達ばかりでもないと思うんです。
 
 
社会に出ることへの恐怖
大学を出て、インテリアの専門学校も出てはじめて就職した大手家具メーカー。
早く社会に出て働きたいと、専門学校時代に思っていた僕はそこで働くことを本当に楽しみにしていました。
ですが、入った直後から鮮烈な上司のパワハラに。
灰皿が飛んで来る、仕事はカタログを眺めるだけ、会社からの外出禁止など。
僕自身、もうちょっとうまく対応できればな、とか教えられるのを待つばかりでなく自分からもっと動けたらな、とか思う部分もある。
ですが「こんな人の元で働く意味なんて一つもない!」と思った僕はたったの2ヶ月で退社。
 
退社を宣言し、辞表を出して会社に出勤することをボイコットしました。
なぜこんな事になってしまったのかと家でうなだれていたら、その上司から電話。
 
「会社に来い!」
「いかねーよ!」
 
という、社会人1年生のくせにクソ生意気な返事をして、その会社とは縁が切れました。
 
 
その経験からか、社会へ出ることへの恐怖心は僕の中に根強くあるように思います。
 
 
誰にも言えない
もう、10年以上も昔の話しなので笑い話としてこのような経験も話せますが、当事者でいる瞬間はなかなか誰にも相談できなかった。
それでも僕の場合「パワハラ」(当時はそんな言葉すら知らなかった)が原因なので、相談もしやすい状況だったかもしれません。
だけど、辛い状況が日常になってしまっていたり、いつの間にかその状況になってしまっている場合だと、それをなかなか言い出せないってこともあると思うのです。
 
まして男性は「弱音を吐くとカッコ悪い」「弱々しい自分の姿を家族に見られたくない」なんて思ってしまうかもしれない。
そうして、ようやく少しだけ言えた弱音に対して、
 
「どうするの?」
 
と、結論を一任されると結局は、
 
「どうもしないよ」
 
と、言ってしまいたくなる。
「俺が家族を守らなくちゃ」「俺が働いて、稼いでこなくちゃ!」
なんて思うことで、なんとか自分を奮いたたせるようなことだってあるかもしれない。
 
 
ママが働きたいんだって想いを叶えられる社会や家庭であると同時に、パパがちょっと休みたいんだって弱音を吐ける社会や家庭であることも大切なことなんじゃないかと思ったり。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 メディア掲載情報
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
≪AERA≫
はたらく夫婦カンケイ
三木宅にて行われた夫婦インタビュー。
ダイニングからキッチンを臨む
大きな写真つきで掲載されています。
インタビューは終始和やかに進んだものの、
写真撮影は大変照れくさかったようです。
 
?記事をチラ見せ!Facebookの投稿はこちら
 
≪conobie≫
 
もしもあなたが、家事育児をやるだけ裏目に出て
悔しい思いをしているパパだったら…
もしもあなたが、家事育児に関わるパパに
かえってイライラさせられるママだったら…
ぜひ読んでみてほしいコラムです。
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 おすすめ記事
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 

きれいを保ちたいあまりに泥棒に入られたわたしが最終的にたどり着いた方法

(よろづ家事がたり)
まめに掃除しなくてもキレイをキープできる
お風呂上がりのちょっとした習慣について書きました。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
本日22日は夫婦の日です
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 


【毎月22日は夫婦の日】パートナーへの「ありがとう」をウェーブでつなごう!
(Facebookイベントページ)

パートナーに感謝の言葉を伝えるきっかけに。
参加者がそれぞれの場所で参加できる、コミット型イベントです。
Facebookアカウントをお持ちの方、ぜひご参加ください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 イベント情報
 お近くで開催の講座にぜひご参加ください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
【満席】3/24(木) 10:30-12:00
東京都北区・子育てサロンほっこり~の
 
【満席】3/27(日) 13:30-16:00
東京都豊島区・Belle via Tokyo
 
*4/5(火)10:00-13:00【まもなく募集開始】
東京都新宿区・ワンキッチン(レンタルカフェスペース)
『洗い物までやります☆春のお弁当作り講座(KIDS家事PROJECT)』
詳細は今週オープンの予定。
 
*4/9(土) 13:30-15:30
栃木県宇都宮市・男女共同参画推進センター
『男性が家事する本当の理由』
宇都宮市在住在勤の男女対象の講座。講義ののちグループワークを行います。
 
*4/23(土) 13:30-16:30【まもなく募集開始】
東京都北区・子育てサロンほっこり~の
『夫婦で取り組む模様替え 家事を「シェア」しやすい住まいって?(仮)』
自宅の間取り図を使って考えるプチワークつき。夫婦で考える、お部屋の模様替え。子育て家庭のお部屋のお悩み、解決のヒントをレクチャーします。詳細は近日オープンの予定。

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)