一般家庭の家事時間。マニアックに計算したら◯時間だった!

f:id:tadaima_miki:20160304223500j:plain

娘さんの似顔絵です。

これはひどいです。
もう、宇宙人にしか見えません。
でも、愛情は充分にあることだけはわかって欲しいです。。。。
 
 
 
一般家庭の家事時間ってどんなもんだろう?頑張って計算してみた!
きょう、とあるメールのやり取りから一般家庭の家事時間について考えてみました。
よく言われることですが日本のパパの家事時間は、世界的に見て非常に短い。
 
なんとなくデータ上の時間っていうのは出ているのですが、それってあまり実感値の伴わない数字のような気がしてしまいます。
なので、思い切って一度家事時間を計算してみました。
 
家事時間って、家庭によっても人によっても、住んでいる地域や場所によってもかなり変わってきます。
例えば買い物。
 
都心部や駅近に住んでいる人なら、スーパーまで片道10分、往復でも20分で済むかもしれない。
でも地方で車で中心部まで買いに行ってるよって家庭だと(うちの実家なんかはまさに)片道30分、往復で60分かかるかもしれない。
 
もちろん、食洗機・ルンバ・全自動洗濯機など家電の有無の差もあります。
 
それだけ個別、地域別に差が大きいのにひとくくりにする意味はなんだろう?とも思いますが、何と比べるかは大事なのかなと思います。
この数字は、きっと他国や他地域、隣の家庭と比べるものではなく、家事ってものが家庭内でこれだけの時間日々費やされているんだって知るためのものだと思います。
 
 
いざ、計算!
まず家事は日々こなすものと、週単位で行うものがあると思います。
なのでここでは、日々こなす家事と、毎日ではない家事をわけて計算しています。
また、数字はだいたいの目安です。もっと短いケースもあれば、長いケースもあるとは思いますが。
自動家電(ルンバや食洗機)などは使用していません。
 
<日々こなす家事>
・朝食準備&片付け→40分
・お弁当作る&片付け→30分
・風呂掃除(お湯抜き〜掃除)→10分
・風呂準備→お湯はり、(自動でない場合の)気にかけている時間負担→15分
・夕食準備→40分
・食卓準備→5分
・夕食片付け→30分
・食後お茶出し、デザートなど準備→10分
・その片付け→10分
・その他簡単な片付けや雑家事→15分
 
合計→205分/1日
合計→1435分/7日
 
<毎日ではない家事>
・買い物(1クール)→70分
  ├買い物(往復と店内滞在時間)→60分
  ├買ってきたもの収納→10分
 
・掃除(日常的)→45分
 
・トイレ掃除・排水口掃除など日々の掃除機がけより少し丁寧な掃除→20分
 
・洗濯(1クール)→55分 
  ├洗濯(仕分けて、スイッチまで)→10分
  ├洗濯(干す)→15分
  ├洗濯(取り込み。たたむ・しまう)→30分
 
 
買い物が週3日。→210分
掃除が週3日プラス丁寧掃除が週1回。→155分
洗濯が子育て家庭とそうでない家庭で回す回数が随分違いますが週4回。→220分
 
上記「1日」と「毎日でない家事」を1周間で合計すると。
1435分(1日の7倍)+585分(毎日でない家事7日平均)=2020分
=33.7時間
1日平均=4.8時間
 
 
 
 
専業家庭であれば、もっと掃除の頻度は高いかもしれません。
子育て家庭であれば、保育園の準備、学校行事の準備、子どもにご飯を食べさせる、片付けるなどの時間が激増するでしょう。
でも、おおよそ最低でもこのくらいの時間は家庭内で家事が行われているのではないでしょうか。
 
 
 
以上、マニアックな計算をしてみました。

 

*【残僅か】3/24(木) 10:30-12:00
東京都北区・子育てサロンほっこり~の
自宅の間取り図を使って考えるプチワークつき。子育て家庭のお部屋のお悩み、解決のヒントをレクチャーします。
 
 
*4/23(土) 13:30-16:30
東京都北区・子育てサロンほっこり~の
『夫婦で取り組む模様替え 家事を「シェア」しやすい住まいって?(仮)』
夫婦で考える、お部屋の模様替え。詳細は近日オープンの予定。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)