思考のアウトプットまでの間にある「仮説」→「検証」の繰り返し。

f:id:tadaima_miki:20160219221524j:plain

ここの所、たまになかなか寝つかない娘さん。

そんな時、夫婦でこんな話しをします。
「娘が寝つかない時って、何かしら大きな成長をしている時だよね」と。
 
以前も、寝つかなかった夜の後に今までできなかったことができるようになったりしました。
今回もきっと、そうに違いないと、ふたりで励まし合います。
 
そして、娘が一晩ギャン泣きを繰り返してできるようになった新技が。
 
「いないいないばあっ!」
 
今まではカーテンに隠れたり、棚に隠れたりしながら自分でやっていたのですが、
今夜初めて、自分の手で自分の顔を隠して、「ばぁ!」。
「ばぁ!」って言う度に、ひとりで大爆笑の娘さん。
 
次は、どんな新技を身につけるのかね??
 
 
 
 
思考のアウトプットまでの間にある「仮説」→「検証」の繰り返し。
今朝は夫婦で朝ごはんを食べに出ました。
ふたりとも朝一のアポがない時など、たまに一緒に朝食を取りにでかけます。
デニーズとか、プロントとか、朝食をやっている時は近くのクルミドコーヒーなどへ。
 
そこで、ゆっくりと色んな話しをします。
コーヒーを飲みながら、ブチブチと。
 
 
 
今朝はこんなトピックスでした。
 
自分の頭にある事を人に伝えるには。
仕事を人にお願いする時、自分の見越した時間内で終わらないことがあります。
例えば資料作りをお願いした場合。
1時間で終わると思って、タスクをふっても、3時間かかってしまう時がある。
 
じゃあ、やってみたら思っていた以上に難しい仕事だったのか?
 
いや、決してそうでもない。
 
それでは、なぜそうなってしまうのか?
 
 
そんなテーマで話しをしていました。自分の頭の中のプロセスを改めて振り返りつつ、どうやったらその時間の差を埋められるのかを、色々と話し合ったんです。
そんな話しの中でぼくが思ったのは、自社でやっているおうち準備パックのサービスについて。
 
 
 
お客様との会話の中で必要なのは「仮説」→「検証」の繰り返し
お客様とのカウンセリングを通して、ぼく達はお部屋の模様替えの提案を行います。
その時に、何よりも重要なのがお客様との対話。
 
ぼくはこのカウンセリングの最中で、お部屋の配置替えプランは7割位、頭の中で完成させます。
もう少し丁寧に言うと、7割位完成するまで質問を繰り返します。
 
例えばお客様が「お部屋の中の圧迫感が気になるんです」と言った場合。
「圧迫感が気になる」で、メモを終えることはない。
 
部屋を見渡して(ソファの配置を代えたら圧迫感がなくなりそうだな)と仮説を立てる。
そして「ソファの配置ってコダワリとかありますか?」「ソファを買い換えるのって嫌ですか?」など確認します。
 
お客様がソファを動かすことに抵抗がなければ、ぼくのメモの中では、
 
「圧迫感が気になる」→「ソファの配置変更可」→「ソファを壁際に移動」
 
となる。
この段階で、提案プランの一部分が完成します。
そうすると、採寸を行う際にも「ソファが入るか?」「コンセントなど隠してしまわないか?」「動かしても問題ないか?」など要点を絞って採寸・現調を行うことができます。
 
無理そうだったら、改めて仮説を立てて、同じく検証する。
この繰り返し。
 
 
これを無意識に行っていたと言うことに、今朝妻と話しをしながら気が付きました。
思考のアウトプットまでの間に「仮説」→「検証」の繰り返しが無数にあったんです。
 
 
例えば部下や後輩が「圧迫感が気になる」と言う情報だけをメモして帰り、その解決策を家で図面とニラメッコしながらじっと考えたとする。そうするとやっぱりアウトプットまでに時間がかかります。
 
ここでぼくは不思議に思う「答えは現場にあるんじゃない?現場で考えなよ」って。
でも、それだけ伝えてもきっと解らない。なぜなら思考のプロセスを何も説明できていないから。
 
 
 
資料作りだったら?
例えば資料作りでも、打合せの最中にある程度アウトプットが見えている人と、そうでない人がいる。
アウトプットが見えている人は打合せの中で、足りない要素をもれなく聞き出します。
つまり、「仮説」を立てて「検証」する。
だから、打ち合わせ後の資料のイメージが大体出来てる。早い人だとWordなどである程度の体裁までできちゃってる。
 
 
職人の伝達は「仮説ストック」を増やすこと
でも、その思考プロセスがわかったからって、なかなか接客中や打ち合わせ中に思い通りにできるもんでもない。
先ほどの圧迫感の話しなら、そもそも「ソファを動かす」ことで「圧迫感が解消される」というのが仮説として出てこないといけない。
仮説が立たなければ、検証のしようもない。
たぶん職人的なスキルを持っている人って、その仮説のストックがメチャクチャ多いんです。
このストックは経験を積んだり、勉強したりしながら増やしていくしかない。
 
ひとつひとつ、仮説ストックが増えることで、打合せの精度って高まっていくんだろうなぁと。
 
 
 
 
朝っぱらから、夫婦でこんな話しを熱くしているんです(笑)
 
 
 
 
 
 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
参加者募集!親子参加講座
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 
 
 
3/12(土)10:00-13:00
 
会場:東京都町田市・みんなの古民家”Tokyo Heritage”
 
対象:子どもが5歳~8歳(保育園年長~小2位)のご家族
※テストプレイのため、5家族限定の小規模開催となります
 
料金:無料
 
講師:粂井優子先生(家事セラピスト)
協力:NPO法人イクメンクラブ

親子お掃除タイム、からの
父子でのおひるごはん作り(七輪も使います!)。
みんなでお片づけのあとは、
母子お話しタイム。
父親どうし、母親どうしで意見交換する場も
しっかり確保しています☆

**********参加申込方法**********

※テストプレイのため、5家族限定の小規模開催となります
 
【1】Facebookアカウントをお持ちの方
参加ボタンをポチっとしてください。
 
【2】Facebookアカウントをお持ちでない方
以下情報を添えてお申し込みください
 ・3/12テストプレイ講座申込
 ・参加ご家族のお名前と年齢(お子さまは学年も)
********************************

★━━━━━━━━━━━━━━━━━★

イベント情報
お近くで開催の講座にぜひご参加ください!
★━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
*3/12(土)、3/19(土)東京都中央区・区立女性センター「ブーケ21」
『パパの出番だ!産後のママケア&ハロー赤ちゃん☆講座(仮) 
プレパパ向け講座ですが、プレママのみ・夫婦参加もOKです。
 
*3/27(日) 13:30-16:30 東京都豊島区・Belle via Tokyo
『KIDS家事プロジェクト(テストプレイ) 親子で味噌づくり講座(仮)』 
詳細は今週中にオープンの予定

 

 
 
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)