子どもと2人で過ごすパパは絶対オススメ!セレオ八王子ボーネルンド キドキドに連れて行って良かった3つの理由!

f:id:tadaima_miki:20160212101520j:plain

寝落ちリターンズ。

昨夜もすっかり、スッキリ寝落ちしました。娘より早く寝たんじゃないか!?
 

f:id:tadaima_miki:20160212101602j:plain

昨日は妻が、カカオからチョコをつくると言うワークショップへお出かけ!
来たるべくバレンタインデーに向けて、チョコをつくって来てくれたんです。
と、言うことで娘と2人でお留守番。
家で過ごして、近所の公園にお散歩行こうかと思っていたのですが、せっかくの若いレディと2人きりで過ごすチャンス(笑)
ここはバシッとデートを決めて、2人の関係をより深めようじゃないかと思ったわけです。
 
そして、色々探った結果今回デート先に選んだのは八王子セレオ内にあるボーネルンド。
以前、別の所にあるボーネルンドには行ったことがあったのですが、電車で行きやすいので昨日は八王子へ。
 
 
 
ボーネルンド キドキドにわざわざ連れて行ったワケ>その1
めいっぱい遊んで、お互いにとって極上のお昼寝タイムを過ごす!
家で子どもとふたりでいても、何をしていいのかわからない、退屈だーってパパさん。
イライラの原因の大半を占めるのが”思い通りにならないもどかしさ”。
 
家にいると、色んなことをしたくなってしまう。
本を読んだり、仕事したくなったり。
でも、0歳や1歳の子どもといると(もっと大きくてもだと思うけど)全然自分の思い通りに過ごすなんてできない。
もちろん絵本を読んで過ごすのも、楽しい時間。
だけど2〜30回も読むと、もはや読経のようです。悟りがひらけるんじゃないかって勢いです。
ルルちゃんのくつしたは何回探しても絶対に出てこないのです)
 
 
やっぱり、たまの休みだと自分の欲も出てきちゃうのが本音で、娘と向き合う時間の合間でもいいから、自分の時間だって欲しい。
娘がひとりで遊んでいる合間にチョコっと本読んだり、チョコっとPCいじったり。
すると「抱っこしろ〜」ってやってくる。
 
だからそんなスキマ時間を一生懸命使うんじゃなくて、午後のお昼寝に向けて全力で遊ぶ!
めいっぱい疲れさせて2時間バッチリお昼寝してもらう。
 
 

f:id:tadaima_miki:20160212101710j:plain

ボーネルンド キドキドにわざわざ連れて行ったワケ>その2
お出かけハードルが低いって大事!
そんなわけで、レッツお出かけ。
とは言え、あんまり遠くは面倒くさい。特に子どもとのお出かけに不慣れだったりすると移動だけでもうグッタリ。
そこでパパが子どもとお出かけするのに大事だなって思ったポイントがこちら。
 
●ママばっかりの空間じゃない。
●駅チカで子連れで遊べる。
 
まだまだ子連れで行ける場所って”ママと子ども”の場所が多い。
ただでさえ、めったにない子どもとのデートでドキドキしているパパにとっては、ハードルが高い。
初めてのデートで、初めてのフレンチ行って、ソワソワしちゃったような気持ちになる。
だったら、パパもいるところの方が安心。
ボーネルンドの特徴は、パパが結構いること。ショッピングモールとかに入っているので、ママが買い物をしてそのお留守番でパパと子どもがいたりするんです。
 
 
ボーネルンド キドキドってなに?
ってパパさんはコチラをご覧くださいませ。

kidokid.bornelund.co.jp

簡単に言うと、子どもが自由に遊べる空間と、オモチャやアスレチック(?)がたくさん揃った室内プレイパーク。
子どもは普段家ではできない、たくさんの遊びに触れて、楽しんだり学んだり、色んな経験ができるんです。
 
日本全国色んな所にあるのですが、セレオ八王子は駅ビル内にあるので、アクセスがめっちゃいい。
中央線沿線に住んでいる人なら一本で行けて、駅を出たらすぐ到着です。
移動のハードルが低くなると、行ってみようって気持ちにもなりやすい。
 
 
 
ボーネルンド キドキドにわざわざ連れて行ったワケ>その3
セレオ八王子がそもそも過ごしやすい!
お昼時になったらごはんを食べさせなくちゃいけない。
何か(おしりふき、手口拭き、子どものお弁当などなど)忘れた!ってことだってあるかもしれない。
大丈夫!セレオ八王子にはキドキドの1個上の階(7F)に赤ちゃんホンポがあります。
忘れ物、何だって揃います。
ぼくも昨日、エプロン忘れてしまったのですが無事紙エプロンを購入。
 
そして、その赤ちゃんホンポのある階にベビー休憩室があります。
ここがあることで、わざわざセレオ八王子のボーネルンドに来る価値が圧倒的に高まる。
 
ボーネルンド内は基本的には飲食禁止。飲み物は飲める場所もあるんですが、ごはんは食べられない。
授乳室はあるけど、パパ単独で入るのはさすがに気が引ける。(気が引けるとかじゃなくてダメかもしれない)
 
そんなわけでお腹が空いたらベビー休憩室へ。
机も椅子も、もちろん子ども用の椅子だってあります。
さらに、ミルクようのお湯だってある。
食べるものやミルクを忘れたって、隣には赤ちゃん本舗がある。
 
安心して一緒にごはんが食べられます。
昨日はぼくは家に帰ってごはんを食べるつもりだったので、娘の分しか持って行ってなかったけど、セレオの地下にあるスーパーで自分のお弁当も買えばよかったって思いました。
次からはそうしよう!
 
 
 
 
結局至極の2時間を過ごすことができたのか!?
そんなわけで、楽しいデートを過ごし、ベビー休憩室で娘がお弁当を食べている時、もうすでに眠そうな娘さん。
ちょっとロフトによりたかったので、食事の後抱っこしてロフトへ行ったらもう爆睡。
お昼寝ゴールデンタイムのスタートです。
 
ロフトで買い物して、移動の電車で本読んで、帰ってご飯食べて、なんてやっていたら娘さんお目覚め。
これからPC開いて、なんて思っていた矢先のお目覚めでした。
家帰ってから眠ってくれたらベストだったのになー!!!
 
でも、最高に楽しいデートができたので良しとします。
 
また行こうね!
 
 
 
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)