娘の成長、今と昔と未来。

f:id:tadaima_miki:20160128225145j:plain

子どもって日に日に、小さな、そして大きな成長をしている。

 
今日は「走るのが早くなった娘」にであった。
ちょっと前に「小走りしている風な娘」にであったばかりだったのに。
 
そのうち「しゃべる娘」にもであうんだろう。
つい最近「”うんッ!”って言いながら意思を伝える娘」に喜んだばかりなのに。
 
そしたらいつか「反抗する娘」とのであいがあるんだろう。
いまはまだ「自分からギュッてしてくれる娘」にキュンキュンしているけど。
 
 
 
こうして、子どもの成長を毎日毎日目の当たりにしていると、
子どもの吸収する力の凄さにビックリします。
そのうち、ぼくの言った言葉や、態度が色んな形で娘に影響をおよぼすんだろうなぁと思ったりします。
 
 
自分がまだ小さかった頃。
親の言った言葉や、先生が言ってくれた言葉、友達が言ってくれた言葉。
それぞれ印象に残っていて、いまだに自分自身に影響を与えてくれている言葉ってある。
 
例えば、ぼくは小さい頃から「優しい子」と言われ続けて育ってきました。
学生の頃、そう言われるのが嫌で反発していた時もあったけど、どうやらぼくは「優しい」と言うことが自分の価値観の根源になっているといまでも感じます。
 
また、中学生の頃。
学校の先生に「笑顔だけじゃ世の中渡っていけないよ」と言われたこともありました。
なにか失敗しても、ニコニコしてごまかしていたんだろうと思います。
この言葉もすごく残っていて、逆に笑顔を目一杯使って世の中渡ってやろうって思っていたりします。
 
そして、小学校の頃。
数少ないぼくが大好きだった友人。同級生だったのに兄貴みたいな存在でアンちゃんって呼んでた。
そのアンちゃんが「寒くなったら腹に力入れるんだ。そうしたら暖かくなるから」って教えてくれた。
それ以来、いまだにぼくは寒くなったらお腹に力を入れる。
言うほど温かくなる感じはない。。。少し疲れるくらいです。
 
 
明日は東京はめっちゃくちゃ寒いらしい。また雪がふるかもしれません。
腹に力を入れて、のり切ろうと思います。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)