NPO法人マドレボニータのワーキングマザーサミットで登壇!改めて考えたパートナーシップとは!?

f:id:tadaima_miki:20160123215547j:plain

いよいよ明日から、徳島出張&旅行です。
が、数十年に一度の寒波が来ていると言うじゃありませんか。
果たして、徳島講演は実施されるのか!?
 
 
 
ワーキングマザーサミットでの熱いひととき
今日はNPO法人マドレボニータがNECと協働で行っているプロジェクト。
ワーキングマザーサミットに、なんと夫婦で一緒に登壇してきました。
 
ワーキングマザーサミットは、マドレボニータが全国で行っているワーキングマザーサロンの1年に1度の集大成。
なんと今回で7回目になります。
 
※詳細はこちらをご覧下さい。
 
今回はパートナーシップということも、大きなテーマになっており、夫婦で登壇させていただくことになった次第です。
サミットのプログラムは以下。(※HPより抜粋)
 
プログラム:
第1部:プレゼンテーション
「NECワーキングマザーサロンの取組みから見えてきたこと」
プレゼンター:吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ 代表)、NECワーキングマザーサロン2015進行役
.
第2部:テーマトーク
「父・母となって働くこと。私たちのリアルと未来」
ゲスト:三木智有さん(NPO法人tadaima! 代表)、堀江由香里さん(NPO法人Arrow Arrow 代表)
コーディネーター:吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ 代表)
.
第3部:シェアリング
「私たちの“人生・仕事・パートナーシップ”を語り合おう」
コーディネーター:吉岡マコ(NPO法人マドレボニータ 代表)
 
 
イベント自体が熱く大きな盛り上がりを見せてくれました。
マドレ代表のマコさんも何度も繰り返していましたが、話すことのできる場があることの力強さを感じる3時間だったです。
特に、最後のシェアリングタイム。
この中で参加者が何人か、シェアリングの感想を発表したのですが、パートナーへの決意を新たにし涙してしまう場面まで。
なかなか、こういったイベントでそこまで感情を露わにできるってないと思うのですが、マドレのイベントの凄い所はまさに感情までも顕にさせてしまう所なのかもしれません。
 
 
イベントの中で大きなテーマになっていたパートナーシップ。
その中で、個人的にとても気になるエピソードがありました。
そのエピソードと共に、改めてパートナーシップについて考えてみたいと思います。
 
 
パートナーシップってなんだろうな?
どんな夫婦であっても、夫婦共に良好な関係を築いていきたいと思っているはず。
なのに、家事シェアの問題でも、産後の問題でも必ず返ってくるのは夫婦のパートナーシップのこと。
今日の第一部で昨年1年間のサロン振り返りがありました。
その中でサロン参加者のエピソードでこんな言葉が。
 
「(家事)分担だけじゃ足りない」
 
この方は家事を夫婦で一生懸命分担しており、夫もけっこうちゃんと家事を頑張ってくれている。
それなのに、なんだか不満が拭い切れない。。。
そんな想いに対して出したひとつの答えが「責任のシェアをしたかったんだ」ってこと。
ただ、家事の負担を分担したって決して満足にはならないんです。
 
 
この話しを聞いていて、すごく深く頷いてしまいました。
もう、まさに家事シェアの話しそのものだったから。
 
この話しのポイントは2つあるんじゃないかと思います。
ひとつは、家事分担では不満は解消されない。ということ。
ふたつめは、責任のシェアをしたかったんだ。ということ。
 
これをしっかり言語化できていることが、サロンの、そしてシェアリングの凄さだなと思うわけです。
 
 
家事分担についての不満って(特にパートナーへの期待があるうちは)、家事負担の軽減が本当の目的でない場合が多いんです。
でも、それを言語化することがなかなかできない。
だから、すごくわかりやすい「家事をもう少し一緒にやってほしい」「わたしばっかりが家事やってて辛い」って不満に繋がっていきます。
これって言わば肩こりみたいなものです。
 
肩こりも、原因は直接肩にないことが多い。実は腰だったり背中だったり他の箇所に”トリガーポイント”と言う本当にダメージを受けている箇所があったりします。
そうした場合、いくら肩を揉んでも肩こりは治らない。
そのかわり腰を治療したらスッと肩こりが楽になったりもします。
 
それと同じで、パートナーといくら家事分担をがんばっても、相手のアラが目につくばっかりでやれどもやれども楽にならない。
家事分担がうまくいかない夫婦にはそんな悩みがあるケースも。
なので、家事分担で言う所のトリガーポイントを見つけなくちゃいけない。
 
 
そのトリガーポイントになるのが責任のシェアだったりします。または気持ちのシェア。
もちろん家事も大変なんだけど、パートナーにとってその家事が「自分事」になってくれていないことにこそ苛立ちが募るんです。
 
 
「結局、家事のこと考えたり、判断したりするのは全部ワタシかい!」
 
ってのが、イライラしちゃうんです。
だから、例えゴミ捨てでも、食器洗いでも、小さなことでもいいから夫の責任のもと、夫が家事の担い手になってくれると
妻の気持ちはグッと楽になったりします。
 
 
不満の本当のポイントがなんなのかを、自分自身でまずは知ること。そしてそれを的確にパートナーに伝えること。
パートナーシップってもしかしたら、そんな内省からはじまるのかもしれないなぁと思いました。

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)