保育園と家事と仕事の両立!食材の宅配を使いこなせ!!!〜前篇 僕は何を求めて宅配を検討するのか〜

f:id:tadaima_miki:20151028144612j:plain

以前、食材の宅配サービス考察、と言うことで色々と検討をしていました。

 

blog.npotadaima.com

 
この時は結局定期利用にはいたらず、引き続きスーパーへ買い物へ。
あれから半年。保育園の入園やわが家の日常スタイルの確立により再び宅配サービスを検討し始めました。

長蛇のレジ地獄を攻略できるか!?
娘の成長と共に変化していたわが家の生活リズム。
ここ最近は保育園が日中の時間をガッチリサポートしてくれるのでだいたい安定しています。

とは言え、とにかく忙しいのがお迎えがはじまる6時から、寝かしつけが終わる9時までの3時間。

うちは(通常は)妻がお迎えに行き、その間に僕が晩ごはんの仕度をしています。
5時過ぎに渋谷のオフィスを出て、自宅最寄り駅に着くのが6時頃。
そこからスーパーで買い物。
所が、この時間混むんですよね、スーパー。

帰りの電車の中でだいたいのメニューを考えて、買う物決めて最短で食材をカゴに詰め込んで、うまくいくとそのままレジへ。だけど、だいたい6時15分を過ぎるとレジに人が並びだす。つまり、駅についてからレジまでの10分〜15分が勝負。
電車が遅れたり、オフィス出るのが少し遅れると長蛇のレジ地獄なんです。

このレジ地獄をうまくすり抜けられると、家につくのが6時20分くらい。
そこから娘の離乳食を温めて、妻が食べさせてくれている間に、大人の晩ごはん作り。

45〜50分くらいに大人晩ごはんができて、食べ始めます。
最近は僕達が食べている間ひとりで楽しそうに遊んでいる娘。でもちょっと前まではひとりで遊んでいられる時間が短かったからぼく達は交互に食べていた。

食べ終わったら、僕は娘とのラブラブタイム。
その間妻は食器を洗って、お風呂の準備。
僕が娘と一緒にお風呂に入って、娘を妻に受け取ってもらって、着替えさせる。
そうしたら僕が寝かしつけして、その間に妻がお風呂タイム。

だいたいそんな感じ。
もちろん、僕が遅くなる時や夜いないときもあるし、その逆もある。

そんな時は2馬力で普段まわせていることの楽ちんさが身にしみるわけですが。
今回は2馬力だと楽ちん!って事がいいたいのではなく、2馬力でやっていても買い物がだんだん負担になってきたと言うことです。

宅配にしたいと思った2つの理由!

■理由①
買い物タスクを、どこか別の時間にシフトしたいから!
まず、わが家の最優先事項は娘の寝る時間。
とにかく、娘が規則正しく寝て、起きてくれることが何よりも大事なんです。
この1年。わが家でとにかく気をつけてきたのは、この娘の睡眠に関してがすべてだったようなものです。

なぜか?

僕達夫婦の身体と気持ちの余裕。何があっても、対処できるようになるためにはそれが大事。そして、夫婦の身体と気持ちの余裕は僕たちの睡眠の確保が要。

つまり、娘ができるだけちゃんと夜寝てくれる、これこそがわが家の平和の秘訣だろうと思ったわけです。

だからこそ、この1年間なんとしても寝かしつけの時間を再優先にしてきました。(もちろん、遅くなっちゃったりする日もあるんですけど)
それは、まだしばらくは変わらないと思うのです。

となると、買い物の時間を減らしたい。もしくはこの6〜9時の時間にそのタスクを入れたくないんです。

■理由②
家計コスト削減したいから!
もうひとつはコスト面。
家計簿アプリで食材費とかを記録しているんですが、少し節約したい。
問題はいくら使っているか、というよりも「節約したいな〜」と思っているのにちっとも節約できていないことなんです。
外食が増えたりすると変動するんですが、だいたい食材費で3万円くらい。ちょっと贅沢したり、忙しくてお惣菜率が上がったりすると4万円くらい。

お昼にお弁当を作れない日がつづいたり、夜外食が続いたりするとプラス外食費になるので、なかなかな金額に。

外食含め、僕の食費をいまより1万円削減しようと思うとランチお弁当率を上げるのが一番いい。
お弁当を作る時に困るのは「あ、材料が微妙。。。」って時。
だいたい、上記のように大慌てで買い物をするので数日先を見越した買い物があんまりできていないのが現実。

そこで、メニューから食材購入まである程度計画的にすることで、お弁当作りへの強制力も高まるのではないかと思うわけです。

数ある宅配サービス。どこが一番自分に合ってるか!?
前回、考察した際にも課題になっていたのが「本当に節約できるの!?」と言うコスト面。
結局、宅配サービスの食材って質良し、値段ちょい高め。ってイメージ。
そうなると、コスト削減を掲げている身としては心理的に移行しづらい。

上記のように、「ランチ外食を減らす」事が「コスト削減」なのであれば、食材費の若干の高騰くらいはまかなえるかもしれない。
でも!どうせなら経費もほぼ今まで通りで、なんならそこだって「安くなっちゃたね!」と行きたいものである。

とは言え、質は全くなんでもいいかというとそこだって今と同じくらいは担保したい。
そんなワガママ消費者心理を満たせるのはどこか!?

次回は、いま検討している宅配サービスと使い勝手をご紹介します。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)