父親になって変わる家族のための家事意識を伝える〜パパ家事の学校〜

f:id:tadaima_miki:20150717221354j:plain

■父親になって変わってきた自分の家事感
父親になって、独身時代やDINKS時代とは家事へのあり方や考え方が変わって来たように思います。
家事に求めるものも、家事を通して得たい効果も違う。
行っている家事の内容が違う、と言うよりは”時間の使い方”と”取り組む意味”が変わってきた感じ。そしてそれらは”親ならではの家庭へのコミットの仕方”に繋がるように思います。
 
そうした自分の中での変化を感じるにあたり、「男性向け」の家事と「パパ向け」の家事ってもしかしたら随分と違うんじゃないかと考えるようになりました。
やる内容が劇的に変わるわけではないのですが、求められる家事の意味が違ってくると言うか。
 
例えば、体調管理への危機感。
先日僕が風邪をひいてダウンしてしまいました。そうなると、普段夫婦で助けあいながらできていた娘のお風呂、寝かしつけやあやしたりなどが全然できないと言う状況に。僕がダウンしている間は妻がその責任を一手に担ってくれるのですが、もうひとつ気がかりなのがこの風邪が家族中に広まってしまうこと。
残念ながら娘に伝染り、いままた妻もダウンしてしまいましたが、僕が回復する前に妻に伝染ってしまっていたらと思うとゾッとします。
 
この風邪などの体調不良の負のサイクルは、子育て世帯にとってはよく聞くあるあるで、じっくり休もうと思っていても赤ちゃんがいたりするとゆっくりと休めなかったりします。そうするとどうしても回復も遅くなるし、家族に広まる可能性も高くなる。
 
つまり、体調不良は最善をつくして最短で回復に持っていく必要が高くなります。
もしパパが風邪を引いてしまったら、ママが栄養のあるごはんをちゃんと準備してくれたり、子どもの相手も全部やってくれるケースはあるかと思う。
でも、もしママが風邪を引いてしまったら、パパは風邪に効果的なごはんを作ったり、子どもの面倒を一手に引き受けることはできるでしょうか。
 
ゆっくりと養生してもらい、最短で回復してもらわないと困るのに、そのための戦力になれない。これは子どもの有無によって”負担感”が大きく変わる部分だと思います。
 
 
ここで必要とされるのは、例えば身体に優しいごはんを作るスキル。子どもの保育園の準備、着替え等の場所の共有。
いざと言う時の備えなので、今すぐに共有しておいた方がいい。
 
もちろん、父親だけでなくすべての人にとって家事のスキルは大切です。ですが、父親になることでその必要の緊急度がグッと上がると感じました。
 
 
■パパ家事の学校で伝えたい事
こうした自分自身の変化を踏まえ、パパだからこそ本当に必要な家事のスキルってなんだろうかと考えました。
パパに向けて、パパの目線で作った家事講座。それがパパ家事の学校です。
 
父親になって求められる家事は「家族のために行う家事」。
先の風邪を引いた話であれば、なにもパパ自身が雑炊を作れることが本当に重要なわけではないのです。体調不良の妻をいかにして回復させるか、こそが大事。そのために必要なのが「健康的食事」と「気持ちを落ち着けて安心して休める時間の確保」であればそのために何をするかを考えることができる、そのことが大切だと思うのです。
 
そしてもうひとつ、パパであると言うことはこどもがいると言うことです。
お子さんが男の子でも女の子でも、きっと彼らが大人になる頃には家事を夫婦や家族でシェアするのは当たり前の社会になっているでしょう。
その時に、父親である自分は子ども達にどのような姿を見せてあげられているだろうか、と考えるようになりました。
家の中でみんなが当たり前に家事に取り組んでいる姿は、こどもにとっても、それが当たり前のことだという意識を育むのだと思います。
親として、こどもと共にどうやって家事に取り組めばいいのか。
パパ家事の学校では、こども目線で一緒にどうやって家事をやればいいのかも一緒に考えていきます。
 
 
パパだろうとママだろうと、家事育児に取り組むのは当たり前のこと。
でも、そのやり方は家によって様々。こだわりもあれば、育ってきた環境による習慣もある。
だけど、本当に大切なことってそんなに多くないんじゃないかと思うのです。
 
なのに、その大切なことって見失いがちだし、誰かが教えてくれることでもありません。
 
だからこそパパ家事の学校では家族のために行う家事について、それぞれの専門家であるプロ講師から学ぶ場にしました。
 
 

f:id:tadaima_miki:20150717221349j:plain

■パパ家事の学校で学べる事
■家事シェア・・・なんで家事って大切なのかな?家事を通して子どもに伝えられることってあるかな?家事シェアの基本、オトコ的時短家事を学ぶ!
■掃除・・・掃除の基本。プロから見た、ちゃちゃっとスキマ時間で掃除ができるコツなど。
■洗濯・・・洗濯のために事前に準備しておいたほうがいい事って知ってますか?洗濯についての基本的な知識など。
■料理・・・パパになったら、自分のための趣味料理はNG!家族のため、皆が笑顔になるパパ料理。
■子どもとの家事・・・自分が子ども時代、いったいどんな気持ちで家事に取り組んでいましたか?子どもの気持ちになって、子どもと一緒に家事を楽しむコツ
■夫婦コミュニケーション・・・家事やっても、あんまり喜んでもらえない。きついダメ出しもらっちゃう。それってパパの家事スキルが低いことが原因じゃなくてコミュニケーションのすれ違いが原因かも!?家事を円滑にする夫婦コミュニケーション。
 
初回となる今回はそれぞれの授業で、素敵なプロ講師に声をかけました。
プロ講師の情報は後日公開しますが、他では絶対に受けられない、豪華講師陣を迎えた独自のパパ向けカリキュラムとなっています。
 
自分たちの家族のために家事について改めて学ぶ場になるだけでなく、この学校を卒業したパパが地域のこども達や同じパパ達に家事が家族の”ただいま!”をどれだけ生み出すことができるかを伝える人になれる。そんな場も準備していきたいと考えています。
 
パパに向けて、パパの目線で作った家事講座。
パパ家事の学校、ぜひ応援よろしくお願いします!!!
 
ーーーーーー
☆パパ家事の学校・公開授業☆
※10月の本講座開校に向けての講演会&説明会
 
【開催日時】
2015年8月23日(日)
10:30~12:15(受付開始:10:00)

【プログラム】
1.特別講義:おおたとしまさ氏
2.パパ家事ラボ:特別ゲストを迎えてのトークセッション
3.パパ家事の学校ご案内、校長挨拶

【会場】
日本財団ビル
東京都港区赤坂1丁目2番2号

【託児】
託児室のご用意はございませんが、会場は広くなっておりますのでお子様連れでぜひお越しください。子ども達と力いっぱい遊べる元気なスタッフも子ども達に会えるのを楽しみにしています!

【参加費】
当日精算:1,000円(1名)
ネットから事前チケット購入:800円(1名)
夫婦ペア割チケット:1,000円(2名分・@500円/1名)

【主催】
NPO法人tadaima!(代表理事:三木智有)

【協力】

日本財団 ママの笑顔を増やすプロジェクト
 
【詳細・お申込みなど】
ーーーーーー
 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)