漠然とした想いを、仕事にするために〜真剣に叩いてくれる場所〜

f:id:tadaima_miki:20150608082439j:plain

↑社会起業塾卒業時。一緒に写っているのはぼくを担当してくれたCRファクトリーの呉さん!
今年でtadaima!も4期目を迎えました。
ようやく、自分たちがやっていることを伝えていく術を、身につけつつあると思っています。
それは伝えるための経験であり、伝えるための技術であり、伝えたいことの軸を見失わないことと言う意味においてです。
 
tadaima!も地味にいろんなことに取り組んでは、失敗し、途中でやめてしまった事業もいくつもあります。
それでも、創業当時からの想いだけは変わることなく、なんとか今日まで歩み続けて来られました。
 
 
「居心地のよい家づくり」をしたい。と言う学生時代からの夢。
独立して、フリーランスのインテリアコーディネーターとして仕事をする中で、いつの間にか見失ってしまっていた夢でもありました。
 
自分が結婚をすることになり、居心地の良い家庭を築くことが叶わなかった沢山の諸先輩の話しを聞かされ、再び立ち返った夢。
「居心地の良い家」じゃなくて「居心地の良い家庭」であることが、何よりも大切なのだと感じました。
 
30歳を過ぎて、いま一度自分の夢を叶えたい。そんな漠然とした想いで、仕事を手放し、新しい仕事を創るためにフラフラとしはじめた1年。
 
 
■真剣に叩いてくれる場所・社会起業イニシアティブ
 
そんな頃、ダメ元で応募した社会起業塾イニシアティブ。
 
「君たち自身の目標ではない。君たちが手を差し伸べる当事者たちがどうなるのか。常に当事者の目線を持って事業を作りなさい」
 
自分たちがどうやったら稼げるのか、どうやったら事業が拡大していけるのか。そういったことを目標にするのではなく、当事者や社会の変化、インパクトにこそ社会的事業の成果目標がなくてはならない。
最初のオリエンテーションで、徹底的に叩き込まれた社会起業家のあり方でした。
 
これまではフリーランスとして、金額の大小や、できるかできないか、を仕事の中心として請け負っていた僕にとって、事業の見方がガラリと変わった半年間。
 
 
自己紹介でtadaima!の想いを話した時。
「何をしたいのかさっぱりわからない」
と一蹴され。
「あなたは、誰の、何を救いたいの?」
と問われ続けました。
 
当時僕を担当してくれたCRファクトリーの呉さんは、朝まで事業の相談に、自分のことのように親身になって付き合ってくれました。
本当に何をやればいいのかがわからなくなった時、100人へのヒヤリングを決行して、自分の中にある漠然とした想いの核が何なのかを掘り下げていきました。
人前で喋ったことのなかった僕が、はじめて人前で話す機会を得た場でもありました。
一向に事業の形を成すことができないtadaima!を、見放すこと無く、最後まで叱咤し続けてくれる場でした。
 
今日までなんとか事業を続けて来ることができたのは、起業当初に自分の漠然とした想いを徹底的に叩かれた、そのことが大きいと思います。
 
 
僕は自分の想いや、伝えていきたいことを何とか人に伝えられるようになるのに4年もかかりました。
そんなことは最初からできているよ、という人達も多い中、実に遅々とした歩みであると悔しさもあります。
4年経って、ようやく「事業」は「手段」でしかない。と言うことが頭ではなく、自分の身体に沁みてきていると感じています。
自分たちではなく、当事者を中心に据えて事業を思い描いた時、その可能性は様々に広がっていくのだと驚いています。
 
そう考えれば、これまで失敗したりできなかった事業達も決して無駄ではなかったと思います。
 
何度も思った「もうやめた方がいいのかな」という瞬間。
社会起業塾での経験、100人の方に語ってもらった沢山の人生。それらがぼくの中にしっかりと根をはり、「家事を夫婦や家族で楽しむこと。家事をシェアすることの大切さ」を誰よりも真剣に伝えていく男性は自分しかいない、と徹底的に勘違いをさせてくれています(笑)
 
そうであれば。
 
それを一人でも多くの人に伝えていくのが自分の使命だと思っています。
 
 
 
■迷っているくらいならチャレンジを!
 
自分の中にある、漠然とした想い。でも、その想いや解決したい課題、実現したい社会に対して本当に真摯に向き合う覚悟があるのなら、ぜひ社会起業塾イニシアティブにチャレンジしてみて下さい。
ぼくは決して優秀な起業家ではないけれど、社会起業塾があったからこそ、いまもまだチャレンジを続けられていると思います。
ぼくの勝手な想いですが、自信に満ち溢れた人、自分の想いに確信を抱いている人、すでに何かしらの成果を上げている人。そういう人ではなくて、自信もないし、進み方もわからない、これまで大きなチャレンジをした経験も特にない。そんな人にこそぜひ挑戦してもらいたいです。
 
 
 
 
起業当初にお世話になった社会起業塾イニシアティブ
 

kigyojuku.etic.or.jp

 

最近WEBサイトがリニューアルされたようで、めっちゃくちゃかっこ良くなっています(笑)
 
 

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)