常備菜と保存容器のススメ

ちょっと忙しくなってくると、どうしても外食率が高まってしまう。
楽ちんだし、美味しいし、それはそれでいいんだけど。

でも、帰るのが遅くなったり疲れているとやっぱり面倒くさい。
そんな時冷蔵庫に常備菜がいくつか入ってるとパッと食えて便利。

常備菜っていうとすごく長持ちしそうなイメージだけど、長期の保存食ではないから
そんなでもなくて。
だいたい3〜7日位。

それもやっぱり保存の方法が大切のようです。
簡単に容器を煮沸してから入れたり、直箸をしないことで保存期間はグッと伸びる。

常備しておいて困ったときにささっと食えて便利なお惣菜。
だからこそ、切らさないようにしておくといいんだろうなぁ。

ーーー
4934761337586_cam_01.jpg

いま欲しい保存容器は無印のホウロウ容器。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4934761337586

中浅が3つほど。

プラス、同じ種類のガラス容器。
これも同サイズが3つほど。

このサイズだとわが家の冷蔵庫にピッタリと収まるんです。
ホウロウは直火にかけられるのと、容器自体がキンキンに冷える点、それと水性マジックなら書いて消せる点。
また、磁石がくっつく点。これが魅力。しかも末永く使える上に丈夫。

ガラス容器は中身が見えることと、匂い移りがないこと。が魅力だなぁ。

タッパーは安価で買い替えがすぐできるのが魅力。
ただ、匂い移りしやすいのと、素材の長持ちで言うと容器事しっかり冷えるホウロウがいいかな。

ーーー

今日の常備菜は鶏ムネ肉の醤油煮。
醤油の香りが香ばしい、鳥チャーシューみたいな感じ。
そのままでもいいけど、ラーメンやチャーハン。レタスと和えてサラダにしてもいいんだろうなぁ。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)