勝間和代氏監修のワーキングマザーバイブルはオトコこそ読むべし!

ワーキングマザーバイブルという本がある。
相方さんにワーキングマザー(以下WM)のことが色々と載っているおすすめの本を聞いた時に紹介してもらった1冊。
勝間和代氏がネット上に開いているWMが集う「ムギ畑」という掲示板。
その掲示板に寄せられた様々な声をまとめているのがこの本。

コチラ→ワーキングマザーバイブル

日本の社会が、いかに子どもを産んでから女性が働き続けるのが難しい国なのか。
多くの専門家達が多く語っているけど、この本は生の声が多く寄せられているのが特徴だと思う。

専門家の語る「べき論」よりもずっと本物の声達。だからこそ、諦めたり妥協したり、悩んだり見栄をはったり。

この本はね、ぜひとも男性に読んでもらいたい。
とくに、これから父になる人。部下が妊娠をした人。

男性はもしかしたら放っておいたら一生考えないであろう悩みや葛藤が載っている。しかも、その悩みや葛藤が男性自身に関係なければ考えなくてもいいのだろうけど、大いに関係してくるのだから。
夫婦になって、同じように子どもを持って。親になる。その営みを支える社会という枠の中で男か女かということがこんなにもその後の人生に影響してくると。

ワーキングカップルはダブルインカムで稼いでそうなイメージがあるが、実際はその多くが保育のための費用に当てられていたりする。
もちろん収入によるが、WMの中には働いた分だけ保育にかかってしまい、結局なんのために働いているのかと途方に暮れたりする。
でも、そうでもしてキャリアを維持し続けていなければ、その後社会への復帰が難しい現実がまっている。

再就職を考えたWMが、就職先を考えた時、パン屋さんや他の就職案内を見て思うシーンがぐさっと来た。

子どもを迎えに行くから残業は一切できない。子どもが病気になれば仕事を抜けねばならない。しかもその職場では経験も、スキルもあるわけではない。パン屋さんであれば若い子に色々と教わりつつも、休みがちな自分にイライラされるかもしれない。
募集案内を見る度にシミュレーションしてみるけど、働き続けているイメージがわかない。

自分の理由だけでない、子どものことが理由だからこそ、頑張るってだけで解決しないジレンマがある。

そのことを、パートナーである男性や、一緒に働く人達が少しでも気づくことで、双方のコミュニケーションはずっと良くなると思うのです。

知らないことが、相手への不信感に繋がる。
だったら、知ることがその不信感を解消するための最初の一歩なんだと思います。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)