お勧め家事本!

家事の本、片付けの本、料理の本。
そんな本が大好きなわけですが、中でも何度も熟読したバイブル的家事本を紹介します。

家事本

「覚えておきたい!家事の基本大百科」まめこ 著

家事の基本って、親から教わる以外はほとんど誰からも教わる機会がないわけです。
だから意外と間違ったことをやっていたり、知らないことが多かったりするわけです。
そんな時に大いに役立つのが家事の本。
中でもこの家事の基本大百科をお勧めするのにはいくつか理由があります。

■マンガになってるから読みやすい!
■文字だけじゃなくて写真や絵で示してくれる(マンガだから!)から解りやすい!
■料理、掃除、洗濯だけじゃなくて、マナーや紐の結び方、オーラルケアまでとすんごい細かいけど、気になっちゃうところまで網羅!
■著者は家事のプロじゃない!(あくまでも作家、イラストレーター)

家事の本を書いている人たちは大抵が”家事のプロ”です。
そうすると、例えば”掃除”の専門書になったり、”料理”の専門書になったりする。
狭くて深い。その家事を極めるのにはバッチリなわけです。

また、家事全般をご自身の哲学で網羅している場合もあります。
この場合、その著者の哲学や生き方に強い共感をしている場合はグッと響くのですがそうでない場合、イマイチってことにもなりかねない。
つまり、”内容”よりは”人”が選ぶ基準になりやすいように思います。

「憧れの◯○さんの暮らしをワタシも実践したい!」

みたいな。

でも、この本の著者、まめこ氏は様々な家事のプロを取材し、実践し、その様子をマンガにしています。
だからね、立場がフラット。しかも「ワタシは家事が好きで得意なんです!」って立ち位置ではなくて「家事得意なわけじゃないし、基本、面倒くさがりですけど」って感じがベースなんです。

このフラットな感じと、家事得意なわけじゃないんです。ってスタイルが共感度が高く、参考になるんです。

例えば、ハンバーグをつくってみたんだけど、ちっともジューシーにならない。姪に食べさせるもテンション上がらず。
ジューシーなハンバーグが作りたい!どーすればいいの!?
ってことで、ジューシーハンバーグの作り方を教わる。

こんな感じで、できないことが少しずつできるようになっていく感じが、いいんです。
ひとつひとつのコツも細かく、幅広いからこれ一冊あれば家のことで困った時は大体OKです。

この本が一冊あれば、わが家の家事は安泰です!

tadaima!News-----------------------------------—-
■2013年新規プロジェクト情報!

1>?ライオン・ソフランおうちーむプロジェクトスタート!
この秋新発売の柔軟剤、ソフラン。
家事シェア中心とした新プロモーションにtadaimaも全面協力
しています!ぜひプロジェクトを盛り上げて、家事シェアを広め
て下さい!
詳細はコチラ

2>家事シェア白書・販売開始!
日本の家事分担ってどうなってるんだろう?オトコにとって家事って
どんな意味があるんだろう?そんな疑問から生まれた家事シェア白書。
ただいま、絶賛発売中です!
詳細はコチラ
---------------------------------------------–tadaima!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)