家事をシェアすると男だってプレッシャーから開放される。

新聞1

新聞各社で、家事シェア白書の統計を取り上げてもらいました。

大きく取り上げてもらえたのは、夫婦の家事分担の満足度の差。
中でも注目されたのが「不満」を抱いている割合の差。

夫の8.2%が家事に対して不満を抱いているのに対して、妻の29.1%がいまの分担に不満を抱えているのです。
これを見ると、大きな差だなぁと思うんです。

僕たちの親世代の時代はオトコがバリバリ働いて、稼いで、女房子どもを養って。
オンナは家事育児をこなして夫が明日もバリバリ働けるように家のことを切り盛りする。
それが当たり前だったんです。

それが、いまでは内閣府の「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」
という質問への解答も「そう思わない」が過半数を超えている。
これは、価値観が僕たちの親世代とは変わってきていることのひとつの証拠。

でも、まだまだ実際の男性の家事時間は低いまま。

意識や気持ちは変わってきていても、まだまだ実状が変わるほどにはなっていない。
もちろん、単純に男性が家事をすればいいってことでもないと思う。

なんか、義務的に「やらなきゃ!」ってだけでなくて、家事をシェアすることって、
男性にとっても大きな意味があると思うんです。

僕自身、学生の頃や社会人になりたての頃はなんとなく、自分がしっかり稼げるようにならなくちゃって思ってた。
すごくシンプルな言い方をすれば稼いでるってことが、何よりも自分のステータスになる、
もしくは存在証明になるんじゃないか。
その位思っていたかもしれない。

だから、結婚をするってことは自分が家族を養うってことなんだって思って疑っていなかった。
結婚する相手が、仕事をすることはとてもいいと思う。いくらでも稼いでくれて構わない。
でも、妻の稼ぎと、自分が稼いで家計をまかなうってことがちっともリンクしていなかった。

妻の稼ぎはあくまでもプラスアルファ。
あれば、豊かにはなるけど生活のベースとしては頼らない収入。

これって、フリーランスで働いていた自分にとっては結構なプレッシャーだった。
勝手にそう思ってただけなんだけど、養うってことに確信がなかったから結婚はずっと先だと思ってた。
ずっと先になったら確信が得られると思ってたことに、いまはただただ驚きます(笑)

でも実際に結婚を考えて、それと同時に全く新しい働き方を考えるようになって。
そうなると、ますます確信からは遠ざかるんです。

それでも本当に結婚するってなった時に、「これからは2人の収入でやっていけばいいから」って言われた時に、衝撃を覚えたんです。

ひとりで30万稼ぐのはムリかもしれない。でも、2人で30万ってそんなにむつかしいことじゃない。取り急ぎ世帯収入でその位が確保されていれば食いっぱぐれることはない。

そんなことに気がついた時、僕は今までよりももっともっと自由にいろんな事にチャレンジができるんだと思った。結婚をすることのよさって、こんな所にもあるんだってその時はじめて知ったんです。

それは当然、家のことを2人で担っていくことを意味していました。
そして妻は(最初からそのつもりだったんだと思いますが)自分も一緒に家計を担っていくんだということを改めて認識したんだと思います。
こうして、わが家は自分達のチャレンジしたいことに向かって進んでいくようになりました。

ぼくは決してダブルインカムが正解で、家事はフィフティ・フィフティが正解だとは思わないです。
その家にとって、家族にとってベターなカタチがあると思います。
夫がバリバリ働いて、妻は家をしっかり切り盛りする。それがわが家のベストだっていう家庭だってあると思う。それはすばらしいと思う。
結局、なにが大切なのかっていうと、お互いが家事のあり方に納得しているってこと。

本当ははたらきたいのに、本当はもっと家事を分担したいのに。
本当は転職したいのに、本当は残業なんかしないで家族と過ごしたいのに。

そんな思いを自分の中にグッと押し込めてしまうんじゃなくて、それができるようにするために一緒に一歩を踏み出すことがパートナーシップなんじゃないかと思うんです。

家事は、家事をすることが目的なのではなくて、自分達のパートナーシップをよりよいものにしていくためのツールなんだと、ぼくは思ってます。

最初にもどりますが、男性と女性の家事に対する不満の差。
大きな差だなぁと思うのは、意識が変わってきているのに、不満の差はまだまだ大きいんだって思うから。
だって、不満の差は男性が家事をすることで解決するわけじゃないから。
一緒にわが家のベターな家事のあり方を話したり、考えたりすることで解消されることだから。

家事シェアとか、家事分担って話題がもっといろんな所でされるようになって、
家族で家事のことを話し合う機会が増えるために、もっともっとがんばるぞーーー!!

写真 2

写真 3

tadaima!News-----------------------------------—-
■2013年新規プロジェクト情報!

1>?ライオン・ソフランおうちーむプロジェクトスタート!
この秋新発売の柔軟剤、ソフラン。
家事シェア中心とした新プロモーションにtadaimaも全面協力
しています!ぜひプロジェクトを盛り上げて、家事シェアを広め
て下さい!
詳細はコチラ

2>家事シェア白書・販売開始!
日本の家事分担ってどうなってるんだろう?オトコにとって家事って
どんな意味があるんだろう?そんな疑問から生まれた家事シェア白書。
ただいま、絶賛発売中です!
詳細はコチラ
---------------------------------------------–tadaima!

講座情報

■2回連続講座【家族をたくさん笑顔にするパパになっちゃう!~家事シェアと夫婦コミュニケーション講座~】

開催日時:1回目 10月14日(土)14:00〜16:00
2回目 10月29日(日)10:00〜12:00
※単発でも受講可能です
開催場所:東京都国分寺市 ひかりプラザ
内容:国分寺で子育てをするパパ同士の繋がりってありますか?子育ては地元に足場を作る最高のキッカケ。
講師も国分寺在住1児のパパ。時間がなくてもできる家事シェアの方法、そして交渉術を活かした夫婦のハッピーコミュニケーションについて学びながらパパ同士で繋がりましょう。
これからパパになる方,家族でのご参加,1回のみのご参加も大歓迎です。
◆10月14日 「忙しいパパは家事なんてできない!?両立パパを目指すダンカジ(男・段取り)術
◆10月29日 「面倒な!?コミュニケーションを楽しくする!夫婦交渉術」
お申込サイト:国分寺市男女平等推進センター
■【夫婦のワーク・ライフ・バランス コミュニケーション講座
~夫婦のパートナーシップ向上が、仕事も暮らしもハッピーになる鍵!~】

開催日時:10月14日(土)10:00〜12:00
開催場所:東京都東大和市 新堀地区会館
内容:内閣府「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用した夫婦のパートナーシップ講座!
こんな人にお勧め!:
「共働きで、家事育児のシェアがなかなか思い通りにいってない。もう少し効率的に家事シェアができたらいいのにな」
そんな思いにちらっとでも思い当たったらぜひ遊びに来て下さい。
この講座では、どうやってわが家の家事育児が協力し合えるようになったのか?過去にどんな話合いがあったのか?など講師の過去体験や、色んなご夫婦の体験談もたっぷりお伝えします!

お申込サイト:東大和市第3回男女共同参画講座
■【わが家の未来作戦会議!夫婦のコミュニケーションで家族力アップ!】

開催日時:10月22日(日)10:00〜12:00
開催場所:東京都江東区 男女共同参画推進センター(パルシティ江東内)3階第1・2研修室
内容:「夫婦でわが家の未来について話し合う機会なんてなかなかない!しかも何を話したらいいのかよくわからない。」
なんてご夫婦に夫婦での快適コミュニケーションのとり方を伝授!話題の「夫婦が本音で話せる魔法のシート」を活用したワークも行います!

お申込みサイト:江東区HP
チラシ:PDF
■【育休復帰後の片付け&収納術セミナー】

開催日時:11月18日(土)10:00〜12:00
開催場所:男女共同参画センター横浜 2 階セミナールーム 2・3
内容:「育休から復帰したら家がまわらない!」を未然に防ぐ。または早いうちに解消してしまうためのお片づけセミナー。
育休後だからやっておきたい子どもの保育園準備や身支度のためのスペースづくりのコツもご紹介!

お申込みサイト:男女共同参画 横浜
チラシPDF:チラシ

 

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)