掃除はカウンセリングより効果的!?

スッキリと晴れて心地良い一日だった昨日。
まだ大掃除には早いけれど、せっかくの快晴をより楽しむべく徹底的にわが家を掃除しました。

普段の掃除は30〜1時間ですが、昨日はしっかりと2時間かけて掃除。
最近、掃除の講座に立て続けに参加したこともあって綺麗にしたいモチベーションが高まっていたのも幸い。

■お酢のそうじ力のハンパなさ!

その掃除講座で習ってきたのが「重曹(アルカリ性)」と「酢(酸性)」の使い方。
簡単に言うと、汚れには酸性とアルカリ性がある。
だからアルカリ性の汚れには酸性の酢を。
酸性の汚れにはアルカリ性の重曹を使うとよくおちる。

この特性を知らないで、なんでも市販の洗剤(おもに中性洗剤)で掃除してると頑固な汚れがなかなか綺麗にならないでゴシゴシこすって面倒なことに。

と、言うことで今回いつもより余計に綺麗にした所は「洗濯機」と「トイレタンク」。

洗濯機の上が石鹸とほこりカスが固まってしまって、拭いてもぜんぜん綺麗にならない。
(洗濯機のビフォーを撮り忘れた(´д⊂)‥ハゥ)

トイレタンクも同じように水垢とほこりカスがこびりついている状態。
トイレタンクビフォー?

トイレタンクビフォー?

トイレタンクの上って、普段あんまり掃除しないから結構こんな感じで汚れてるものなんです。。。
この汚れが、コスっても全然綺麗にならない。そこで酢水の登場です。

正直、重曹や酢での汚れを落とす力を侮っていました。
掃除用に開発された市販の洗剤の方が絶対に落ちる!と思っていたのですが。。。

酢水恐るべし。

酢を倍のお水で薄めてつくった「お酢スプレー」を吹きかけると、吹きかけた時点で汚れがふやふやに。
浮き上がってきてしまいます。

後はウエス(雑巾)で綺麗に拭き取るだけ。
軽くなでるだけでびっくりするぐらい綺麗に。

トイレアフター?
↑がんこなほこりカスが一切なくてピカピカに!

トイレアフター?

洗濯機にこびりついた石鹸カスも「お酢スプレー」をふりかけて汚れを浮かせるとスッキリ落ちます。
頑固にこびりついた汚れには原液を直接。またはキッチンペーパーなどに酢を染み込ませて湿布もいいでしょう。
でも、わざわざ湿布するほどでもありませんでした。
最後は酢をいれて洗濯機を回せば、洗濯槽もピカピカに。

洗濯機アフター

■掃除がもたらす心理的効果!

部屋が汚れてくると、だんだんイライラしてきます。
散らかっている机を見てはイライラ。床に落ちてるリモコンを見てはムカムカ。水垢で汚れたシンクや、カビがはえたお風呂場。
そういった汚れた環境は住む人の気持を逆撫でてゆとりをなくすように思います。

と、思っていたら先日放送された「ホンマでっかTV」のテーマが家事。

それによると、家が散らかっている夫婦は年100回以上も喧嘩をするんだとか。
なるほど、気持ちにゆとりがなくなれば、小さなことでも喧嘩に発展しそうです。

部屋の汚さや散らかり具合はびっくりするくらい自分の精神的なパロメーターになっていると感じています。
だからこそ、イライラしたり、ゆとりがなくなると思い切って掃除をする。
窓を空けて、掃除機をかけて、気になっていた水回りを綺麗にする。

綺麗になった部屋にいると不思議と今までのささくれだった気持ちが穏やかになるのを感じます。
ただ単に、僕が掃除好きだからだと思っていたら、そうでもないみたい。

心理療法の視点から見ても、掃除をすることは心を穏やかにする効果が高いらしいです。
カウンセリングを受けるよりも掃除しろ!って日本の学者さんで言っている人も多いらしいです。
あらゆる修行も朝の掃除から始まります。
ホンマでっかTVを見て、それには大いに納得。

掃除のノウハウをたくさん仕入れたので、復習も兼ねてまたアップしていきますー!!!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)