畑から育てる!ぬか漬けプロジェクト。@かしわい苑農場

「畑から育てる!ぬか漬けプロジェクト」いよいよ、発足します。

先月位から、密かに作り続けていたぬか漬け。
ぬか漬け、と言うと、日々のメンテナンスが面倒だったり、匂いが気になったりと、
美味しいと言うイメージよりも、古臭くて面倒くさいイメージが先行していました。

でも、実際にはじめてみると、こんなにもクリエイティブな食べ物なんだと、感心します。

漬ける時間や、野菜の切り方なんかで漬かり具合が全然違う。
漬ける野菜の種類や、かき混ぜる頻度なんかで、味が作られていく。
酸味を抑えたり、旨みを足したり、塩気を足したり。

考えながら、感じながら、味わいながら、日々作っていくぬか床。
日常の工夫が、しっかりと味に反映される面白さがあります。

とは言え、毎日丁寧にかき混ぜて、何かを足して、とやっているかと言うと、
そんなこともなくて。
かき混ぜるのも1週間に1回位。だから、続けられるんですね。
かき混ぜる頻度が少なくていい理由は、冷蔵庫で保管しているから。
乳酸菌の動きを抑えることで、日々のメンテナンスを必要としないんです。

中には、常温で、しっかりと毎日かき混ぜないと美味しくない。と言う方もいると思います。
それはそれで、正しいのだと思います。
でも、まずは手作りのぬか漬けの、美味しいさや楽しさを味わう事が、僕は大事な気がしています。

そんな、ぬか漬け作りは、実はパパにこそお勧めしたいのです。
パパがキッチンに立つ機会って、日常的には少ない家庭は、まだまだ多いと思います。
なかなか、キッチンに立つ機会が少ないパパも、ぬか漬け作りをきっかけに、毎日の食卓のありがたさや
嬉しさを感じられるように思います。

もしできたら、パパとお子さんで、ぬか漬け作りを楽しんでもらいたいです。
我が家の味はパパと作ったぬか漬け!だなんて、最高にかっこいいと思いませんか。

一緒に何かを作って、食べて。そんなコミュニケーションってママと子どもだけでなく、実はパパと子どもの間にも
必要なんじゃないかと、思ったりします。

この「畑から育てる!ぬか漬けプロジェクト」は、千葉のかしわい苑農場さんの「耕せ祭り」で皆で野菜を育てて、
その採れた野菜を、皆で作ったぬか床に漬けて食べようよ!と言うイベントです。

畑や農作業に興味のある方、ぬか漬け作りに興味のある方、新しい親子コミュニケーションを作ってみたい方、
色んな方に、ぜひとも参加して頂きたいプロジェクトです。

詳細はコチラ
ぬか漬けプロジェクト詳細

ちょっとでも興味を持ってくれた方は、詳細を見てみて下さい。
どなたでも、お気軽にお申し込みお待ちしています!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)