日本のコト

毎日、たくさんの震災に関するニュースが流れます。
一時期よりは、ずいぶんと少なくなったような気もしますが、まだまだ日々新たな問題が浮上するような状況が続いているのだと思います。

それでも、東京ではほとんど日常を取り戻しつつあるのではないかと、街中を眺めると思ったりもします。
以前より、夜は早くなり、電車の中も真っ暗で、店頭にはまだ揃わない物達もたくさんある。それでも、何事もなかったかのように大好きな先輩の話しで盛り上がる女子高生や、いつも通り夜遅くまで仕事をしているサラリーマンを見かけます。
そんな日常の姿に、ホッとしたりします。

僕は、いつだって、目の前の問題を解決する事に精一杯です。

そして、そんなふうに日常を一生懸命に駆け回っている人達がたくさんいます。

だって、目の前にいる先輩がカッコイイから。
だって、目の前にある納期を守らなくちゃいけないから。

そして、そんな日常の中に、今まではあんまり意識しなかった「日本のコト」が新たに仲間入りしたように思います。

「俺ら日本人なんだぜ」
「俺ら皆仲間だろ」
「ちょっとだけだけど、俺も協力するぜ」

震災のニュースを見たり、募金箱を見たりすると、ときどきそんな声が聞こえてくるような気がします。

日常の中に新たに仲間入りした「日本のコト」。
僕はこいつと、もうちょっと仲良くしようと思います。
結構気難しくて、わがままで、解るようで解らない奴ですが、今までみたいに、日常から仲間はずれにはしないようにしようと思います。

以外と、仲よくしてみたら、解り合えるんじゃないかって、実はどこかで思っているんです。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)