2010年総括

2010年も残すところ1時間程。

我が家では、昨日から始めた大掃除&模様替えをすっかり終えて、今は久々にアロマを焚きながら大晦日を迎えています。

さて、今年は激動の年であり、変化の年でもありました。
そして、わずかながら前進する事ができた年でもあったのではないかと思っています。

わずかながら…。

でも、この一歩いっぽがとても大切で、この一歩いっぽがなければ、どこにも辿りつく事はできないのだと感じる事ができた年でした。

仕事もようやく自分の目指す姿が見えて来たように思います。
まだまだ、この先には自分の見た事の無い、信じられない位広大な世界が待っているようにも感じます。

プライベートではいよいよ結婚もしました。
相方さんも、自分同様、起業への道を踏み出し、これからは良きパートナーであると同時に良きライバルでもあります。

さて、今年の最後は最近ハマりだした「ほぼ日刊イトイ新聞」の「今日のダーリン」より。
まさに今朝更新された、糸井氏のブログからの言葉です。

点滅してる。
くっつこうとして
気配のする方向に手を伸ばしている。
 
それが、生きることであり、
それが、生きものであり、
生きものがつくっている社会なのか。

これは糸井氏が「脳の細胞の動き」を顕微鏡で見た際に感じた事のようです。
脳の細胞はピカピカと発火し、点滅をしています。それが、生きると言う事なんだと。

そんな景色は自分の脳の中でも起こっているし、夜景を見ても、目を閉じても、何だか感じられるような気がして、すごく素敵だなと思いました。

来年も精一杯点滅し、どこか、誰かの光とくっついて大きくなっていけるよう、支え合っていけるよう、がんばりたいなと思う訳です。

それでは、来年もどうぞ宜しくお願い致します!!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)