【片コツ1000!】41〜50/1000

さて、ツイッター上ではいよいよ100ツイート目前ですが、こっちはこっちでぼちぼちと進めてまいります!

【片付のコツ41】収納の種類は大きく分けて3種類。「棚系」「引き出し系」「吊下げ系」。物の収納は、この3種類の収納方法でしまう事になるのです。 #katakotu

【片付のコツ42】よく言われる「見せる収納」と「隠す収納」。見せる収納は特に、物を100%詰め込まない。収納に対して5〜60%で納めるのが綺麗です。余裕を持たせる!そして隠す収納。これもせいぜい80%まで。そうすると出し入れがし易い収納になります。 #katakotu

【片付のコツ43】家族の物を片付ける時は必ず本人に、必要か不必要かを判断してもらう。自分が不必要だと思っても相手にとっては大切な物である事もあるから勝手に捨ててはダメ。物は相手のプライバシーである事を忘れないように!土足で踏みにじるとロクな事になりません。 #katakotu

【片付のコツ44】自分以外に片付けをやって貰いたい時には、その相手と一緒にルールを作る。そして、そのルールに対してのみ指摘し、それ以外は口を出さない。ルールは例えば「収納スペース」を決める、など。このスペースに収まらない物は処分する約束をする。 #katakotu

【片付のコツ45】「タダだから!」って試供品、集めてません?もらうな、とは言いません(本当は言いたい)。もらうならその日のうちに使う、位の気持ちでもらいましょう。 #katakotu

【片付のコツ46】物のストックは、「解る場所に把握できる分量だけ」が鉄則。どこに置いたかな?まだストックあったかな?などと買い物先で迷ってしまい「念のため」と思って買ってしまう。なんて事にならないようにストック品は同じ場所にまとめておこう! #katakotu

【片付のコツ47】物の必要、不必要は自分(所有者)が選ぶ。この法則は相手が子どもでも同じです。専用のおもちゃ箱の中に入らない物は処分してしまうようにすると、色々工夫してしまったり、真剣に物を選ぶ癖をつける事が出来ます。 #katakotu

【片付のコツ48】たくさん溢れてしまった状態から物を減らすのはなかなか大変。その都度見直せば物は増えません。見直しのポイントは「どこに必要?」自分に問いかけてみて。答えが出たらそこにしまおう! #katakotu

【片付のコツ49】「捨てられない理由」にとらわれちゃダメ。捨てられないのは、「捨てたくない」って事なんだから。つまり自分の願望と習慣の問題。でも「片付けたい」と「捨てたくない」は同居しません。どっちの願望が強いか試すには、小さな捨てられる物から片付ける事です! #katakotu

【片付のコツ50】一度基本に立ち返ってみよう。家とゆっくり向き合ってみる。この週末にお茶をいれて、家でゆっくり過ごしてみよう。もしその時に目につく箇所があればそこから片付けを始めよう。見えない押入れよりもふと目に着く箇所の片付から始めよう! #katakotu

----------------------------------------
応援お願いします(*^^)v
「JustGiving」→「目指せ!140文字の片付のコツ、1000ツイート!」チャレンジ中!
「Twitter」→tadaima_Tomo

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)