アルフォンス・ミュシャ展へ→!!

こんにちは!
アルフォンス・ミュシャって知ってますか?
チェコの画家で、舞台ポスターなどを多く描いた方です。このミュシャが今年で生誕150年。
って事で三鷹でミュシャ展をやっているのです!

ちなみにこんな絵を描く画家さん。
ミュシャ

僕はこのミュシャが大好きで、見ているだけですごく安らいだ気持ちになれます。
特にミュシャマニアなどではないので、ただ見て、「きれいだな〜」って思う位な物ですが、何としても三鷹のミュシャ展には行きたい!家も近いのでいつでも行けるのですが、まだ行けていないので近いうちに必ず行こうと決意しております!

さて、絵画に関してはど素人の僕ですが、見に行きたいな〜と思う絵には共通点があるな、と思いました。

絵をパッと見た時にストーリーが浮かぶような絵が好き。みたいです。

そのストーリーは大層な物ではなくても、生活の一部を切り取ったものであったり、宗教画であれば聖書の一部分を切り取ったものであったり。登場人物が何を想い、何を考え、どういった瞬間の中にいるのかをイメージしながら眺めるのが好き。そして、そのイメージを持ったまま、絵の解説なんかを読んで、どんなシーンなのかをもう一度見直す。そうやって絵を眺めるのが面白い。

さて、ミュシャはまだ売れていない頃、様々な偶然が重なって、本来なら会う事すらない程の当時の大女優サラ・ベルナールの舞台ポスターを描く事になります。これが大ヒットしてミュシャは一躍時代の寵児となるのですが、ここ載せているサラさん。いくつに見えますか?実はこれ、50歳なんですって(+o+)

嫌みなく、美しく若返らせ、大女優の威厳や風格を残したまま、当時一番の売れっ子大女優を描く。
ミュシャはたくさんのサラを描いていますが、サラの美しさやサラへの敬愛の心が伝わってくる素晴らしいストーリーを思わせる気がします。

サラ

----------------------------------------
応援お願いします(*^^)v
「JustGiving」→「目指せ!140文字の片付のコツ、1000ツイート!」チャレンジ中!
「Twitter」→tadaima_Tomo

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)