人に片付けをやってもらう上で絶対に必要な事

片付けをする事は、大人である証拠です。

なぜなら、子どもは片付けが皆苦手。

片付けが大好き!!なんて子どもは見た事がないですよね?

「片付ける」と言う行為は、物を「出す」と言う行為に比べて、はるかに理性を必要とします。
大人だって苦手なこの片付け。これを子どもが出来るようになるのはなかなか難しい事だと思います。

「出す」事は、必要に迫られて、もしくは欲望に駆られて行う行為なので誰かに教えてもらう必要はありません。それに対して「片付ける」事は理性をもって行わなくてはいけません。つまり、誰かがちゃんと教えてあげなくてはいけないのだと思います。

そこで問題になるのが、「ちゃんと教える」と言う事。

「片付けなさい!」

なんて言ったって、片付けは出来るようにはならないですよ。
これは、大人だって同じです。

つまり、片付けは「理性」で行う行為であり、考えて起こす行動なのにもかかわらず、教える側は「感情」で伝えようとする。「片付ける」にあたって必要な事がいったい何なのかを相手に伝える事をしない(もしくは出来ない)のです。

だから、子どもはいつまで経っても片付けが苦手なまんま。

もちろん、論理立てて説明をすれば出来るようになる。なんて簡単な事ではありません。
それでも、教える側に絶対に必要な事は、

・片付けについて知っている。
・感情的になりすぎない。

これが守られない限り、子どもはもちろん、片付けを行って欲しいと思っている人に対して片付けをやって貰う事は絶対にできません。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)